« 蓮華寺池公園のホタル | トップページ | 老兵は、死んじゃう ! ! »

文書で残すこと

橋下共同代表の「認識と見解」について

本日、日本維新の会の橋下 徹共同代表(大阪市長)は、東京の日本外国特派員協会で記者会見し、そのレジメが配布されました。

「私の認識と見解」と題するレジメは世界に発信され、現在、その精査がされていることでしょう。

小生は、このレジメを読んで、基本的にその内容には賛成で支持したいと思います。

ただ、気になる点があります。

それは、レジメの最後の部分にある韓国に向けた内容・・・
それを引用してみたいと思います。

韓国政府は最近、日韓基本条約とともに締結された「日韓請求権並びに経済協力協定」における元慰安婦の日本政府への請求権の存否の解釈が未解決だと主張しております。

韓国も法の支配を重んじる国でしょうから、日韓基本条約と日韓請求権並びに経済協力協定という国際ルールの重さを十分に認識して頂いて、それでも納得できないというのであれば、韓国政府自身が日韓請求権並びに経済協力協定の解釈について国際司法裁判所等に訴え出るしかないのではないでしょうか? 

その際には、竹島をめぐる領土問題も含めて、法の支配に基づき、国際司法裁判所等での解決を望みます。

私は、憎しみと怒りをぶつけ合うだけでは何も解決することはできないと思います。

元慰安婦の方の苦しみを理解しつつ、日韓お互いに尊敬と敬意の念を持ちながら、法に基づいた冷静な議論を踏まえ、国際司法裁判所等の法に基づいた解決に委ねるしかないと考えております。

弁護士である橋下氏は、「納得できないなら裁判で ! ! 」と、第三者による審判を仰ぐ主張をされているようですが、その「裁判所」という場所がどんなところか、本当にご存知なんでしょうか ?

高卒の鍛冶屋である小生が、司法のプロである橋下氏に対して懸念するのはヘンに思われるかもしれませんが、裁判所というところは、所詮、人間が判断するところで、自分の正義が必ずしも通るところではない・・・ということです。
ましてや、日本の人権問題に対してタッグを組んでいる中韓の、世界に対するロビー活動は日本の比ではないと言われています。

日韓基本条約には、紛争の解決という項目があり、韓国側はそこを突いているのですね。
これは、この協定の解釈や実施に関して紛争が生じた場合、日韓以外の第三国の仲裁委員会の決定に付託されるとあります。
これが、実に曖昧なのですね。
実際に韓国は、こうした問題の解決をアメリカに働きかけています。
しかし、世界の警察官を自負するアメリカでさえも、そうした日韓の二国間問題には関与したがらない様子です。

こうした内容を、日韓基本条約に残したということは、完全解決を狙った日本にとっては甘かったとしか言いようがありません。

同様に、橋下代表が残したこのレジメも、一野党の代表の発言とはいえ、いかなる裁判あるいは仲裁の結果を受け入れる覚悟であることを表したものと捉えられる恐れがあるもので、日本側に不利な判決が出た場合、この文章は禍根を残すものになりかねないと思います。 ( 日本維新の会が万年野党なら、そう問題になるとは思いませんが。。。)

しかし、何よりも禍根を残したのが いわゆる「河野談話」。
あれは外交上の妥協の産物で、日本のみならず韓国の国益にも適わないものだと思います。
結局、韓国側は改めて元慰安婦証言の信憑性を問われるはめになりました。
韓国側は、被害者の証言の信憑性を問うのはナンセンスだという立場のようですが、日本側としてはいよいよ疑念は深まるばかり。
例えば、今回の会見の前、24日に元慰安婦側からの要請で実現するはずだった元慰安婦と橋下共同代表との会見を、元慰安婦側が一方的にドタキャンしたことは、元従軍慰安婦が自身の化けの皮が剥がれるのが怖くなったと思われても仕方のない行為でした。

とにかく自民党は、前回の国政選挙で、河野談話村山談話を見直すと公約していたはず。
その公約が守れないのなら、小生は、7月 21日とされる参院選挙では自民党には投票しませんよ。

いずれにしても、こうしたある意味タブーな問題についてハッキリと文章として残してしまった橋下氏は、まるで人権弁護士みたいで、氏以外は、偽善者を装った状態になってしまって、橋下氏独り、損をしたような状況になったように感じます。
言っている内容は正しいと思うのですが、TPOから外れたら、正しいものも正しくなくなる・・・。
まるで、かつての田母神論文を読む思いです。

|

« 蓮華寺池公園のホタル | トップページ | 老兵は、死んじゃう ! ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/57471853

この記事へのトラックバック一覧です: 文書で残すこと:

« 蓮華寺池公園のホタル | トップページ | 老兵は、死んじゃう ! ! »