ロシアの声

旧モスクワ放送Photo_2

小生が子供の頃、鉱石ラジオ、トランジスタラジオを作って遊んだことがありました。

夜になると電波の通りがよくなるのか、中波でも海外の放送を聴くことが出来ます。
その中の一つに「モスクワ放送」がありました。
日本語の放送です。

当時は、東西冷戦の時代で、北方領土問題もあり ソビエト連邦は日本にとっては‘敵国’と言った感じでしたので、その‘敵国’の情報が流れている・・・と言う気がして、興奮して聞いた覚えがあります。

また、日本人のリスナーがモスクワ放送に手紙を送っていたようで、その手紙の内容を紹介したり、質問に答えたりしていて、意外とフレンドリーだと思ったものでした。

それにしても、遠いモスクワから 720kHz という中波で日本に届くなんて、スゴイ高出力で放送しているのではないかと思いました。

そして時が流れ、ペレストロイカ、ソビエト連邦が崩壊したということで、「モスクワ放送」も「ロシアの声」となって、引き続き日本に向けて放送を続けていたと言うことですが、その頃は何かと忙しくて、その放送を聴くことはありませんでした。

最近、ウクライナが世界的な問題となっていて、新たな東西冷戦の時代か・・・ということで、「モスクワ放送」のことを思い出して、ラジオのダイヤルを回してみました。

ところが、モスクワ放送らしきものが聞き取れないのですね。
そこで、『Wikipedia』で「ロシアの声」を検索したところ、どうやら昨年の暮れを最後に放送をしていないようですね。
しかし、「ロシアの声」のホームページでストリーミング放送をしているということで、久しぶりに聞いてみました。
ネットラジオなのでクリアな音ですが、昔のような雑音があったほうが、はるばる遠くから飛んできたいう感じがして良いではないか・・・なんて勝手なことを思いました。
また、当時の放送の出力が 500kWであったことも、『Wikipedia』で知り、NHKラジオ第二放送と同様な高出力であったことも知ることが出来ました。

余談になりますが、こうした国際放送は、北の将軍様のいる北朝鮮からも流れてきます。
北朝鮮の国際放送名は『Wikiopedia』によれば「朝鮮の声放送」と言うらしいです。
中波は 621kHz (500kW) で、電波の通りの良い夜間に放送しているようですよ。

こうした国際放送は、国外にいる自国のスパイとか工作員に向けた暗号も含まれているということですが、真偽のほどはどうなんでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHKの新会長

まともな発言Nhk

NHKといえば、「国営放送」というよりも、某国の飼い犬というイメージに近かったのですが、本日のNHK新会長の籾井勝人氏の就任会見には驚きました。

全く同感。

しかし、どんなに正しい発言でも、TPOがまずいのでは ?

これでは、某元航空自衛隊幕僚長と同じようなことに・・・。

さらに慎重になって、末永く NHK にいて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKの暴走

大丈夫か

視聴者から受信料を徴収し、集金に応じないものは法的に‘強制収納’できるようになった NHK。

そのNHKの暴走が止まりません。

最近のNHKアナウンサーの‘イントネーション’が可笑しい・・・というものではありません。
遂に、NHK も‘下ネタ’を解禁してしまったようですね。

朝のテレビ番組でも、平気で‘下ネタ’話しをしているかと思えば、FM ラジオ放送でも昼間から‘下ネタ’・・・・。

民放のゲスな下ネタ放送に幻滅を感じて、NHKにチューニングし直しても、そこでもゲスな‘下ネタ’トーク。
いったい、NHKはどうなってしまったのでしょうか ?

箸も満足にもてない女性アナウンサーがグルメ番組を担当しているかと思えば、小学生漢字も読めないアナウンサーが旅の番組を担当している・・・・。

どうしてこんなにレベルが低下しているのか・・・。
せめて、穏やかに聴きたい NHK MFラジオ放送。

本日も、「女性の割礼」話をやっていたが、それはその時に話す話ではないでしょう。
止めてもらいたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

受診相談 4時 5分

かしい曲

さて、いよいよアナログ放送が終了しますね。
最近のアナログ放送の画面では、左下に、あと何日でアナログ放送が終了するのか、大きく表示されています。

2011070609330000

アナログで録画した画面にも、ずーと、そのテロップが映し出されていて、見づらいことったらありゃしない・・・そうです。

そこで、地デジ放送の受診相談を受け付けているようですが、小生の年代の人たちは、「受信相談」というと、下記のような歌を思い出します。
http://bgm.maxs.jp/100/07/O-7-246.htm

歌詞は、

♪ 4時 5分  4時 5分
    楽しくテレビを観るために
   楽しくラヂオを聴くために
   覚えておくと便利です
      いつでも、どこでも、?? なんとか ?? なんとか ??
     受診そぉおだん - ・・・

みたいな感じだったと思います。
( 正確に覚えている人がいたら、教えてください )

NHK のホームページで検索しても分りませんでした。

1960年代ということですから、40年以上も前のものですね。

当時は、テレビも 白黒の真空管テレビ。
真空管が、しっかりソケットに刺さっていないと、映りが悪くなります。
チャンネルも、ロータリー式の、ガチャガチャ 回すタイプです。
そこで、映りが悪くなると、テレビを バンバン と叩くと、電気の接触がよくなったのか、映りが良くなることがあります。

Photo_2

そういうこともあって、我々の年代は、機械の調子が悪くなると、力いっぱい バンバン 叩く人が多いわけです。
もちろん、NHK の『受信相談』でも「テレビを叩けば直ります・・・」なんてコトは言っていませんでした。

さらに、電力会社の提供する電気も不安定で、暗くなったり明るくなったり、停まったり・・・。

さらに、さらに、放送局でもトラブルが多く、テレビを観ていると、突然、「しばらくお待ちください」という固定されたテロップが映し出されます。

月光仮面が悪者をやっつけている最中に、中断するのですね。
そして、番組が終った頃に、テレビ局が回復するのですから、呆れてしまいます。
もちろん、再放送なんてありません。

いまでは、テレビ受像機が薄型になり、より精密ですね。
巨大地震が起きても、放送は中断しなかったと言います。
そんなテレビを叩く人なんて、いませんよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地デジ完全移行まで、あと 2ヶ月

対策はお済みですか ?

来る 7月 24日。この日で、日本のアナログ放送が終了・・・ということでしたが、この度の東日本大震災のため、被災地の一部では、この日を過ぎても、アナログ放送を続けるということでした。

しかし、当地 静岡では、たとえ その間に東海地震が起きても、7月 24日をもってアナログ放送が終了するのだそうです。

そういうわけで、拙宅でも、全てのテレビに地デジ対策を施しましたよ。

まず、 5年前には、客間とダイニングのテレビを、デジタルテレビに買い換えました。同時に、録画機も、デジタル対応に交換。

次に、昨年、子供部屋のテレビをデジタルに換え、今月になって、母のテレビをデジタルにしました。2011052412460001_2

最後に残ったのが、台所の 7インチのテレビ。
家内は、テレビを観ながら台所に立つので、車載用のテレビを前方向に設置していました。
そのアナログテレビをどうしようかと思っていたら、4,000円の簡易デジタルチューナーを売っていたので、それを取り付けました。

これで、総てのテレビや録画機がデジテル対応になりました。

ところで、まさたみさま のブログにもありますように、デジタルにすると、隣のエリアの放送が観れないのですね。

以前のアナログ放送ですと、東京からの微弱な電波でも なんとか拾うことが出来ました。
ですから、静岡でも 東京 12チャンネル を観れたのでした。2011052412480000

ところが、デジタル電波の場合、微弱な電波は全く映りません。
まさにデジタル、中間はないのですね。

そこで、東京 12チャンネルを どうしても観たかったので、写真のように UHF アンテナを 2本立てて、U/U混合器で電波をミックスすれば観れるかもしれないと思い、3万円を投資してみました。

・・・結局は、ダメでした。
東京 12チャンネル、つまり 地上デジタル 7チャンネルは、静岡では視聴不可です。
東京タワーからの電波では弱すぎるのでした。

でも、諦めません。
関東地方の電波がスカイツリーに移行してからは、もしかしたら観れるかもしれない・・・と、ほのかな期待を寄せています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マスコミの買占め報道

不安を煽るな

今回の大震災で、スーパーの商品が買占めされていると、マスコミは報じています。

棚には、コメ も 電池 も カップラーメン も、何もない・・・なんて。

でも、小生の住んでいる静岡の どこのスーパーマーケットでも、コメ も 電池も、ティシュペーパー も トイレットペーパーも、普段と変わらない値段で、山積みされています。

スーパーマーケットに勤務している長男の話では、一時期、余分に買うお客さんがいたが、今は普段通りだと言います。

どうやら、マスコミが品薄になったところを探して報道しているようです。

だいだい、精米を買ったところで、消費期限があります。

米屋さんの話によれば・・・

冬・・・精米年月日から1ヶ月
春・・・精米年月日から3週間
梅雨以降・・・精米年月日から20日


が理想とされているようです。

しかし、エアコンの影響で、お米の保存状態も「冬暖かく、夏涼しく」なっているので、一年を通して、精米から二週間ぐらいまでが食べごろみたいですよ。

ところで、いっぺんに 30キロも 40キロも買った家は、そのおコメをどうするつもりなんでしょう。
冷蔵庫にでも保存しておくつもりなんでしょうか ?

返品は ききませんからね。

まさか、余ったおコメを 被災地に処理してもらおう・・・だなんて、思っていないでしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日韓、大河ドラマ比較 - 4

目覚しい、技術の進歩

前回までは、日本の歴史ドラマが史実に忠実であるのに対して、韓国の方は史実に囚われないことを述べました。

今回は、技術面を観てみましょう。

いわゆる「韓流ブーム」の火付け役となったのが 2003年に日本でも放送された『冬のソナタ』ですね。
日本の多くの女性たちを虜 (とりこ) にした作品です。
小生もこの連ドラを少し観ましたが、最初の印象は「なんじゃこれは ! !」と落胆しました。
たとえば、光の位置がズレているのですね。しかも、マダラ・・・。
いわゆる「照明」さんの仕事がズサンなのです。

しかも日本では「嫌韓流ブーム」も起こり、韓国が日本の作品を真似ては、「実は、我々の方がオリジナルだ・・・」なんて公然と発表することに、強い嫌悪感を持ちました。

それで、全く 韓国のドラマには興味がなかったのです。
ところが、全 81話の長編ドラマ『チュモン』 (2006年) が面白い・・・なんて情報を聞き、インターネットでも無料で配信すると言うことなので、昨年から観てみたのです。

すると、実に面白いのです。
何よりも、映像が美しいのですね。しかも、光が自然なんです。
あの『冬ソナ』よりも格段に進歩しているのです。

特に俳優の顔が綺麗なんですね。化粧も 日本のようにラメを散りばめたような ケバケバしさがないのです。
それが、日本の女性たちの熱烈な人気を集めている理由だと思います。
つまり、以前の日本人の顔を髣髴させるのですね。そこに郷愁が生まれるのだと思います。

このように、放送技術、製作技術が格段に進歩して、今では スッカリ 日本を追い越していると思うぐらいです。

これは、日本でリストラされた技術者たちが韓国で頑張っているからだ・・・と分析する人もいるようです。

さらに、韓国では「徴兵制度」がありますね。
テレビや映画俳優も例外なく徴兵され、その様子が伝えられています。

小生は、そうした韓国の若者たちの国に対する意識が日本とは違うことが、韓国の躍進の原動力になっているのではないかと思います。

方や日本では、団塊の世代や 小生と同じ年齢の世代の俳優たちが 今もなお 幅を効かせていて、なかなか新鋭たちのチャンスが少ないと思います。

技術面も同じで、日本では古い考え方から脱却しえていない状況が続いていると思います。
ところが、韓国ではエキセントリックな手法が展開され、それに驚かされます。

しかし、そうは言っても、いずれは韓国放送界も、日本のように「お局」さんたちが増えてきてオモシロクなくなるのかもしれません。

しかし、今 現在 を考えると、小生は日本に対して危機感を覚えます。
今後の日本の対応に、大へんな関心を寄せている一人です。

以上で、日本と韓国との大河ドラマの比較を終ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日韓、大河ドラマ比較 - 3

作られた歴史観 - 2

前回は、日本の大河ドラマはツマラナイというところまで記しました。

ところで、小生が住む静岡県の首長たちは、みな 韓国の歴史ドラマのファンばかりです。どうしてかと言うと、韓国のドラマは、内容が充実していて実に面白いのです。

それは、端的に言うと、韓国の歴史ドラマは、ファンタジーなんですね。
事実、幻想的で美くしい映像で、内容も豊かです。

ですから、日本の衛星放送では、NHK も含めて どのチャンネルでも、韓国ドラマの オンパレードです。

なぜ、そんなに人気があるのでしょうか ?

それは、史実とはかけ離れた 創作 だからでしょう。

たとえば、日本でも人気の高い連続長編ドラマ チュモン は、『日本神話』、『三国志』などの要素をミックスしていますから、非常に面白く仕上がっています。
たとえば、日本武尊とか、諸葛孔明みたいな人たち、つまり歴史上のオールスター、キャラクターたちが、韓国人となって活躍するのですから、絶対に面白いのです。

しかし、なぜこんなことが韓国では許されているのか・・・
日本でこんなことをしたら、歴史を滅茶苦茶にすると言うことで叱られてしまいます。

そこで、韓国の歴史を調べてみると、その理由が分るような気がするのです。
どうやら、韓国でも歴史が失われているのですね。

とにかく、朝鮮は中国大陸の半島と言うことで、大陸からは攻められるし、日本という島からも攻められてきたという歴史です。
そして王朝はというと、中国の冊封体制に従ってばかりで、他国から攻め込まれると国民を捨てて逃げてしまうのですね。つまり、国民は常に流民なんですね。

しかも、内乱も続き、史跡は破壊され、史料なども焼かれて あまり残っていないようです。

さらに、僅かに史料が残っていても、歴史を記した漢字を読める人が少なくなっているということで、簡潔に言えば、韓国の歴史は失われているわけです。Photo_4

そこで、補充をしなければならないということで、幻想的に仕上げているわけです。
民族の誇りのために、各時代ごとに「英雄」を作らなければならないのですね。
それが チュモン であったり 太王四神記 (写真) であるわけです。

しかも、中国や日本の歴史と比べて遜色のないものにしなければならないのですね。
もう、こうなると なんでもアリ・・・なんですね。

だから、朝鮮の歴史は、中国よりも少し新しいかもしれないが、日本よりも古い・・・という設定をしているわけです。
しかも、各時代ごと、日本より勝っていなければならないのですね。

たとえば、朝鮮通信使を日本に派遣したということで、中世の日本は李王朝の属国だったということにしたいようです。

しかも、日本の文化は、海を渡った大陸からの文化の影響を直接受けているのではなくて、半島を経由し、朝鮮で成熟した文化を倣ったものが日本の文化だ・・・ということにしたいのが、どうやら韓国側の希望なんだそうです。

だから、日本の仏教も、日本の遣唐使遣隋使が大苦労して伝えたものではなくて、朝鮮の百済の仏教が日本の仏教になった・・・ということにしたいのが韓国側の希望のようです。

でも、そんなことになったら、仏教を日本に取り入れた聖徳太子が怒ってしまうでしょうね。

「いえいえ、心配することはありません。そもそも聖徳太子なんていないのです ? ! 」
なんていう声が、海の彼方から聞こえてきそうです。

そういう具合に、自国の歴史を希望的に創作することができるのですから、その大河ドラマも面白いはずです。

つまり、韓国では、史実に囚われることなく、自国の歴史を自由自在に創作できるのですね。

ついでに、日本の領土である 竹島対馬 も、韓国の領土であるという史料を勝手に創作しているようですが、それはダメですよね。

創作は、あくまでも、ドラマでの話までに留めておいて貰いたいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日韓、大河ドラマ比較 - 2

作られた歴史観 - 1

前回では、日本の歴史が史実を重視していることに触れました。

しかし、それは、戦後になってからで、戦前の日本の歴史観は、学者らによって作られたものなんだそうですよ。Photo_2

それが、いわゆる「皇国史観」です。

これは、天皇家が神とつながっていると言う史観です。

その考え方の発生源は宮廷のようですが、一連の国学者らの学統によって大成したようです。(右図は、代表的な国学者のひとり、本居宣長の自画像)

なぜそんな創作をしたかというと、日本では内乱が続き、例えば応仁の乱 (下図) のように何年にも亘 (わた) り京都が焼き尽くされ、歴史的資料が焼失してしまった時代があったのですね。

Photo

そこで、失われた部分を補完することになり、国学者らが勝手に想像する余地が生まれたようです。

こうして、皇統を神話の世界とつなげることによって、中国の長い歴史と対抗したわけですね。

それで、日本人の一族、つまり大和民族は、神を根源とした一統であるとして、結束力・自信を深めていくのです。

ところが、それが過信となり、神風神話となり、戦争に負けてスッカリ自信を失ってしまいました。

そこで、最近では、明治維新の頃の活き活きとした日本人の姿を再現させて自信を取り戻してもらおうという動きがあるようですね。

その一つが、NHK で放送している司馬遼太郎の『坂の上の雲』です。

日本人が忘れかけている‘青雲の志’を持ってもらおう・・・と言うことなんでしょうか。

しかし、せっかくのNHKの大作なんですが、見ていてツマラナイのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日韓、大河ドラマ比較 - 1

日本は「史実」重視Photo_3

昨年の NHKの大河ドラマは「子供店長」でしたね。smile
そして、今年は、福山雅治竜馬伝
そういうわけで、今年の 高知 などは、スゴイ人気みたいですね。

とにかく、NHKの大河ドラマの対象地になると、必ずその地方は活性化するというジンクスが成立しているようで、各地方では観光課を中心に誘致活動が盛んなようですね。

その来年の幸運をゲットしたのは、滋賀県。当地の観光関係者が忙しくなりそうです。

ところで、このNHKの大河ドラマは、なるべく史実に忠実であることが求められているそうですね。
史実から極端に外れると、NHKに抗議が殺到すると言うことで、時代考証などは入念に調べ上げられてから製作するそうです。

なにしろ、そのドラマのゆかりの地域では、利害が直接絡んできますので、そのドラマが史実かどうかは死活問題にも発展するからです。

しかし、そうは言っても、全ての史実に忠実なわけではないようです。

そのひとつが‘ことば’・・・・

実は、聖徳太子の頃の中央日本では、古代の中国語を喋っていたようですよ。

しかし、地方ではその地方独特の土着民族の言葉があったそうで統一されていなかったようです。

しかも、時代によって言葉も変り、その言葉で演技をしたら、何がなんだかわからないと言うことです。

以前、文語調で作られた歴史ドラマを観たことがありましたが、肩が凝ってしまいました。

そして、農民たちが文語調で喋るなんて、違和感を覚えたものでした。

従って、史実に忠実な日本の大河ドラマとは言え、言葉は極めて現代的なんですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)