« 教祖になりましょう | トップページ | 必ず儲かる商売 »

御前崎灯台

燈台守の跡Photo_2

ゴールデンウイーク、前半です。

大変良い天気ですから、午前中、家内と一緒に静岡県の御前崎のほうにドライブに行ってきました。
その途中に、県立吉田公園というところがあり、花が奇麗に咲いているということなので見てきました。

2013042614130000 2013042614230000

次に、駿河湾に沿って走る 国道 150号線を南下して、一途、御前崎に向かいました。

ところが、海岸で草競馬をしているイベントがあったようで、その渋滞に巻き込まれてしまいました。

そうして、ようやく御前崎灯台に着きました。
実は、ここを訪れるのは小生にとっては初めてのことでした。

御前崎灯台は拙宅から近いところにあるので、何時でも行けるという気持ちから今まで訪れたことがなかったのですね。

天気がよかったので、海が輝いていて、青い空に白い灯台が映えていました。
この御前崎灯台は、灯台守の歌や映画のモデルになっていましたが、今では自動化され無人の灯台ということなんですが、入場料を徴収する人がシッカリいました。

2013042810480000 2013042810510001

2013042810570000 2013042811120000

御前崎沿岸には奇岩があり、さらに波も高いので サーファーに人気があるようです。

その足で、今話題の浜岡原子力発電所の防波堤の工事現場に行ってきました。

2013042811180000 2013042811180001

2013042811190001 2013042811130001

近くから見れば巨大な防波堤ですが、少し離れてみれば、はたして こんなんで 福島第一原発を襲ったぐらいの規模の津波を防げるでしょうか ?
また、堰堤では防風林を育成し始めていますが、それが育つまで何年かかるでしょうか ? (写真 左下)
御前崎や浜岡には、あちらこちらに巨大な風力発電機がそびえていました。

|

« 教祖になりましょう | トップページ | 必ず儲かる商売 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私も近くの会社にお邪魔したことがあり、ついでに風力発電の風車が立ち並んでいるのを見たことがあります
しかし一番大きな風車が最大パワーで発電したとき、その風車が500台くらいないと浜岡原発の発電量にならないそうです
いかに原発がすごいかということですね
原発止めるのは判断ですが、そのときどうするのか、反対運動の人は考えているのでしょうか?
そういえば教授と呼ばれるミュージシャンは電気自動車はCO2を出さないなんて馬鹿言ってましたっけ
バカなんでしょうねえ

投稿: おばQ | 2013年4月28日 (日) 23時13分

おばQさま、ありがとうございます。
浜岡原発の再稼動は、もうないでしよう。
なぜか全国的には報道されていませんが、浜岡原発は 2年前の原子炉の停止に失敗して炉内に海水が入る事故を起こしました。
そこで、現在、静岡県富士川以西では、ガスのパイプラインが急ピッチで伸びています。
家庭用ガス発電に備えるためです。
環境に左右されやすい風力とか太陽光は、安定的な発電には向いていませんからね。
オール電化にした人は、またまた方向転換に迫られています。
また、御前崎港や清水港では、原発に代わる発電施設の計画が進んでいます。
静岡県にも送電している中部電力のテレビ・コマーシャルもガス運搬船を映し出しています。

現在、浜岡原発の海岸線に防波堤が作られている理由は、施設内の燃料棒を守るためです。
原子炉が停止していても、燃料棒の冷却電源が喪失すれば、福島第一原発と同じような事故が起こる可能性があるとされているからです。
そういうけで現在、浜岡は、発電所ではなくて電力消費施設になっているわけです。

いずれにしても原子力発電が停止すれば、電力が不足すると言われましたが、そうでもなさそうです。

そう考えると、あの原子力発電は、いったい何だったのか・・・という話になっていて、オイルショックの対策というよりも、むしろ、アメリカの GE社製の設備を日本が購入するためだった・・・ということに話が落ち着いています。
静岡県では、原子力発電は、過去の話です。

投稿: あらま | 2013年4月29日 (月) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/57264341

この記事へのトラックバック一覧です: 御前崎灯台:

« 教祖になりましょう | トップページ | 必ず儲かる商売 »