« お年玉 | トップページ | ちょいと失礼します »

休めない 正月 三が日

休めるようにしましょうPhoto

以前、このブログで友達になっていただいた人の中に「ふくろうMAN」さま、という人がいました。

もう亡くなられて、三年以上が経ったと思います。
その方も、皆様と同様にユーモアにあふれていて、小生にいろいろことを教えてくださいました。

そのひとつが「せめてお正月の三が日ぐらいは、全国的に休めるような国にしよう ! ! 」というものでした。「最近の日本は メリハリがない。」・・・と言い残して逝ってしまわれました。

小生は、その通りだと思いました。
お正月は一年の区切りを付けるものです。
さらに、生きていることを感謝する日です。
その証拠に、庶民の暦が定かでなかった昔は、日本全国の庶民が一斉に元旦に誕生日を迎えたものです。
それが「数え年」と言って、互いに生き延びたことを確認して感謝したものでした。

今は、元日と言っても、普通の休日みたいなものです。
どこの店に行っても開いてますし、観光地も開業しています。

Dec01_a03拙宅でも、正月の三が日をのんびり暮らしているのは、小生と母と学生の長女だけです。

家内は、バスの立ち寄り会社にアルバイトに行っているのですが、昨日から初詣ツアー客がバスに乗って押し寄せてくるということで、てんてこまいの忙しさです。

長男は、スーパーマーケットのチーフということで、暮れから正月にかけで会社に泊まり込んで仕事をしています。
その長男の嫁も介護施設で働いているのですが、やはり、暮れから正月にかけて夜勤の当番ということのようです。

次男は、フェリーのコックということで、洋上で新年を迎えたようです。

そういうわけで、我が家の働き者たちは、正月も関係なく働いています。

不況だから、正月休みも関係なく経済を回したい・・・という気持ちも分かりますが、世界の文明国を見ると、休日は「権利」という意識があるようですね。

とくに、ヨーロッパの先進国ではバカンスというものがあって、長期休暇を取ることが権利となっているようですね。
また、普段の日でも、昼休み時間は「権利」として二時間以上もゆっくりと昼寝をしている国もあります。
休暇とか休養というものは、人間にとっては生理的にも精神的にも必要なものですね。
文明国の経営者には、その労働者の権利を侵害しようという発想はないようですよ。

つまり、休みを返上してまで幸せになろう・・・なんて発想は、先進国にはないようです。

そういうわけで小生は、ふくろうMAN さまの遺志を受け継いで、休日でも皆が休める社会を取り戻そうと頑張りたいと思います。051

・・・・ということで、率先垂範・・・というわけではありませんが、本日も、ゆっくりと母と一緒にみかんを食べながら、母はテレビを、小生はこうしてパソコンの画面を観ています。

|

« お年玉 | トップページ | ちょいと失礼します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もお正月はのんびりです。happy01
昨日も昼間は寝転んでテレビ観賞。
今日もそうなりそうな予感です。(笑)coldsweats01
それにしてもこのお正月に働かなくてはいけない人は大変ですね。sweat01
サービス業などに就いている人は仕方がないですね。
あらまさんが書いたようにみんながお正月に休める社会に
なれたらいいですね。wink

投稿: にこりん | 2012年1月 3日 (火) 11時14分

にこりんさま、ありがとうございました。
我々が子供のころ、働いている人と言ったら、国鉄とかバスの運転手さん、そしてテレビとかラジオ関係者などで、会社はもちろん、商店も閉まっていました。
それでも、高度成長を遂げていました。
ライフラインの維持のため休めない人がいるのは仕方ないにしても、元旦からスーパーやデパートが開いているということは、流通関係者も働いているということになります。
そうしてみると、日本人の半数以上が、元日に働いていると思います。
これでは、変ですね。
そんな国があるのでしょうか ?
私たちだけでも、ゆっくりしましょうね。pig

投稿: あらま | 2012年1月 3日 (火) 11時44分

こんにちは。

こういうすばらしい考えをお持ちの諸先輩方を尊敬します。
私の工場に来て皆の前で講演してください!

投稿: まさたみ | 2012年1月 3日 (火) 20時54分

少々出遅れましたが・・・・

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


昨年は暮れギリギリまで
仕事先の事でバタバタしていて
元日の朝 喘息を起こしてしまいました。

病院は動いているんだなぁ
と感謝しきり。。。。

点滴を終えて帰宅途中
いつも行くスーパーが開いているので
心底驚きました。
買いモノに行く人がいるんでしょうか?

お節の準備をするのは
形の事ではなくて3ヶ日家で家族と過ごす為だったのでは?・・・・・・と。

投稿: sue | 2012年1月 5日 (木) 13時35分

まさたみさま、ご賛同下さり、ありがとうございます。
講演のご依頼がありましたら、いつでも・・・と言いたいところですが、ちょいと出張に行ってきます。
帰ってきたら、お願いしますね。

投稿: あらま | 2012年1月 5日 (木) 15時24分

sue さま、ブログを読ませていただきました。
正月早々、たいへんでしたね。
その正月でも、対応してくださる病院があるといことは本当にありがたいですね。
拙宅の地方では、公立病院が危機的な状況で、あいかわらず救急患者がたらい回しになっているようです。
都会と地方との格差を感じます。

さて、正月三が日は、主婦もお休みするということで、そのための保存食のお節料理のはずですよね。
なのに、どこのスーパーもコンビニも開いているとなると、お節料理や雑煮の意味がなくなってしまいますね。

投稿: あらま | 2012年1月 5日 (木) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/53641473

この記事へのトラックバック一覧です: 休めない 正月 三が日:

« お年玉 | トップページ | ちょいと失礼します »