« 漏電火災 | トップページ | TPP問題 »

足の親指の爪が剥がれた !

新しい安全靴が原因か ?

鍛冶職人も作業者ですから仕事中には‘安全靴’を履きます。
これは「義務」になっているようです。
つまり、鉄工職の場合、知らない間に固い鉄を蹴ったり、鉄板に挟まれることがありますから、つま先を防御するために、そこの部分が固い材質になっている靴を履くことになっているのですね。

そこで、普段使用している安全靴の形状は、先が丸くなっていて指の間にも余裕があるのですが、出張の時などは、ビジネスシューズタイプの先の尖った安全靴を履くことがあります。

それが、以外に窮屈なんですね。Photo
昨年、職場が変わり、現場から離れて事務所にいることが多くなったのでした。
そういうわけで、そんなビジネスタイプの安全靴を履き続けていたら、親指が内出血したような感じになり、ついに本日、左の親指の爪が半分 剥がれてしまいました。(写真)

中学生の頃、部活中に爪を剥がしたことがあって、それが たいへん痛かったという記憶があるのですが、今回は、痛くもなんともないのですね。

自然にポロリと剥がれてしまい、その痕から新しい爪が生え変わろうとしていました。

どうやら、ビジネスタイプの安全靴は小生の足の形状には合っていないようです。

Photo_2

|

« 漏電火災 | トップページ | TPP問題 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

安全靴をはかなくなって10年がたちます。
当時も先が丸いものと、かっこいいものがありました。
でも先が丸くないと窮屈でだめでした。
時間がたってもそれは変わりませんか

投稿: おばQ | 2011年11月 8日 (火) 17時49分

こんにちは。

安全靴って選ぶのが難しいですよね。
試しに履いてちょうどよいサイズを買うと慣れたころにブカブカ気味になるし、それならばときつめの靴を買うと指先が痛くてたまりません。
ほんの0.5センチ、EEEとEEEEのちょっとした違いでいつも悩みます。
今は鉄芯でスニーカータイプを履いていますがブカブカ気味です・・・。

投稿: まさたみ | 2011年11月 8日 (火) 19時37分

おばQさま、ありがとうございます。
普通のビジネスシューズは そんなに窮屈に感じないのに、なぜか、ビジネスシューズタイプの安全靴は窮屈なんですね。
きっと、つま先に強化プラスチックスが入っているからだと思います。
もう少し、なんとかなりませんかね・・・。。。。

投稿: あらま | 2011年11月 8日 (火) 20時43分

まさたみさま、ありがとうございます。
本当に靴のサイズに悩みますね。
朝と夕方とでも足の大きさが違うといいますし、靴下の厚さによっても違ってきます。
ところで、小生もスニーカータイプの安全靴を履きたいところなんですが、耐油性、制電性が要求されるので、どうしても会社が指定する革靴タイプになってしまうのですね。
もう少し、自由が欲しいですね。

投稿: あらま | 2011年11月 8日 (火) 20時51分

靴って大事ですよね。
私は普通の事務ですが
見掛けで靴を買っていたら
残業の多い今の職場で数時間。
足に痛みから腰痛を悪化させて
しまいました。

あらまさんがお履きになるような
特殊なお靴は
もっともっと大変な事でしょう。

こういった靴こそ
色々なタイプやサイズが必要なんですね。

お爪 
どうぞお大事に。

投稿: sue | 2011年11月 9日 (水) 19時53分

sue さま、ありがとうございます。
現代人は、男女を問わず外反母趾の人が多いようですね。
それも、窮屈な靴を無理やり履いているからなんだそうです。
そこで、つま先に余裕のある形状の靴が売られていますが、フォーマルは相変わらず先が尖った靴が主流みたいですね。
そうした習慣を変えない限り、現代人の足の痛さは続きそうです。
sue さまが仰るように、合わない靴は腰を悪くし、姿勢を崩すみたいです。
これからは、恰好に囚われずに、従来からの丸い靴先の安全靴を愛用したいと思います。

投稿: あらま | 2011年11月 9日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/53193686

この記事へのトラックバック一覧です: 足の親指の爪が剥がれた !:

« 漏電火災 | トップページ | TPP問題 »