« SAYONARA JAPAN - 3 | トップページ | SAYONARA JAPAN - 4 »

尖閣は琉球の一部

1950年当時、中国外交文書に日本名

今年も残りわずか。

新聞では、年の瀬に発足した新内閣の報道とともに、こんな記事が・・・Photo

【北京時事】沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記した上で、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたことが27日分かった。時事通信が文書原文のコピーを入手した。中国共産党・政府が当時、尖閣諸島を中国の領土と主張せず、「琉球の一部」と認識していたことを示す中国政府の文書が発見されたのは初めて。
 尖閣諸島を「台湾の一部」と一貫して主張してきたとする中国政府の立場と矛盾することになる。日本政府の尖閣国有化で緊張が高まる日中間の対立に一石を投じるのは確実だ。
 この外交文書は「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」(領土草案、計10ページ)。中華人民共和国成立の翌年に当たる50年5月15日に作成され、北京の中国外務省档案館(外交史料館)に収蔵されている。
 領土草案の「琉球の返還問題」の項目には、戦前から日本側の文書で尖閣諸島とほぼ同義に使われてきた「尖頭諸嶼」という日本名が登場。「琉球は北中南の三つに分かれ、中部は沖縄諸島、南部は宮古諸島と八重山諸島(尖頭諸嶼)」と説明し、尖閣諸島を琉球の一部として論じている。中国が尖閣諸島を呼ぶ際に古くから用いてきたとする「釣魚島」の名称は一切使われていなかった。
 続いて「琉球の境界画定問題」の項目で「尖閣諸島」という言葉を明記し、「尖閣諸島を台湾に組み込むべきかどうか検討の必要がある」と記している。これは中国政府が、尖閣は「台湾の一部」という主張をまだ展開せず、少なくとも50年の段階で琉球の一部と考えていた証拠と言える  【『静岡新聞』 平成24年 12月 28日付け 朝刊】

イラストは、中国外務省の外交文書「対日和約 (対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」の原文コピー。右写真は表紙、同左は 75ページにある「尖閣諸島」の文字  (時事)

これまでにも、1953年の人民日報でも「琉球諸島は、尖閣諸島など 7組の島礁から成る」と記述したり、1958年に中国で発行された「世界地図集」では、尖閣を沖縄に属するものとして扱っていたことが分かっています。

以前から中国が、尖閣諸島は日本の領土であることを示している史料は数多くあります。
その中の代表的なものが、石垣島で保管されている『感謝状』。

Photo_2

解説によりますと、

この史料は中華民国九年(一九二〇年、大正九年)五月二十日、中華民国駐長崎領事が中国漁民救助に対する「感謝状」として、当時の沖縄県石垣村(現、石垣市)村民に贈ったもの。 
内容は「中華民国八年(大正八年)の冬、中国の福建省恵安県(現、泉州付近)の漁民、郭合順氏ら三十一人が遭難し、日本の尖閣列島(現、尖閣諸島)にある和洋島(魚釣島のこと)に漂着した。
石垣村の玉代勢孫伴氏(後の助役)が熱心に看病し、皆元気に生還することができた。こうした看護は感謝に堪えず感謝状を贈る」というもの。

領事氏名の馮冕(ひょう・めん)の下に「華駐長崎領事」の公印と年月日の上に「中華民国駐長崎領事印」とある。

注目されるのは、この漁船が遭難した当時、中華民国政府の外交当局が、感謝状の中で尖閣諸島のことを「日本帝国八重山郡尖閣列島」と明記している点。

この点について沖縄の歴史を研究、編さんしている財団法人「沖縄協会」(本部・東京都千代田区)は、「このころまでに、中国が領有権の主張をした事実がないことはもちろん、むしろ積極的に尖閣諸島を日本領と認めていた何よりの証拠」と説明、第一級の史料価値があるとしている。

また、中国船を救助 といえば、今年の 10月にもこんなことがありました。Photo_3

沖縄本島沖で貨物船「MING YANG」(1万2703トン)が火災を起こした事故で、第11管区海上保安本部(那覇市)は22日、救助した中国人乗組員64人を中国の救難船に引き渡した。
火災は20日夜、沖縄本島南東約150キロの沖合で発生。現場は公海だったが、中国側の要請を受け、同本部は巡視艇や巡視船を現場に派遣し、救助に当たった。
同本部によると、貨物船はセントビンセント・グレナディーン船籍で、冷凍された貨物などを南米から中国に運んでいた。 【 時事 2012/10/22-23:34 】

日本が中国人を救助しているさなか、同日、中国の海洋監視船 4隻が尖閣諸島沖の接続水域に入っていたことが確認されていたそうですね。

・・・・ということで、恩を仇で返すのが中華流ということなんでしょうね。


|

« SAYONARA JAPAN - 3 | トップページ | SAYONARA JAPAN - 4 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/56409575

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣は琉球の一部:

« SAYONARA JAPAN - 3 | トップページ | SAYONARA JAPAN - 4 »