« つくし卵とじ | トップページ | 袴に振袖 »

カット・アンド・ペースト

編集の功罪Photo

カット・アンド・ペースト。
これは、気になった新聞記事を切り取って、スクラップブックに貼り付けること。

インターネットでは、ブラウザしていたとき、気に入った文章や映像を切り取って、自分のクリップボードなどに貼り付けたりすることですね。

そうして、編集して自分の記事にするわけですが、無断で他人の文章を借用して論文に載せてしまったのが、STAP細胞を発見したという小保方晴子さん。
世間では、それが騒ぎになっているようです。

本来なら、そうした無断転載は「盗用」ということになり「やってはいけないこと」なんですが、SNSの世界では、普通に行われていますね。
さらに、それを繰り返し広めることを「拡散」といって、日常的に行われています。
一度拡散すると、その収拾は不可能です。

また、大学の卒論も、そうした手法でまとめる学生が多いようで、そうした論文を審査する教授陣は、それが他人のものをコピーしてはいないかを見分けるソフトを導入しているとか・・・・。
学校も大変です。

そういうわけで、著作権を行使している人や団体の著作物を利用するときは、利用料を支払うか、あるいは使用許諾を得なければなりません。

そうした手続きを踏まなければならないのですが、一般的には、それが面倒とされ省略されています。

その手続きが省略され、一番多く無断転用されているのが「ニュース記事」。

しかし、最近のネット記事や新聞記事は、その内容によっては、広く意見を求めたり、多くの人に知らしめたいということで、転載を容認しているところが増えています。
しかし、その場合でも、部分転載を拒否したり、出典を明示するように求めています。

あるいは、記事の一部を無料にして、残りの記事を有料にしているところもあります。

いずれにしても、ネット界では、カット・アンド・ペーストが容易に出来るものは、無断転載 OK とみなして利用しているのが実態ですね。

ネットにUPしている人が、どうしても自分の著作物をカットしてもらいたくなかったら、容易にカットできないようにすることができます。
そうした「対策」が施されてあるものは「無断転載を拒否している」ということで、その場合は、カットをしないことが常識的ですね。

それでも、無理やりカットしてペーストする人がいる。
その場合は、明らかに犯罪です。Photo_2

小保方さんの場合、コピーした素材を、さらにカットして編集したようです。
この場合は「改ざん」ということで、さらなる犯罪です。

そういう人には見えなかったのに、ザンネンです。

ちなみに、上の写真は、転用許可をしている公開サイトのニュース記事から「引用」しています。

|

« つくし卵とじ | トップページ | 袴に振袖 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59295633

この記事へのトラックバック一覧です: カット・アンド・ペースト:

« つくし卵とじ | トップページ | 袴に振袖 »