« 確定申告 ! ! | トップページ | 原発 0 »

山崎パン ドライバーの快挙

雪害に神出現

この度の雪害で、孤立していた村や車両の様子が、正確に報道されていない・・・ということで、NHKをはじめとするマスコミに批判が高まっている中、ネット界では、ネットを駆使して支援活動が繰り広げられているようです。

そのひとつが、山崎パンのトラックドライバーの英断
動けなくなった車両は、三日間にも及ぶ。
食料も燃料も尽き果てて、絶望感になっていたところに、山崎パンのトラックドライバーが積荷のパンを開放。
「好きなだけ貰ってくれ。」
動けないトラックの中のパンは、賞味期限が迫る一方。それなら、無料で開放してしまおう。。。。ということだろうか。

そのお蔭で、その周囲の多くのドライバーが助かり、その様子がツイートされるや、ネット界はそのドライバーの英断に賞賛の嵐。

それに習おうと、食料を積んだトラックが次々と積荷を開放。

さらに、道路沿いの店舗も無料開放するところも。

こうして、予期せぬ災害に、日本人は円満に対応しています。

もし、隣の国だったら、被災者が暴徒化してトラックや店の商品を略奪するのは当たり前のこと。

あらためて、日本人の国民性が評価されています。

東北大震災のときも、イオンの某店は、店内を開放し、商品を無償開放して被災者を支援していました。

また、伊藤園では、倉庫にあったペットボトル飲料を開放。

こうして助け合うのが日本人。

この大震災で学んだことは、末端社員の裁量がどこまで及ぶのか・・・。

一般には、社員は組織の一員ですから、その組織の維持のために、勝手な判断や行動は許されませんね。
あくまでも、組織には秩序と統率が必要だと思います。

しかし、災害時になった場合、被災者となった社員は、その自己の判断で救済者にも成り得るのですね。

そこで大手企業では、災害時では「自分自身がマニュアル」として、社会に奉仕することを推奨しています。

しかし、その「災害時」「危急時」という判断を、どう下すか・・・。

早すぎてもダメ、遅すぎてもダメ。

どうやら、日本人のDNAには、そのチャンスをタイムリーに判断する能力があるようです。
日本人は、素晴らしいですね。

|

« 確定申告 ! ! | トップページ | 原発 0 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいお話ですね
知りませんでした
自分がその立場になったとき、判断して実行できるかと思うと、できそうありません
未熟なり

投稿: おばQ | 2014年2月17日 (月) 22時14分

おばQさま、早速のコメントをありがとうございました。
おばQさまも日本人でありますから、イザとなったら、素晴らしい行動をされるものと信じています。

投稿: あらま | 2014年2月17日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59153420

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎パン ドライバーの快挙:

« 確定申告 ! ! | トップページ | 原発 0 »