« 守護霊との対話 | トップページ | 一言多い、森元首相 »

母の退院

自分のときよりも、大変048

小生は 色々な病気や怪我で、今まで 10回以上も入退院を繰り返した経験があります。

亡父も、脳梗塞をわずらって以来、肺炎などの入退院を繰り返しました。

そして、今度は、認知症の母の番です。
誤嚥が原因の肺炎です。
結局、3週間の入院でした。

肺炎自体は、抗生物質の投与ですぐに治ったのですが、認知症の患者の場合は、愁訴、つまり 体の辛いところや その程度を訴えることが、うまく表現できないので、それに手間取って、退院が遅れてしまいました。

誤嚥性肺炎は、いったん それが始まると、入退院を繰り返す性質かありますから、今後の介護施設内の生活について話し合うことになります。

それにしても、認知症患者の入退院が、こんなににも大変なものかと思い知らされました。

本人は、それ以上に大変でしょうが、高齢化社会の実態を、身をもって体験した感じです。

はたして、長寿が良いものか。。。
改めて、考えさせられました。

|

« 守護霊との対話 | トップページ | 一言多い、森元首相 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59179713

この記事へのトラックバック一覧です: 母の退院:

« 守護霊との対話 | トップページ | 一言多い、森元首相 »