« 拉致問題は、解決しないのか・・・ | トップページ | 家が崩れる ? »

映画 『蜩ノ記』

なぜ 10年後に切腹するのかPhoto ?

今年は、蜩 (ひぐらし) の鳴声を聞かないで秋を迎えてしまいました・・・。
例年ですと、夏の終わりの夕暮れ時に、蜩というセミが鳴くのですが、なぜか今年はその音を聞きません。
今日も 10月だと言うのに 30度に迫る暑さでした。
蜩が鳴かないのは、そのせいなんでしょうか ?

さて、本日も家内と一緒に映画を観てきました。
題名は『蜩ノ記』。

「10年後の切腹を命じられた男」という宣伝のキャッチコピーに魅せられて観ました。

この映画は、全国公開に先立ち、9月 10日に皇后陛下がご覧になられたということです。

さて、主人公を演じているのは、映画主演男優常連の 役所広司さん。そして、今年の大河ドラマで活躍している 岡田准一さんも脇を固めていました。

内容を一言で言えば、忠義を守った武士・・・ということなんでしょうが、なぜ 10年後に切腹することになったのか ?
映画を観終っても、その訳が分からないのですね。
そこで、一緒に観た家内に訊いても、「何ででしようね・・・」なんて応える始末。

小生ら夫婦は、だいぶボケが進んでしまっているのでしよう。
葉室麟氏の原作を読まないと分からないのでしょうか。

この映画の監督は、小泉尭史さん。彼が監督した作品で印象に残っているのが山本周五郎原作の『雨あがる』。
この映画も、『蜩の記』と同様に、女性の所作が美しく描かれていたと思います。

ただ一つ気になるのが、主人公たちの筆遣い。
当時は、あんな筆の持ち方をしていたのでしょうか ?
あれでは、紙を汚してしまうのではないか・・・? なんて、余計なことを考えてしまいました。

そんなことを考えて観ていたので、肝心のストーリーが分からなかったかもしれません。

【追記 9日】 原作を読みました。やはり、映画では大幅にカットされていました。
直木賞受賞作品だけのことはありますね。

2014年 日本 129分 ; 監督 小泉堯史 出演; 役所広司、岡田准一、寺島しのぶ 他

|

« 拉致問題は、解決しないのか・・・ | トップページ | 家が崩れる ? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/60421818

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『蜩ノ記』:

« 拉致問題は、解決しないのか・・・ | トップページ | 家が崩れる ? »