« 桜えび定食 | トップページ | うそ話かな ? »

今でしょう ! !

先送りしない2013042311090000

右の写真は、拙宅の庭に咲いた一番バラです。
例年なら、来月の家内の誕生日に合わせるように咲いてくれるのですが、今年は花の季節が早いせいか、今朝、咲いていました。

さて、先日、久しぶりに同級生を訪ねたところ、なんと、片目を失明していました。
先月、突然、網膜はく離に襲われ、手術が間に合わなかったというのですね。

一昨年、家内にも網膜はく離が襲い掛かりましたが、近くに専門医がいて直に対処できたので、お蔭様で、後遺症も少しで収まりました。
ところが、彼の場合は、仕事に忙殺されて、診察が遅れて、その結果、大切な片目を失ってしまったのでした。

そうしてみると、問題の解決に躊躇したり先送りすることは、後に大きな損失を蒙るということになるのでしょう。
日本財政の大赤字も、政治家や担当官僚の「先送り意識」の累積だと指摘されています。
福島の原発の事故も、会社や政治家の「先送り意識」の結果だったと、小生も思います。

その点、かの南国の辞書には、「先送り」という言葉がないように思うことがあります。
今やるか、あるいは、何もしないか・・・
問題をいつまでも抱えるような生活をしていないようです。
悪い言葉で言えば「その日暮らし」で精一杯ということですね。
・・・かと言って、時間に追われているようでもない・・・。。。。
のんびり、ゆったりと暮らしています。

そんな異国の文化に触れ、小生の意識は大きく変わりました。
そういうわけで、今後、思い立ったら 即実行 ! ! することにしました。

つまり、目の見えるうちに旅行をし、口でモノを食べられるうちに食べておこう・・・・。。。。
小生は、そう思うことにしました。

「また後で・・・」と言っていると、部屋は散らかって、やがてはゴミ屋敷になってしまいます。
「部屋を片付けるのは、今でしょう ! !」
・・・と、子供たちに言いたいものです。

さらに言えば、定期的に診断を受けることが大切ですね。
手遅れになる前に、早期に発見して対応する・・・。
そういうことが出来る日本は素晴らしいと思います。

|

« 桜えび定食 | トップページ | うそ話かな ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつですか???

今! でしょう!!!

どうですよねぇ。。
片付けも
  ある年齢のウチに身辺整理をしておかないといけないな
と思うこの頃です。
見られて困るものはないですが
こんなもの置いて逝かれても・・・という品はいっぱいあって。
動けるうちに整理しとかなきゃぁ~~~

投稿: sue | 2013年4月23日 (火) 19時56分

sue さま、毎度ありがとうございます。
「身辺整理」 ! ?
縁起の良い話ではありませんが、確かに、それは大切なことかもしれませんね。
小生の場合は、見られては困るものが多々ありますから、至急、整理が必要かもしれません ! !
ところで小生は、亡父の遺品の処理に 困惑していました。
昨年、区画整理で家屋を壊した時に、併せてその遺品を総て処理しましたが、逆に、その区画整理がなければ、父の遺品はそのままだったと思います。
また、遺産相続が終って数年後に、亡父の借金が発覚して、その際も大変困りました。
各種保険も、当人しか把握していなかったので、後日、貰い損ねた保険金もありました。
そうしたこともあって、意思疎通が出来るうちにキチンと伝えておくべきことは伝えておかなければならないと思いました。

投稿: あらま | 2013年4月23日 (火) 20時32分

>悪い言葉で言えば「その日暮らし」で精一杯ということですね
つまり日本や中途半端に豊かだから悪いということでしょうか?
ありがちですね

投稿: おばQ | 2013年4月24日 (水) 21時54分

おばQさま、ありがとうございます。
そうですね。中途半端がいちばん迷惑ですね。
白黒はっきりさせないのが日本人の特徴なんでしょうか。
小生は、それが原因で家内や子供に叱られっ放しです。
さて、その中途半端ですが視点をかえて考えて見ますと・・・
日本が高度成長期は、小生は学生・生徒・児童の時でしたが、その時代は一億総中流意識で、「モノは豊かになったけど、心が豊かではない・・・」と言われました。
そして今は格差社会として、その日暮らしの人たちと、余裕のある人たちとに分かれてしまったと思います。
しかし、日本のその日暮らしの人たちでも、南国の人たちと比べれははるかに豊かな物資に囲まれています。
こんな喩えは適切ではないかもしれませんが、東北大震災で罹災された人の中には、今でも仮設住宅で苦労されているのですが、その生活は、ベトナムの一般的な人と比べれば、物質的には遥かに恵まれていると思うのです。
つまり、同じ暮らしであっても、それに満足し幸福に思う人もいれば、その生活に不満を感じ不幸に思う人もいるのではないでしょうか ?
小生は、ベトナムの人たちが案外幸福そうで、それが不思議でしたが、どうやらその生活には、宗教的な文化の素地があって、それでモノがなくてもゆったりと暮らせているのだと思いました。
つまり、豊かさと幸福感とは必ずしも相関関係ではないということでしょうか。
逆に、日本は「不満」が新たなイノベーションを産み、それが発展につながっていると考えられていると思います。
それが、日本の「いつまでも不満病」の原因だと思うのです。
本文中の片目を失った友人は、片目を失ったことよりも、片目が残ったことに感謝する方向に気持ちを切り替えたら楽になったと申しております。
小生は、未だに失ったモノに未練を持っているわけでして、彼の姿勢を見習いたいと思うのですが、なかなかその気持ちになれません。

投稿: あらま | 2013年4月25日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/57225742

この記事へのトラックバック一覧です: 今でしょう ! !:

« 桜えび定食 | トップページ | うそ話かな ? »