« 頑張っている東北 | トップページ | 星に願いを »

原発はダメでしょう ! !

エネルギー利権の顔が見えてきた ! !

もうすぐ、参院選挙です。
公示されたばかりなのに、既に、自公の圧勝が伝えられています。
その政見放送があり、それを見て、強く感じたことがありましたので、ちと記してみたいと思います。

さて、そこで、各党があげる政策問題の一つが、原発の再稼動問題。

しかし、福島の現状を見れば、日本に原子力発電所が存在すること自体が間違っていることは、子供でも分ります。
福島第一原発は、冷温になっていると伝えられてはいますが、相変わらず膨大な放射能を環境に放出し続けています。

それでも、どうしても原子力から離れられない いわゆる「エネルギー利権」に染まった「政・官・財」が癒着した団体が、原子力から諦めがつかないようです。
それどころか、いよいよ原子力に加勢しています。

休止している原発の再稼動をする動き、また実際に稼動している原発を認めようとする動きがマスコミによって伝えられています。

なぜ、彼らは続けようとするのか ?

まるで目の前に人参をぶら下げられた馬のようです。
眼前にカネを釣らされたままの「エネルギー利権」の既得権者らは、周囲が見えていないようです。

そのひとりが安倍総理。
福島で参院選の第一声をあげたと言うことを頻りにアピールしていますが、それならなぜ原発を海外に売り込もうとするのでしょうか ?

小生は、そうした安倍総理の欺瞞が許せないのです。
福島から選挙戦をスタートさせたことは、小生から見れば、単にフクシマを選挙に利用しただけのこと・・・
本当に彼は、人間なんでしょうか ?

出口の見えない原発事故。さらに処分が定まらない原発廃棄物。
その現状を見たはずなのに、それでも原発に拘るのはなぜか ?

それは、カネです。地位です。

その少数のカネや権力の亡者らが、既得権をシッカリ握っている以上、誰が政権を担っても、原発は日本から無くならないのですね。

その現勢力を操る黒幕とは何か・・・
つまり、実際に日本を操っているのは誰か ?

小生は安倍さんを批判しましたが、政治家を利用する者がいる・・・

それが、いわゆる「官僚」です。

政・財・官の癒着と言いますが、その首謀者は官僚です。
それも財務官僚。

財務官僚が、「日本」なのです。

つまり政府は「日本」ではないのです。
再度記しますが、財務官僚が「日本」なのです

どの政党が与党となっても、「日本」は変われません。
表向きが変わっても、日本は変わりません。
自称、エリート集団。それが「日本」なのです。
つまり、過去の天皇の僕たちです。
役人は「お上」なのです。

日本国憲法は、公務員は民の僕・・・みたいなことが記されているようですが、そんなアホなことを誰が信じていますか ?

その官僚の理屈は単純です。

つまり、「多数のバカな国民は、一部のエリートに従えば良い」ということです。

更に、彼らには「間違い」はないというのです。
仮に公務員に間違いがあったとしても、そうした問題は、ほかの誰が担当しても間違うものというのですね。
更に更に言えば、エリートでない者が、その問題に対処しようとするならば、さらに悲惨な結果になるに違いない。
おなじ間違いでも、最小限に留めているのか「公務員」というエリート階級。
だから、役所には間違いはない・・・

それを聞いた小生は驚いたことがあります。
これが、お役所の理屈なんですね。

そんなエリート集団が組織するエネルギー利権に染まった人たちはこう言います。
「原発がなければその代替エネルギーはどうするの ? 」
「経済はどうなるの ? 」

それだけでも、エリートとは「秀逸とか英明」と言う意味ではなく、たんなる強欲な「おバカ」にしか見えません。

つまり、幼少の頃は「神童」と呼ばれていても、時が経てばただの人。
いや、エリート意識が邪魔をして、扱いにくい人種に陥ってしまっているようです。

だから、こんなことが平気で言えるのでしょう。
あるいは、組織人間として、流れに従うだけの人種なのでしょうか ?

こうしたエリートたちは、せっかく決めた議決でも、運用を勝手に変えてしまいます。
その良い例が「復興予算の流用」。

つまり議会が決めたお金を使い方を、官僚・公務員は勝手に変えてしまうのですね。

こうしたお金の使いまわし・流用は、中央・地方を問わず、役所の特徴です。

どんなに良い法律を作っても、運用する人がこんなんでは意味がない ! !

このエリート意識をを無くすには、その「エリートたちの身分を保証している憲法を変えなければなりません。

近代の歴史を振り返っても、悲惨な戦争をしたのは「エリート軍事官僚」でした。
そのお陰で、何百万人もの日本人が死にました。

そして、今、こうしたエリートたちが作った膨大な借金が日本を沈めようとしています。

そのエリート集団が、相変わらず制御不能な原子力に拘っていると言うことは、やはりこの「おバカ」は底抜けのバカで、不孝者、恩知らず、力の亡者というそしりを受けても仕方がないと思います。
そんな彼らには自浄能力がないのでしょうか ?

とにかく、今、必要なのは「官僚制度改革」。
これをしない限り、日本の復興はないし、日本の防衛はないし、次世代に渡す日本がありません。

今まで御用学者の集団だった原子力物理学会は、原子力の安全神話を捏造して広めたことを公式に認め、それを謝罪し、原子力発電は危険なものだと公式に是正しました。

そういうわけで、現今の原子力発電は科学的根拠がないのです。
それなのに、相変わらず、原子力発電所を再稼動させたり、他国に売り込もうとしたり・・・
そういうことは、人としての「道義」にも反しています。

つまり、それをしている安倍さんは人でなしです
もし、安倍さんに人間の赤い血潮が流れていたなら、即、その方向性を改めて、原発を廃絶させるような方針に変えて頂きたい。

そのためにも、皆さん、今度の参院選は、よーく考えて投票しましょう。

ところで、自民党が掲げる「改憲」。
本来、自民党は、自主憲法設定を目的に結党されたものといいます。

でも、実際に、憲法を変えることが出来るのは自民党ではなく「外圧」でしょう。

憲法九条なんてものは、自民党が叫ばなくても、中国が武力を行使し、多数の日本国民の犠牲者が出れば、スグに改憲できるでしょう。

強力な死刑廃止論者が、自分の子供が殺された瞬間に、強力な死刑容認論者になった話はよく聴きます。

また、近所の「信号機」を見れば分るでしょう。
「今、信号機をつけなければ、きっと重大な交通事故が起こるでしょう。」と言っても公安は動きません。
その交差点で、死亡事故が起きて、はじめて信号が付きます。

日本という官僚国家とは、そんなものなんでしょう。

そうとう強い口調で記しましたが、福島の現状を眺めているだけで見ようとしないエネルギー利権の亡者たちに腹が立ったので、こんな文章になってしまいました。
読み直すと、感情が先立った見苦しい文章ですね。

|

« 頑張っている東北 | トップページ | 星に願いを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/57731124

この記事へのトラックバック一覧です: 原発はダメでしょう ! !:

« 頑張っている東北 | トップページ | 星に願いを »