« ベトナムの平均寿命 | トップページ | 家を解体しています »

続 浜岡原発の選択 60

『静岡新聞』のシリーズ記事

明日で、チェルノブイリ原発事故 26年目になるということですね。

さて、今朝の『静岡新聞』の第一面も、原発の記事で埋められていました。
まず、敦賀原発の直下断層が動く可能性が高いということで、原発の立地条件に適していないという記事がヘッドラインでした。

その隣に「続 浜岡原発の選択」というシリーズ記事があり、今回で 60本目ということになります。
その今回の内容には、原発で働く作業員の安全性の確保についての指摘がありました。

この一連の「浜岡原発の選択」という記事を読むと、原子力には「安全性」はないと思います。
そうした意味で、大阪市の橋下市長が政府に直接直談判に行ったのは正解だと思います。
福島第一原発事故の現実を見れば、大飯原発の再稼動はありえないと、小生も思うのですね。

しかし「利権」とは恐ろしいもので、こんなに大事故が起きたにもかかわらず、エネルギー利権の恩恵を受けている人は、原発に賛成しているのですね。
その一つが、先般行われた浜岡原発がある御前崎市の市長選挙でした。

結局、御前崎市民は、原発の廃炉を明確にしている候補者を選らびませんでした。

これが小生の中にもある、「人間の欲」なんでしょうね。
しかし、子孫のことを思うのなら、そんなことは言ってられないでしょう。

|

« ベトナムの平均寿命 | トップページ | 家を解体しています »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/54554320

この記事へのトラックバック一覧です: 続 浜岡原発の選択 60:

« ベトナムの平均寿命 | トップページ | 家を解体しています »