« 花筏 | トップページ | マウス実験 »

二人の日本人世界チャンプ誕生

WBC (世界ボクシング評議会)Photo_2

桜吹雪が舞う昨日、日本では二人のボクシング世界チャンピオンが誕生しました。

一人は、ライトフライ級の 20歳の井上尚弥選手。
プロ 6戦目での世界王者は日本人選手としては最速なんだそうですね。

もう一人は、78歳。
元フェザー級のプロボクサー、袴田 巌さんです。
巌さんは、現在、検査入院中なので、代わりに姉の秀子さんに、WBCのマウリシオ・スライマン会長から「名誉チャンピオンベルト」が贈られました。(写真)

緑色をした名誉ベルトには、現役時代と 48年間いた拘置所から釈放されたときに撮影された顔写真が入っているそうです。

関係者によると、WBCによる名誉ベルトの授与は極めて珍しいケースなんだそうですね。

この「名誉」は袴田さんだけではなく、ボクシングを愛している人たち総ての人たちの「名誉」に関わるものなんだそうです。

つまり、かつてのボクサーは、世間的に偏見な目で見られてきた経緯があったようです。

袴田さんに対しても、当時の警察の内部資料にボクサーへの偏見があったことを示す記述が確認されているそうです。
同様に世界を見渡すと、数多くのボクサーがアウトローと目され、冤罪の憂き目に遭ったようです。Photo

たとえば、 「袴田事件」と同じ年に米国で殺人事件が発生し、そのときに逮捕されたのが、映画「ザ・ハリケーン」の主人公にもなったルービン・カーター氏
彼は、終身刑を宣告された後、無罪を勝ち取ったわけですが、彼の袴田さんに宛てた手紙には、「決してあきらめないでほしい。独房の外で支え続ける人がいるから」と記されていたと言います。
今後も続く袴田さんの再審の闘いに、世界中のボクサーが応援しているようです。

【追記】
ルービン・カーター氏は、今年 4月 20日、カナダのトロントで 76歳の生涯を閉じたそうです。
彼は、袴田さんの釈放を知ったのでしょうか ?

|

« 花筏 | トップページ | マウス実験 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59426850

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の日本人世界チャンプ誕生:

« 花筏 | トップページ | マウス実験 »