« 天照大神がスゴい理由 | トップページ | ヒミコ は アマテラス か »

どうする 入山料の使途

富士山はハコモノか ! ?

小生が購読している地方紙である『静岡新聞』。
富士山が世界文化遺産になってからというもの、毎日、多くの紙面を使って富士山を報じています。
静岡空港が「富士山静岡空港」であるように、静岡新聞も まるで「富士山静岡新聞」みたいです。Photo

さて、その『静岡新聞』が、富士山の入山料について報じていたことがありました。
試験的に 10日間 徴収してみたら およそ 3400万円ものお金が集まったと言います。
その新聞報道によれば、登山者は入山料に好意的であったかのように伝えていました。

しかし、公務員が徴収したので、徴収時間も公務員の勤務時間、プラス残業 1時間。
つまり、夜間、早朝は徴収されなかったのです。

しかも、雨天は徴収を中止したと言います。
なんでも、雨を避ける施設がなかったから・・・と。
それについては、もっぱら公務員特有の「雨天手当て」が事前に設定されていなかったから ? ? ? とのお噂。
その気になれば、テントを張ってでも徴集できたはず。
せっかく、入山料を払おうとした人も、雨で徴収中止とは、拍子抜けしたようでした。

そうした徴収の様子を監査していた大学教授によれば、こうした徴収の仕方ではコストが掛かり過ぎる・・・と批判していました。

さらに驚いたことは、この入山料を何に使うか決めていないと言うのです。
そこで、『静岡新聞』と『山梨新聞』とが共同で登山者に入山料の使途についてアンケートをとるしまつ。
普通、使用目的があってお金を集めるのではないですか。

結局、静岡県知事によれば、そのお金は、富士山基金などとして残し、富士山の環境保全のためなどに使われるだろうと・・・

つまり、何に使われるかは決まっていない。

そこで、今までの経験則によれば、公務員にお金を預ければ、裏金に回されたり、使用目的外に使われるのが普通ですね。

たとえば、東日本大震災の復興税も、まるで関係のないところで使われていることが明らかになり問題となっています。

我々の年金も、バブル期の不良債権処理に使われたり、投資に回されるなど、回収不能の部分が多いと言います。

そういうわけで、入山料が基金ともなれば、その管理団体が組織され、その理事になる渡り官僚の退職金に使われるなど、せっかく集めた金も、そんな具合に使われてしまわれたら、意味がありません。

結局は、関係者の飲食・遊興費に回されるのでしょうか ?

そういうわけで、入山料を払ったのは、対象登山者の半分以下。
半分以上の人が、入山料に反対していたことになります。Photo_2

目的も定かでないものに、お金なんて払えませんよね。
それなら、富士山頂上にある賽銭箱に 千円を入れたほうがご利益がありそうです。

とにかく入山料を設定しても、登山者数の規制にはならなかったということで、最初の目論見は失敗ということでしょう。

|

« 天照大神がスゴい理由 | トップページ | ヒミコ は アマテラス か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/57944694

この記事へのトラックバック一覧です: どうする 入山料の使途:

« 天照大神がスゴい理由 | トップページ | ヒミコ は アマテラス か »