« 日本にも海兵隊を | トップページ | カット・アンド・ペースト »

つくし卵とじ

春の苦味2014031209400001

3月も中旬だというのに、こちら静岡でも冷たい朝が続きます。

ソメイヨシノのツボミも上の写真のようにまだ硬いのですが、道端には つくし が出でいました。
そこで、早速、それを食べることにしました。

2014031209030000_2 2014031209290000

左下の写真のように、つくしの茎にある‘はかま’を取ります。
この作業が意外と手間取り、しかも指先がその‘アク’で黒くなってしまいました。

2014031209270001 2014031215260000

そして、右上の写真のように水に漬けてアク抜きをします。
苦味が苦手の人は、つくしの頭を軽く揺らすようにして洗って、緑色の胞子を取り除きます。
それを数回繰り返せば、苦味は薄くなると思いますよ。

そうして、水を切って 5分ほど茹でます。2014031218320000
やはり、緑色の胞子が出てきますね。

その茹で上がった つくしを、卵とじや佃煮、キンピラ風にして戴きます。
小生は、右の写真のように、菜の花の茎と一緒に卵とじにしたのが好きですね。

ほのかな苦味が春を感じ、お酒が進んでしまいますよ。

|

« 日本にも海兵隊を | トップページ | カット・アンド・ペースト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59284257

この記事へのトラックバック一覧です: つくし卵とじ:

« 日本にも海兵隊を | トップページ | カット・アンド・ペースト »