« トマトパスタ | トップページ | 供養祭 »

幸せですか ?

国民総幸福量

先月のブータンの国王夫妻の来日以来、話題となったのが「国民総幸福量(GNH)」というユニークな指標。
ブータンは、経済的には貧しい国かもしれないけれど、ほとんどの国民がその生活に満足して自分が幸せだと思っている・・・と、伝えられています。
このように、ブータンという国は この指標に沿って政策を行う国として知られていて、各国政府もこれに倣った指標づくりを進めているそうですね。
来年秋にインドで行われる経済協力開発機構(OECD)でも、各国の研究報告や意見交換を行う予定なんだそうです。

それに備えて、日本でもその指標をまとめたそうですね。
今朝、そのニュースを伝えていました。

 内閣府の有識者会議は5日、国内総生産(GDP)で測れない豊かさを表す新たな「幸福度指標」に関する最終報告をまとめた。経済社会状況、心身の健康、家族や地域社会との関係性などの観点から、8月に公表した原案より多い約130の評価項目を提案した。来年から試験的にデータを集め、評価の有効性を検討する。
 自分を幸せだと感じる度合いに関する意識調査のほか、経済社会状況については仕事や住宅の満足度など、心身の健康では自殺者数などの評価項目を設定。自然環境の持続可能性に関する項目も挙げた。全項目を統合した指標は算出せず、各項目の良しあしから社会状況を診断、政策運営に生かす考えだ。【時事通信社 5日】

ところで、小生は、北朝鮮などでは 100%の国民が幸せだと言うと思いますよ。
なぜなら、銃を突きつけられて、「お前は幸せか ? 」と問われれば、「NO ! 」なんて言えないでしょう。

また、同じような幸せでも、TPO によってもその感じ方が違うでしょう。
たとえば、3.11 の大震災の後、「なんでもない当たり前のことが、実は幸せだった・・・」という意見が聞かれました。

そんな具合ですから、幸せの量とか質を正確に量ることなんて不可能だと思いますよ。

同じ生活でも、表から幸福だと見えても、裏から見たら不幸だったり、また その逆だったりで。

人の善悪が何であるかも統一されていないのに、幸福度を量ろうなんて、そりゃ無理ですよ。

失業率が上がり、新卒の就職率も下がり、生活保護家庭数が戦後最悪になり、経済力も低下。
そんな日本の将来の社会保障や医療に不安を感じている中、政府・民主党は何をしようとしているのでしょうか ?

国民が、本当は不幸だと思っているのに、また情報をねつ造して、国民を誤魔化そうとしているのでしょうか ?

やはり、官僚の姑息な浅知恵とみるべきでしょうね。

 

|

« トマトパスタ | トップページ | 供養祭 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

あらま様
同感です
幸せなんて測ることはできません
感じることであって、人がとやかくいうものではありません
ところで、今の暮らしが良いか悪いかなんてどう思います?
私が子供の頃、お小遣いはお正月だけでした
麦飯でした
寒くても靴下がなくてしもやけでした

今幸せです

投稿: おばQ | 2011年12月 5日 (月) 21時34分

しあわせ度を数値にする
何なんでしょうねぇ。

同じ状況でも
満足できない もっともっと・・
と思い続ければ不満のままだし

あ〜 自分はこれで充分ありがたい
と思えばシアワセだし

国民全体のしあわせ度、、
測れるものなんでしょうかねぇ。
まぁ お国のやる事ですから
勝手にやらせておきましょうか。

お馬鹿なマスコミが
『世界の中で日本人のしあわせ度は第○位!』
なんて騒ぎ立てない事を
祈るのみです。

投稿: sue | 2011年12月 6日 (火) 10時53分

おばQさま、ありがとうございます。
小生も、子供たちが離れて行きますが、家内と母と三人の認知症トリオで幸せに暮らしています。
こうして、インターネットで、おばQ師匠とお話ができて幸せです。

投稿: あらま | 2011年12月 6日 (火) 14時31分

sue さま、ありがとうございます。
人の幸せを測って何するの ?
・・・と言いたくなりますね。
それに加えて、マスゴミたち。
わかったような口をきくコメンテーターたちの話を聞くだけでも、嫌になってしまいますね。

投稿: あらま | 2011年12月 6日 (火) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/53413586

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せですか ?:

« トマトパスタ | トップページ | 供養祭 »