« がんばれ、橋下さん ! ! | トップページ | せっちん »

ここでも、マスコミの世論誘導

百田氏の選挙応援演説

現在、大ヒット中の映画『永遠の 0 』の著者である百田氏。

その彼が、都知事選の応援演説で、「南京大虐殺はなかった ! 」と正論を発していたようですね。

その様子を日本のマスコミが見ると「NHKの経営委員でもある百田氏が持論を展開。波紋を呼んでいる。」ということになるそうです。

今朝の『静岡新聞』も、そのことを取り上げ、まるで百田氏が問題発言をしたように煽っています。

NHKの経営委員であっても、特定の候補者を応援表明しても、またそこで私的な見解を披露しても、放送法には触れず、全く問題はありません。

ところが、法に触れないからといって、やってはいけないこと、言ってはいけないことがあるようで、百田氏の言動は「公共放送の政治的中立に疑問を抱かせかねない態度で議論を呼びそうだ・・・」と、『静岡新聞』は記している。

小生は、そうした議論を意図的に誘導しているのはマスコミではないかと思うのです。

百田氏の発言は、事実を言ったまでで、中立ではないとか偏った考え方というものではありません。

日本国内に、南京虐殺があったという意見を持つヒトがある程度多数いれば、それは問題になるかもしれませんが、南京虐殺という問題は、中国当局の一方的な喧伝であることは間違いなく、むしろ、それ自体が正当性を欠き、中立から逸脱しています。

それなのに、百田氏の発言を敢えて取り上げ、それを問題化しようとするマスコミの姿勢にこそ問題があり、中立性を欠いていると思います。

『静岡新聞』には、あらためて猛省を求めたいと思います。

|

« がんばれ、橋下さん ! ! | トップページ | せっちん »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59075155

この記事へのトラックバック一覧です: ここでも、マスコミの世論誘導:

« がんばれ、橋下さん ! ! | トップページ | せっちん »