« 泣く児がウザイ・・・いいね | トップページ | センセイ 大忙し »

里帰り離婚

親離れできない母

今回も、昨日の『静岡新聞』 夕刊の記事の感想です。

さて、夫婦喧嘩をして、妻が実家に帰ってしまう・・・。。。

そんなとき、原因の如何によらず、夫と言うものは、妻を迎えに行くものです。

ある程度の冷却期間をおけば、互いに反省しますよね。

夫としては、妻が実家に帰るということは、よほどの理由があるということを悟り、自分が悪くないと思っていても妻を迎えに行く懐の深さがあったものでした。

ところが、最近の夫は、妻が実家に帰っても、迎えに行かないそうです。
迎えに行くのが面倒くさいと言うか、割とアッサリした傾向が、現代の男性にはあるようですね。
どうやら妻を迎えに行くのは、団塊の世代前の熟年夫みたいです。

ところで、妻が実家に帰るのは喧嘩のときばかりではないようです。
最近は、出産のときにも実家に帰る妻が多いようですね。

小生の家内も、長男の出産のときは一週間ぐらい実家に帰りましたが、二人目、三人目のときは実家に帰ることが面倒だったようです。

しかし、最近の女性は、出産をするたびに実家に一時帰宅することが通例になっているようです。Senior_a12

そうして実家にいれば上げ膳、据え膳、家賃もかからず、食費も免除。
生まれてきた赤ん坊も、実家の親が面倒を看てくれる・・・。

実家の親たちも娘には苦労させたくないと思うので、一生懸命、母子の面倒を看るのですね。

そうすると、余りにも居心地が良いので夫のもとに帰りたくなくなるそうです。

「どうせ、夫なんて子供の面倒を看てくれないだろう。
それよりも、実家の親たちと一緒に子供を育てるほうが楽だ・・・」
・・・という選択をするそうです。

そうして、「里帰り離婚」に至るわけです。

どういうわけか、今の法律では、女性の都合で離婚しても、夫は慰謝料と養育費を払うことになるそうで、それもあって、安易に離婚に踏み切ってしまうといいます。

しかし、生まれてきた子供を抱きたい・・・と思うのは、夫の親も同じです。
つまり、生まれてきた赤ちゃんには、両家の祖父母から平等な愛をもらう権利があると思います。

そういうわけで、いくら娘が可愛いからといって、甘やかし過ぎるのも如何なものかと。

新聞の記事によれば、「娘を持つ親は、娘の依存が強くなりすぎないように注意し、息子を持つ親は、孫に会いたいときには、素直にその気持ちを伝えていただきたい。でも、忘れてはいけないのは孫を産んでくれた嫁への感謝の気持ち。」と結んでいました。

「最近の嫁ときたら、孫の顔も見せてくれない ! ! 」なんて思わずに、感謝の気持ちは、互いに持つことが大切ですね。

|

« 泣く児がウザイ・・・いいね | トップページ | センセイ 大忙し »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私は息子もいるので、両方の気持ちがわかります。
確かに。。。娘を見ていると、我が家への依存度は高いですね。(ま、隣の棟に住んでいれば仕方ないか。。。)
でもヨメも最近は我が家(というより私?)への依存度が強くなってきました。息子ではなく、ヨメです。ま、それはある意味いいことかなと、娘よりホイホイと面倒を見てあげています。
でも里帰り離婚なんて。。。勘弁です(怒)

投稿: コバヤン | 2012年10月31日 (水) 20時21分

コバヤンさま、コメントをありがとうございます。
親の心配は尽きないものですね。
それにしても、嫁姑のご関係が良さそうでいいですね。
頼られる・・・というのは、大変ですけど嬉しいものですね。
今や、1/3のカップルが離婚する時代です。
せっかくの縁ですから、大切にしてもらいたいものですね。

投稿: あらま | 2012年11月 1日 (木) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/55968272

この記事へのトラックバック一覧です: 里帰り離婚:

« 泣く児がウザイ・・・いいね | トップページ | センセイ 大忙し »