« スピーチ | トップページ | 「反戦」と「脱原発」とのちがい »

ギャンブル好きが昂じて

誰の責任 ?

以前の会社で花見をした際、バーベーキュー用の肉を買うためにお金を渡されたことがありました。
しかし、渡されたお金はほんの僅かで、それだけでは たらふく牛肉なんて食べれないと思いました。
そこで、皆と話し合った結果、自称 パチプロと称する同僚に、その金を渡してパチンコで増やしてもらうことになりました。192

ところが、その同僚は、その日は調子が悪かったようで、渡されたお金のほとんどをスッてしまいました。
お陰で、牛肉の予定が、豚の脂身になってしまいました。

これと同じようなことが、我々静岡県の中小鍛冶屋の年金組合で起きてしまいました。

つまり、高齢化や倒産で会員が減った鍛冶屋の年金基金組合が、起死回生を期して、運用が上手といわれる A 投資顧問会社に資金を渡したら、そのほとんどをスッてしまったというのですね。

国家的な振り込め詐欺である 公的年金の破綻に次いで、今度は、私的年金である年金基金も、投資に失敗して破綻したようです。

いったい、われわれ鍛冶屋の老後はどうなるのでしょうか ?

官僚とか投資会社という ギャンブラーに、将来を任せた我々が愚かということなんでしょう。

|

« スピーチ | トップページ | 「反戦」と「脱原発」とのちがい »

年金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/54329521

この記事へのトラックバック一覧です: ギャンブル好きが昂じて:

« スピーチ | トップページ | 「反戦」と「脱原発」とのちがい »