« せっちん | トップページ | 静岡県に不要なもの »

中立性とは

無党無偏の必要性はない

前回のこのブログの『静岡新聞』記事批判に対する‘ご返事 ? ’が、昨日の夕刊『紙弾』欄に掲載されていました。
そこで、『静岡新聞』は、安倍カラーに染まったNHKの中立性を、改めて指摘していました。

ところで、以前の第一次安倍内閣は、いわゆる「お友達内閣」として、閣僚の失言とか不祥事が重なり倒れてしまった感じがします。
そこで、『静岡新聞』では、今回の第二次安倍政権が、NHKに送り込んだ役員を「安倍政権のお友だち」として表現していました。
そして、あらためて、その中立性に疑問を呈しているのですね。

小生は、そもそも政権が無党無偏である必要性はないと思います。
選挙とは、各党が掲げる政策、つまり政党色を選挙民が選ぶ行為だと思います。

そして、多数のヒトが好んだ色が、その時の政権になるわけで、それに政党色があって当然ですよね。
それに対して、政権の無党無偏を問うだなんて、それは可笑しいでしょう。

マスコミだって、『赤旗』のような共産党新聞があって、政党色を出しています。
さらに、全国紙である『朝P』などは、どこの国の新聞なのか分からないほどです。

さらに、さらに、「国営放送 ?」である、NHKの放送姿勢は、あまりにも ヒダリ に偏っていました。
そこで、今回、安倍カラーを入れることによって、ようやく「中立性」が実現しようとしていると思います。

ところで、そもそも「国営放送」に、中立性が必要でしょうか ?

世界中、どこの国の国営放送を見ても、その国の‘味方’であって、対立する国があれば、徹底的に糾弾しています。

ところが、日本の某国営放送局は、相手国の味方をして、自国を徹底的に糾弾しています。

それは、逆でしょう。

そうした現状を踏まえ、『静岡新聞』をはじめとするマスコミ各社に、報道の中立性とか、中庸についても考えてもらいたいと思います。

【 追加 】

NHKは、「国営放送」ではなく「公共放送」だ・・・というご指摘に対して。

公共の電波を使えば、NHKだろうと民放だろうと、アマチュア無線だろうと、それは総て 公共放送だと、小生は考えています。

確かに、NHKは、受信料によって成り立っていますが、その受信料徴収は、法律によって担保されている事実をみれば、これは税金によって成り立っている国営放送と変わりありません。

今や、税金や健康保険料と同様に、NHKの受信料を納めなければ法律によって強制徴収されます。
つまり、名目こそ違え、NHK受信料は、税金と同じ扱いです。

さらに、NHKは総務省の管理下にあり、NHK法があり、その人事や収支報告を国会に提示して、同意・了承を得なければなりません。

そういうわけで、NHK は、国から完全に独立している機関ではなく、いわば国営放送ですから、日本の国の色に合わせた放送をするのは当たり前でしょう。

( 日本の国旗が 日の丸だから、日本の色は アカ というわけではないですよ ! ! )

|

« せっちん | トップページ | 静岡県に不要なもの »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59085815

この記事へのトラックバック一覧です: 中立性とは:

« せっちん | トップページ | 静岡県に不要なもの »