« 花火大会 | トップページ | 車検をすることに »

土用丑の日

うなぎ でしょ !!2014072918390001

盛夏です。
拙宅のキンモクセイにも、セミたちが鳴きあっています。
そして、今年の土用丑の日は 本日 7月 29日ということで、うなぎ を戴きました。
長男の勤めているスーパーの鮮魚売り場で購入しました。

「静岡県産」ということで、ふわふわして実に美味しい ! !

ヨーロッパ人が食べる一年分の量のうなぎを、この日一日で日本人が平らげてしまう・・・と、ラジオが騒いでいましたが、やはり、これが日本人の食文化。

「絶滅危惧種」「産地偽装」など、うなぎ を取り巻く環境は:決して良くなく、高値が続いているというマスコミの報道のせいか、スーパーのウナギ売り場では、買うか買うまいか・・・と思案に暮れている人がいる中で、迷わず小生は 2 尾買っちゃいました。

そして今、食べ終わったのですが、実に美味しかった。
皆さんも、ちょいと奮発してみませんか ?

2014072916570000 2014072917080000

今晩のメニューは、ウナギ 1尾のほか、芽ヒジキ、枝豆、永谷園のインスタントのお吸い物ということで、ビールが美味しかったですよ。

|

« 花火大会 | トップページ | 車検をすることに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

食文化というほど大げさではないのですが、私はうなぎというものに思い入れがありません。それはやはりあらま様が静岡県人、私が福島県人というところ、いや福島というだけでなく山奥人ということだと思います。
私が初めてウナギを食ったのは会社に入って日本シリーズの時、どちらが優勝するかという賭けをして、当時一番高いうな重を賭けて食べたのは初めてでした。
ですから土用の丑の日といってもウナギを思い浮かべることもありません。
うなぎだけではありません。
私の仲間にはクジラ禁止が日本文化の否定だと運動している人がいますが、私にとってクジラは縁のない食べ物でした。だから禁止されようとそれが何という感じで運動する気になりません。
とはいえ私が旬の食べ物に無関心ということではありません。春先にはフキノトウとかタラの芽をとり、夏が過ぎると百合の球根をとったりしました。もっとも半分は市場で売って換金しましたが。
あれ、単に貧乏人だってというだけかな?

投稿: おばQ | 2014年7月30日 (水) 22時52分

おばQさま、毎度ありがとうございます。
「ゆりね」は、こちらでは高級食材です。
一般的に、ゆりの球根は「毒」ですが、「ゆりね」は美味しくて、しかも盛(せい)がつきますね。
山芋、うど・・・などは、今となっては幻の食材です。

さて、鯨については、余生にとっては小学校のときの給食に出た「ゴム状の物体」で、美味しさは感じませんでした。
イルカも出ましたが、ブヨブヨして脂身が多く、決して美味しいものでありませんでしたが、それらは、当時では貴重な蛋白源であったことは間違いないでしょう。

ところで、「うなぎ」は江戸の文化では「さんま」に並ぶ、香りの食材だったようですね。
小生も、鰻自体はそんなに美味しいとは思いませんが、その「たれ」が美味いのですね。
その「たれ」の匂いが日本の食文化の一つだと思っています。

昔から、高級食材で、匂いだけでご飯を食べようと、涙ぐましい努力が積み重ねられてきたようです。
是非、おばQさまと、鰻をたべたいなぁ・・・・。。。。

投稿: あらま | 2014年7月31日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/60063372

この記事へのトラックバック一覧です: 土用丑の日:

« 花火大会 | トップページ | 車検をすることに »