« 今年の流行語は | トップページ | あたりまえ »

また、被災地に行ってきました

今度は観光として

東日本大震災から 8ヶ月あまりが過ぎました。

後片付けが進み、被災した観光地にも活気が戻ったと思います。
そこで、世界遺産にもなった「中尊寺」。そして、日本三景の一つ「松島」に行ってきました。

もちろん、お客さんとしてではなく、観光バスドライバーとしてです。
静岡を、朝の 5時に出て、現地に着いたのが 14時でした。
もちろん、運転手はバスの準備がありますから 朝の 3時起きでしたよ。
片道 9時間は、お客さんは苦痛だったでしょう。
運転手は、座席が広く、適度に運動していますから疲れません。

まず、最初に「中尊寺」ですが、世界遺産になったということで大変な賑わいでした。
ただ、ザンネンなことに、雨に祟られてしまい、せっかくの紅葉が輝いていませんでした。

その夜は、鳴子温泉というところに泊まりました。その日だけでも 800Km も走りまし2011111410520000 たよ。

翌日は、松島巡り。お客さんは、松島から塩釜までの遊覧観光船。
バスは、陸路を回送しました。

バスを回送している間、外を眺めると、陥没した道路、打ち上げられた船などが見られて、あらためて 1000年に一度の震災の脅威を思い知らされました。

また、塩釜の観光船の桟橋ターミナルビルを観ると、震災で陥没したビルをそのまま使用して営業していました。
本当に大丈夫なのか心配になります。
ちょうどそのころ、仮設の売店でマグロの解体ショーをやっていました。(写真)

お昼は、NHKのバラエティー番組『鶴瓶の家族に乾杯』にでも紹介された 伸光食堂の「海鮮丼」を戴きました。(写真)Photo
予め予約していたのでスンナリとお店に入れましたが、大変な賑わいでしたよ。

そして、お客さんの希望で、松島から仙台空港を経由して福島原発の近くまで行ってきました。
仙台東部道路という自動車道を通ってきたのですが、その道路の海側の風景と陸側の風景との違いに、お客さんは驚いた様子でした。

自動車道路の盛土が津波の防波堤になったのでしょう。

また、福島では、放射能汚染による立ち入り禁止区域外では、普通の生活が送られていました。
紅葉も まだまだ きれいでしたよ。
それにしても、こんなに広い地域をどのようにして除染するのでしょうか ?

そう言う具合で、東北の観光地にも活気が戻ってきているようです。
東北は観光地として十分に楽しめるところですから、沢山の人が東北を訪れることを希望します。

(どういうわけか、月曜日なのに会社が休みでしたので、その休日を利用してアルバイトをしたわけです。2日間、丸々働いて たったの2万円・・・・。。。。
まぁ、家で母の世話から開放されて、温泉旅行をしたと思えば、ありがたいものです。)

|

« 今年の流行語は | トップページ | あたりまえ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あらま様 ありがとうございます
私の代わりに東北に行っていただきまして
私は当分帰れません

実況放送の続きをお願いします

投稿: おばQ | 2011年11月15日 (火) 19時45分

遠方までのバスの運転、大変でしたね。お疲れ様でした。happy01
被災地の様子がよくわかりました。
今回の地震は放射能の問題があって、復興にも時間がかかるし、
これからどうなるのか、不安がいっぱいですね。sweat01
でも、観光地を中心になんとか復興していくことを祈るばかりです。

2日間で2万円とはびっくりですが、あらまさんが書いたようにものは考えようです。
おいしい料理に温泉spa、いいな~♪lovely

投稿: にこりん | 2011年11月16日 (水) 00時59分

おばQさま、ありがとうごさいます。
常磐街道から国道 115号線(霊山経由)で帰ってきましたが、福島の自然は美しいですね。
食べ物も美味しかったです。
こういった福島を台無しにしてしまった原発の罪は大きいと思います。
回復には時間がかかると思いますが、積極的に応援していきたいと思います。

投稿: あらま | 2011年11月16日 (水) 13時15分

にこりん さま、ありがとうございます。
どういうわけか静岡県内では、今週の月曜日を特休日とした会社が多かったですね。
以前の鍛冶屋では、11月の8日を金山(かなやま)さんと言って「ふいご祭り」をしたものでしたが、今回の特休は、それとは関係ないものと思います。
ところで、震災の様子を観光資源にすることはいかがなものかと思いますが、復興している様子を観光資源にして、買い物ツアーなどで東北を応援することは良い企画だと思います。

・・・今や、観光業界では激安競争が祟って、ドライバーやガイドさんという職種に対して、正規社員を雇えない状況です。
また、こういった業種は時間給ではなくて回数給が認められているらしく、時間給に直せば最低賃金にも届かず、アルバイトとしてもバカバカしい仕事です。
でも、ボランティアとか観光客として訪れるにはお金がかかりますが、乗務員としてなら逆にお金がもらえますから、そうして考えれば、ある意味、儲けものです。
逆に、こうした仕事だから小生のところに回ってきたのでしょう。
福島巡りは、当日、朝に聞かされました。

投稿: あらま | 2011年11月16日 (水) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/53250571

この記事へのトラックバック一覧です: また、被災地に行ってきました:

« 今年の流行語は | トップページ | あたりまえ »