« 咳が止まらない・・・ | トップページ | 手締め »

ベトナムの竹食器

食べにくい

もうすぐ彼岸だというのに、暑い日が続きますね。

先月行った ベトナム よりも蒸し暑く感じます。

さて、ベトナム土産についてですが、こんな食器がありました。

2011091410490000

箸置きの代わりでしょうか、食器に穴が開いているのです。

2011091410490001 2011091410500000

実際に食べ物を入れると、気オつけて食べないと 穴から汁がこぼれるのですね。
また、ヘリの段差からも汁が洩れる・・・。

ということで、実に食べにくい。
これは、竹の寄木細工として工芸品として鑑賞するものなんでしょう。

2011091410510000 2011091410500001

また、四角の皿も竹で出来ていますが、どうやって加工するのでしょうか。

非常に軽いのですが、独特の匂いが強いのですね。

【追加】

Photo
本来は、ベトナム漆の椀物になるみたいですね。

(写真は、ベトナム漆器 より)

|

« 咳が止まらない・・・ | トップページ | 手締め »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

向こうの方々がどのように使っているのか知りたいですね
あまり汁物を食べないのか、どうなんでしょうか?

においは・・・
私たちが使っている食器でもにおいがあるものがあるかもしれませんね

投稿: おばQ | 2011年9月15日 (木) 05時53分

おばQさま、ありがとうございます。
これはベトナム漆器になるはずだったモノが、途中で加工を投げ出してしまったものなのか知りませんが、中途半端な形で陳列していました。
ですから、タダ同然の価格で貰ってきました。
本当は、外側には季節の模様が描かれ、内側は黒漆で仕上げられるものなんだそうです。
この強烈な匂いでは、食事の味も変わってしまうでしょう。
やはり、表面加工が必要ですね。

投稿: あらま | 2011年9月15日 (木) 09時43分

途中で作業投げ出された商品?なんですか。

へぇ~~~
実用的ではないにしても
それはそれで 
  話題満載の面白いお土産品 
ですねーーーー。

投稿: sue | 2011年9月15日 (木) 11時29分

sue さま、ありがとうございます。
知人の話では、ベトナムには国営の漆塗り工場があり、そこでは様々な工芸品が生産されているようです。
先のベトナム戦争で身体障害者になった人を救済するための制度なんだそうです。
そこでは、見事な工芸品が生産されているのですが、中には製品にはならなものが捨てられているそうです。
それを拾っては少し手を加えて土産物として売っているところがあるんだそうです。
どうやら、小生はそれを買ったようです。
買ったというよりも、タダ同然な価格なので‘貰った’という感じです。
以前は、こうしたジャンク品を評して、「ベトナム品質」なんて言っていましたが、最近のベトナムの高品位には驚くばかりです。
中国に次で、数年後には、必ず、日本の工業はベトナムにも抜かれるでしょう。

投稿: あらま | 2011年9月15日 (木) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/52729883

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの竹食器:

« 咳が止まらない・・・ | トップページ | 手締め »