« 介護保険料額 | トップページ | ふざけるな ! ! »

清らかな音

デジタル音の弊害

初老 (実際には中老) の小生の趣味は、オーディオです。
以前は、野球やカメラ、釣が趣味でしたが、もはや、そんな体力がございません。
そんなわけで、もっぱら映画鑑賞や音楽を聴くのが、今となっては小生の趣味として残っています。

しかし、歳をとるということは、聴力も低下しているということですね。
その聴力の低下を感じるときが、CD のレンズクリーナーを聞いている時です。
今はそんなことをする人はいないと思いますが、以前は、ピックアップ、つまり CDプレーヤーのレンズを乾式で掃除をするためには、特殊な CD盤を使っていたのですね。Cd_cleaner

特殊と言っても、CD盤の裏面に刷毛を植え込んでいるだけのもの。

そんな構造なものでは、逆に、レンズを傷つけてしまう・・・ということで、今では使われていませんね。

問題は、そのクリーナ CD盤に録音されている音。

掃除をしている間、無音では芸がないということなんでしょうか、いろいろな音が録音されています。

小生が持っている クリーナー盤の音は、低音から高音をテストする音が録音されています。

一般に CD音の音域は、20~20,000 Hz ということで、このクリーナーも、テスト音として 20~20,000Hz の音が段階的に出てきます。

それで、ピックアップの掃除をしながら スピーカーとかアンプの調子を調べることができるのですね。

と、同時に、それを聴いているリスナーの耳の調子も調べることもできるのです。

そういうわけで、時々、その音を聴いて、自分の聴力を調べているのですが、どうやら小生の可聴域は、60~10,000 Hz みたいです。

子供や孫たちは、20~20,000 Hz の音に反応しますから、小生のオーディオシステムには問題はないようです。

そこで、耳の良い子供たちら、昔のレコードを聴かせてみると、その音の美しさに驚くようです。

つまり、レコードの音は、CDのように、20 Hz 以下 20,000 Hz 以上の音をカットしていないので、広い音域の音を再現しているのですね。

小生には そんな音は聴こえませんが、子供たちには よく分かるようです。

そこで、今の子供たちがどんな音を聴いているのか、コンピューターゲームの音を聴かせてもらいました。

すると、ピコピコ、ギーギー、ガーガーとしか 小生には聴こえないのですね。

子供たちは、そんな音を聴いて、一日を過ごしているなんて、可哀想に思えてきました。

世の中には、美しい音源があるのに。。。

どんなに美しい CD 音でも、自然のせせらぎ、風の音には叶わないでしょう。
そういう音に接していない現代の日本の子供たちは、ある意味、本当に可哀想ですね。

|

« 介護保険料額 | トップページ | ふざけるな ! ! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/58471313

この記事へのトラックバック一覧です: 清らかな音:

« 介護保険料額 | トップページ | ふざけるな ! ! »