« 偶発 | トップページ | 陸奥鉄 »

幻の強力電波兵器

太平洋戦争の遺産

明日は、終戦記念日。
安倍首相は、靖国神社に参拝しない代わりに、玉串料を奉納するとか・・・
早速、中韓はグチャグチャ文句を言っているようですが、内政干渉ですから無視してよいでしょう。

それはさておき、本日の『静岡新聞』夕刊トップは、静岡県島田市で旧海軍が開発していたという「強力電波兵器」の話題。

戦争で劣勢であった旧日本軍は、さまざまな兵器を開発していました。
紙風船に爆薬を釣り下げて、偏西風を利用して太平洋を渡ってアメリカ本土を攻撃した風船爆弾などは、物資のない時代の最終兵器でありました。Photo_2

そうしたなか、戦争挽回兵器として原子爆弾とともに電波兵器を開発しようとしていたのですね。強力な電波を敵爆撃機などに照射させて、それを墜落させようとするもの。
そうした最新技術の兵器を島田市で秘密裏に開発していたようです。

その開発組織と、かつての「島田理化」との関係は分かりませんが、静岡県の島田市にはそうした軍の秘密研究所があったことは県民に知られています。
それが、旧東海パルプという軍需工場が空襲で狙われるようになったので、大井川を遡った牛込地区というところに疎開して開発を進めようとしていたそうです。

その牛込地区には、巨大なパラボナアンテナの土台などが残っていて、戦争兵器史としての一級の史料になりうるそうです。

ただ、その牛込地区というのは、大井川の治水工事の対象区域なんですね。

つまり、蛇行する大井川の流れを滑らかにする「平成の大改修」で削られてしまう運命なんです。

血管にたとえれば、動脈の瘤をとって、血流を良くしようというものですね。

ところが、科学史などの研究している専門家の話として「戦況挽回兵器開発のため科学者が動員した歴史の証人。科学と戦争の関係を考えるのに象徴的な遺産だ」と指摘し、その上で「現地には我々研究者が驚くほどの遺跡が丸ごと残っており、実物を保存す価値も十分ある」と話しているそうです。

しかし、大井川の大改修は徳川時代以前から行われてきた地元住民の悲願です。

そこで、その実験跡地で初めての発掘調査が行われ、どうやら記録だけの保存にとどまりそうです。

小生も、その地区はよく通ったのですが、あそこが削られないと、大井川の治水の意味がないと思います。

そこが悩ましいですね。

この記事は、新聞から切り取られ、小生のスクラッププックに貼られることになります。

|

« 偶発 | トップページ | 陸奥鉄 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

戦争当時のものだけでなく、道路工事や治水のために過去の遺跡をどうにかしなければならないというのは多いですね。つまらないものですが、私が小学校の頃、奥州街道の一里塚というのはあちこちにたくさん残っていました。お盆で田舎に帰ったら、今はひとつもありません。ちょっとさびしいですが、まあそもそもが人が作ったのだから人が壊すのもしょうがないのかと・・
悩ましいことは悩ましいですが

投稿: おばQ | 2013年8月14日 (水) 22時35分

おばQさま、ありがとうございます。
奇跡の一本松を残すために巨費を投じるなら、他に使い道があるだろう・・・と言うひともいました。
遺跡を残すには、必ず賛否両論がありますね。

いまでも、防空壕に子供が落ちたと騒ぎになり、壕が埋められています。
また、戦争の遺物とはいえ、不発爆弾は残すわけにはいきませんね。

そういうわけで、今回の場合も仕方がないですね。

投稿: あらま | 2013年8月15日 (木) 13時55分

電磁波兵器は実在します。

自分は現在電磁波兵器の攻撃と集団ストーカー犯罪の被害を同時に受けています。

毎日頭に直接声を聞かせられたり感情や思考を操られたりしてます。

戦争中からさらに科学が発展して今は兵器で途轍もないことができるようになったんでしょうね。

だれかこの犯罪を解決して被害をなくしてもらえないでしょうか。

お願いします。

投稿: | 2013年10月20日 (日) 15時58分

ななしさま、コメントをありがとうございました。
問題が解決されるといいですね。

ところで、小生の耳鳴り・・・
これも、誰かのデンパ攻撃でしょうか ?

それよりも怖いのが、サヨクによるデンパです。

投稿: あらま | 2013年10月20日 (日) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/57991168

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の強力電波兵器:

« 偶発 | トップページ | 陸奥鉄 »