« 携帯電話に免許制を | トップページ | 富士山が見えない ! ! »

初盆見舞い

神道の初盆

今年の正月に靖国神社を訪れた際に戴いた『平成25年度 靖国暦』を見ると、本日7月 14日は、靖国神社におかれては「みたま祭第一夜祭」とあります。

実は、神道にも盆祭りがあることを、小生はこの年になって初めて知った次第です。

昨年、家内の従兄弟の旦那さんが亡くなり、今年が初盆ということで、昨日、お参りに行ってきましたした。
これまで小生の親戚に神道の人はいなかったので、神道の‘しきたり’などは全く知らず、ましてや、盆というのは仏教の専有行事だと思っていました。

ところが、前出の「靖国暦」をみると、盂蘭盆 (うらぼん) という項目があり、以下のように記されていました。

盂蘭盆 (うらぼん) 祖先の霊をまつるみたま祭。 13日の夜、迎え火をたいて精霊を迎え、 15日の夕刻か 16日の払暁、送り火をたいて精霊を送る。その間、墓参りや盆踊りなどで祖霊を慰める。本来、旧暦の 7月 15日の行事であるが、一月遅れの 8月 15日に行う地方も多い。昭和 22年以来恒例の当社のみたま祭は、7月 13日から 16日まで、国に殉じた御祭神をお慰めする。「みたま祭 こころに盆を 上京す」(堤俳一佳)。

こちら静岡では、7月に盆祭をするところが多いような気がします。
昭和 20年 6月 19日。この日に、静岡にも大空襲があり、当時 予備兵だった亡父は、その翌日から暫くの間、その片付けに狩り出されたことがあったようでした。
まだ少年だった亡父は、焼夷弾によって黒焦げになった遺体を河川敷に積み上げ、灰にして埋めたそうです。
その空襲に遭った人たちの霊を慰めようと、毎年 7月の最終土曜日に、静岡の中心を流れる安倍川の河川敷で花火大会が開かれるようになりました。
今年は 7月の 27日 (土) に予定されているようです。

|

« 携帯電話に免許制を | トップページ | 富士山が見えない ! ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/57787587

この記事へのトラックバック一覧です: 初盆見舞い:

« 携帯電話に免許制を | トップページ | 富士山が見えない ! ! »