« ちょいと失礼します | トップページ | NHKの暴走 »

ネバー・ネバー・ネバー・ネバー

増税だけは諦めない

財務省の操り人形と評されている野田首相が、年頭の挨拶で、増税だけは諦めない・・・と意気込んでいます。

それに対して、国民はシラケムード。
事業仕分けも公務員改革など税の節約が満足にできないのに、国民の負担だけを強いる政策なんて支持できませんよね。

増税しなければ日本は破綻する・・・と国民を脅していますが、税の無駄遣いを放っておいて税収だけを増やすことは、ザルに水を入れるようなもの・・・

どうせ増税した分、役人様の退職金やボーナスに充てられるのが関の山・・・なんて考えるのは小生だけでしょうか ?

結局、民主党の‘公約’で満足に守れたものなんて一つもないではないですか ?

たとえば高校無償化も、恒久的に続く政策とは考えられません。

山岡消費担当相が、年頭に「ユーロは破綻する」なんて言いましたが、国家予算の半分を借金で賄っている日本の円のほうの破綻が近いではないですか ?

安心して税金を任せられる国家なら、高税率でも納得しますが、国家的な振り込め詐欺を続けている年金制度を見る限り、いまの公務員にこれ以上の税金をあずける気にはなれません。

・・・・とは言うものの、知らないうちに増税されていて、国民に還元されるものはカットされています。

そうしたズルイやり方が実施されていることは、国民が肌で感じでいます。

このような‘汚いやり方’の政策を黒子となって実施しているお役人さま。
そのお役人さまたちの代名詞でもある官僚。
その官僚制度改革だけでもやれば、この日本は救われると思うのですが・・・。

ところで、野田首相はネバーを 4回繰り返したそうです。
否定語を偶数回繰り返すということは、二重否定ということで「強調」という意味ではないですかねぇ・・・ ? ?
つまり、増税は絶対諦める・・・と。

|

« ちょいと失礼します | トップページ | NHKの暴走 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あらま様 新年から頑張っていますね。 
こちらアメリカでは、 オバマさん家族の17日間の年末休暇の経費が4百万ドルだそうです。税金を払う気持ち本当に失せますよ。 
 

投稿: 一滴 | 2012年1月 6日 (金) 23時34分

一滴さま、ありがとうございます。
オバマさんがハワイでのバカンスを楽しんでいる様子が日本でも伝えられました。
オバマ一家の警備など、必要経費もあるんでしょうが、財政が厳しい中、4百万ドルと聞いたら、国民は確かに引いてしまうでしょう。
どうも、政治家の感覚と庶民との感覚と、大きな隔たりがありそうですね。

さて、17年前の 1995年に発生した阪神淡路大震災に対して、その翌々年の 1997年に日本政府は消費税率を 3%から 5%に引き上げました。
その結果、消費は低迷し、失われた20年と言われてしまうほど経済は冷え込んでしまいました。
さらに、上がった消費税は、官僚の天下り先のための‘箱モノ’づくりや公務員の福利厚生に使われ、赤字国債は増え続け、財政は危機的状況のままで改善されませんでした。
つまり、税率を上げても、そのぶん公務員に食われてしまうので、全く意味がないのですね。
無駄遣いをするシステムを改善してから、税率を考えるべきでしょう。

・・・どこの国も、お役人には苦労しているみたいですね。

投稿: あらま | 2012年1月 7日 (土) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/53672452

この記事へのトラックバック一覧です: ネバー・ネバー・ネバー・ネバー:

« ちょいと失礼します | トップページ | NHKの暴走 »