« 「STAP細胞」の驚き | トップページ | 母がインフルエンザに »

美しすぎる科学者

細胞の初期化Photo

STAP細胞を発見した小保方晴子さん。
その若さと美貌で、ネット界では「美しすぎる科学者」としてフィーバーしているようです。

それにしても、小保方さんの発見は、まるで生物の細胞がパソコンのリカバリのように初期化するようで、まさに驚きです。

なぜストレスにさらすだけで、細胞が万能化するのか。
小保方さんは、生命の「生きよう」という力がそうさせるのではないかと想像していましたが、生命の神秘を感じるとともに、そのメカニズムが分かれば、これは凄いことだと思いました。

今朝の新聞も、多紙面を使って、小保方さんの研究内容を詳細に説明していました。

既に、ノーベル賞研究者の山中伸弥教授の iPS細胞の情報が世間に広がっていたので、小保方さんの STAP細胞については、それと比較することで、小生のような一般人でも理解しやすいと思いました。

それにしても、割烹着の研究者として一躍有名になった小保方さん。
日本式エプロンの使い易さが、世界に発信されました。
早速、若者向けのファッショナブルな割烹着が紹介されていました。

(写真は、アマゾンのイメージです。)

|

« 「STAP細胞」の驚き | トップページ | 母がインフルエンザに »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/59041498

この記事へのトラックバック一覧です: 美しすぎる科学者:

« 「STAP細胞」の驚き | トップページ | 母がインフルエンザに »