« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

感じない不安

静岡県にも大量の放射線

今回の福島第一原発の事故で、静岡県も多大な風評被害を受けています。
特に、茶業界、観光業界は深刻ですね。

その風評被害の根拠になったのが、静岡県からも暫定基準値を超える放射線が検出されたことです。

それを裏付ける新聞記事がありました。

原子力機構の試算になると、 3月 12日の福島第一原発一号機の水素爆発などで放出された放射性セシウムは、同 14日から 15日の間に静岡県東部に降り始めた。
二号機の圧力抑制室が損傷したと見られる 15日から 16日の間に放出量は急増し、県中部に拡散した。
いったん風向きが変わった後、 21日午前 9時から雨とともに再び県内に大量に降下した。
【『静岡新聞』 2011年 9月 28日 朝刊 】

Photo

( 日本原子力研究開発機構の HP より )

どうやら、風の通り道に乗ってきた放射性物質が谷間などに堆積して、いわゆるホットスポットを形成したようです。

とにかく放射線というものはヒトの五感に感じないものですから、どんな具合なのか分らないのですね。
それが不安となり恐怖となるわけです。

ましてや、緊急時迅速放射能影響予想システム (SPEEDI)が、社会混乱を理由に情報を隠蔽していたことが明らかになった今、公的な機関が頼れなくなっています。

そこで、放射線に対して正確な知識をもち、併せて、自分たちが住んでいる地域の正確な放射線量を知ろうと言うことになるのですね。

そこで、今朝の『静岡新聞』では、この見えない恐怖に対抗するために R-DAN という団体の活動を紹介していました。

『静岡新聞』の解説によりますと、この R-DAN という団体は、「団体名と同じ名前の R-DANという放射能検知器などを使う全国の有志でつくる組織。放射線状情報を把握しあい、原発の監視役も務めている。会員は 1986年の発足当初は約 80人で、現在は 200人。発足から 2~ 3年後に 700人を超えたこともある。」ということで、1986年のチェルノブイリ原発事故を契機に作られたボランティアみたいですね。

今回の福島第一原発の事故後、全国の有志が「市民放射線測定値マッピング」として測定値をホームページで公開しています。
それを見る限りでは、現在では心配には及ばないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3号被保険者制度の改革案

主婦の年金

我々夫婦にも、誕生月になると、「ねんきん定期便」というのが届きます。
将来、いかほどの年金がもらえる予定なのか、記してあります。

今までは封書で届いていたものが、これからは葉書になるそうです。
毎年、定期便を見るたびに、もらえる金額が少なくなっていくので、通知書も軽くなるのでしょうか ?

どうして、働いていて年金を納め続けているのに、どんどんと減額されていくのか納得できないところですが、少子高齢化が進むということで止む終えない処置なんだそうです。

さて、そこで不公平感が沸くのですね。
それは、公務員らの加入する共済年金と厚生年金との比較です。
ここでも、公務員と民間人との格差を感じてしまうのですね。

同様に、国民年金の人も厚生年金と比較して不公平だと感じる部分があるそうです。
それが、サラリーマンの奥さん。
年金を支払っていないのに貰えるなんてヘンだ・・・と疑問に思うそうです。

そこで、サラリーマンの奥さん、つまり第3号被保険者についても制度改革をして不公平感をなくそうとするようです。
実際は、年金の支払額を少なくするのが目的なんでしょう。

読売新聞の記事を引用してみます。

厚生年金、専業主婦が半分受給…支払者とみなす

厚生労働省は29日、サラリーマンや公務員世帯の専業主婦が、夫が支払う厚生年金などの保険料の半分を払ったとみなし、夫が受け取る厚生年金などの受給額の半分を妻の基礎年金に上乗せする仕組みに改める方向で検討に入った。

 同省は改革案を29日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に示し、2012年の通常国会に関連法案を提出する考えだ。

 サラリーマンや公務員世帯の専業主婦は、保険料を支払わないのに基礎年金を受け取ることができる。この第3号被保険者制度には「専業主婦優遇だ」という批判がある。3号の保険料は年金加入者全体で負担しており、3号の夫の保険料だけでなく、共働きや単身者の分も主婦への年金の原資になっているからだ。政府・与党が6月に決めた社会保障・税一体改革成案でも見直しを求めている。

 厚労省は見直しに向け、夫の保険料を増額したり、妻に保険料を求めたりする案や、妻の基礎年金を減額する案を検討していた。しかし、理解を得るのは困難だとみてこうした案は見送る一方、保険料支払いと年金受給とを対応させる形をとるため、今回の改革を実施することにした。

Photo

最終更新:9月29日(木)13時56分 引用終わり】

どうも、いまいち分らない内容です。
改正案では、夫婦単位では受給額は変わらないと言います。

今でも寡婦年金は夫の半額ですね。

しかし、改正される内容をよくみると、妻が夫よりもはやく亡くなった場合、今までは、夫は丸々貰っていたのが、半分になるということになりませんか ?
つまり、体よく減額されるということになるのではないでしょうか ?

いずれにしても、年金制度がこんなでは、今に革命が起きるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスト・エフォート

互いに最善を尽くす

本日、BS放送のスイッチを入れたところ、某番組で「科学技術と人間の共存」と題して、東京大学院の坂村教授が出ていたので、少し観ました。

坂村教授は、OS「トロン」を開発した人ですね。

そのなかで、ベスト・エフォートという言葉が出てきました。
それを直訳すれば「最高の努力」。
ここでは、「互いに最善を尽くす」という意味で使われていました。

具体的には、理系の人は文系に関心をもち、文系の人は理系に関心をもち、それぞれ努力しようとというもののようです。
つまり、科学に対する理解の「程度の問題」を克服することが、今後の日本の科学技術と人間とが共存するために必要なんだそうです。

ちなみに、IT用語辞典を引用してみると・・・

ベスト・エフォート型

サービスの品質(QoS)の保証がない通信ネットワーク、あるいは通信サービス。専用線接続サービスなどで使われる用語。

品質の内容はサービスやネットワークの種類によって異なるが、最低限保証される通信速度や、メンテナンスや故障による中断時間が最大で1年間にどれくらい発生しうるか、送信したデータが確実に相手に届くかどうか、送信したデータが決められた時間以内に相手に届くかどうか、データに優先度をつけられるかどうか、セキュリティが確保されるかどうか、などがある。

ギャランティ型(品質保証型)と比べて、サービス提供に必要な設備や人員が少なくてすみ、低コストでサービスを運営できるため、価格は低い。わずかな回線中断が多大な損失につながる企業の基幹回線や、常に一定の帯域を確保する必要がある動画配信などの用途には不向きである。例えばインターネットは全体としてはベストエフォート型のネットワークである。
【引用 終わり】

どうやらこれは、利用する人同士が、互いに努力を尽くして、そのシステムを維持しようとするタイプを「ベスト・エフォート型」と言うようですね。
つまり、相手に対して どこにでも共通する品質を求めるだけではなくて、自分から進んで品質の維持・発展に努めることが、これからの日本人には必要だということのようです。

新しい技術が出てきたときに、「わからない」「関係ない」というのではなく、とにかく関心をもって勉強しよう・・・ということみたいですね。

小生も、アナログ人間だから・・・と、言い訳をしてはいけないということなんですね。

でも、やはり、最近の技術に逐いていけない・・・sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万里一空

四字熟語Photo

この「万里一空」という四字熟語は、小生にとっては初めて耳にするものでした。

今朝、大相撲の琴奨菊(27)の大関昇進が正式に決まりました。
 
日本人の大関誕生は、2007年に昇進した琴光喜以来、4年ぶりなんだそうですね。

その大関昇進の伝達式で琴奨菊は、宮本武蔵の兵法書から引用して、「万理一空 (ばんりいっくう) の境地を求めて、日々稽古に精進致します」と述べました。

この「万里一空」という言葉をネットで調べてみると・・・

宮本武蔵が長年の修行で到達した精神的境地で、著書の「五輪書」では「山水三千世界を万里一空に入れ、満天地とも攬(まとめ)る」と動揺せずに冷静であることが望ましいという心の持ちようを説いた。「どんなに遥か遠くまでいっても、空は1つしかない。すべてのものは1つの世界にとどまっている」の解釈から、現在では「目的、目標、やるべきことを見失わずに励む、頑張り続ける」の意味で使われる。 【 28日 日刊スポーツ 】

日本語の四字熟語は奥が深いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

録画機能つき地デジチューナー

テレビ、多すぎ

寝室にもテレビが欲しい・・・と、家内から要望がありました。
寝室とは文字通り寝るところ、テレビなんて要らない・・・と、小生は思っていたのですが、小さいのが欲しい・・・と言うのですね。

しかし、居間には 37インチのプラズマテレビ、ダイニングキッチンには 19インチと 7インチの 2台の小さな液晶テレビ、長女の部屋にも 19インチの液晶テレビがあります。
母屋の母のところにも 32インチの液晶テレビ
どこに行ってもテレビがありますから、テレビのない部屋があっても良いと思うのですが、どうしても欲しいと言います。2011092615500000

そこで、そういえば、昔 買った 14インチのテレビデオが押入れの中にあったはずです。
ビデオテープを見るために保存しておいたのですね。
しかし、それはアナログのブラウン管テレビです。
つまり、地デジチューナーがなければテレビ放送を観れません。

そこで、近くの電器の量販店に行ったところ、もう地デジチューナーは販売していないというのですね。

家内は、「寝室で見ている途中に眠くなるかもしれないので、録画機能の付いているものがいい。」と言います。

そこで、ネットで調べてみたら、その録画機能の付いた地デジチューナーがあったのです。
価格も手ごろだし、アナログテレビが壊れても、他のテレビの‘裏録り’として利用できます。2011092615510000

そういうわけで、先日、アマゾンに頼んでいたものが、本日 届きました。
それが、バッファロー製の DVR-1/1.0Tというもの。

簡単操作ですから、機械オンチと自称する家内でも使いこなせます。
HDDの容量が 1テラバイト、つまり 163時間も録画できるということですから、途中で容量が足りなくなるということはないでしょう。
画質もブラウン管ですが綺麗です。
家内は、満足だといいます。

それにしても、拙宅は、小さい家なのにテレビが多すぎます。
そういえば、小生の携帯にも ワンセグテレビが内蔵されていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

革命か反抗か

ある官僚の退職

本日付で、ある霞ヶ関の官僚が退職しました。
彼は、かねてから現在の官僚制度を内部から批判していました。
その結果、窓際に追いやられ、仕事も与えられず、自主退職になったようです。
それが、本日の国会 (衆院予算委員会)で話題になったようです。

具体的に、自民党の塩崎氏の質問に対して、民主党の枝野経産大臣は次のような趣旨の答弁をしていたと思います。

「個人的には、彼の意見には賛同する部分がたくさんある。しかし、官僚という組織の中にいる以上は、その組織に従わなくてはならない。話し合っている時は、意見を言うことは良い。しかし、一旦、決まったことは、自分の意に沿わなくても従わなければならない。」

カーラジオで聞いていたので、メモもとれず、小生の不埒な記憶で記しましたが、恐らく、そんな内容だったと思います。

しかし、塩崎氏は納得せず、「これは官僚によるパワーハラスメントで、それを追認した大臣や民主党の責任は大きい。こんなことでは、官僚の自浄作用が阻害されてしまう。」といった内容のことを述べたと思います。

小生は、そのやり取りをラジオで聞いていて、1952年のカミュとサルトルの論争を収める、『革命か反抗か』という本を思い出しました。

いずれにしても、体制を覆すには犠牲が必要で、いまのような世の中になるまで、こうした某官僚のような犠牲の蓄積があったことは事実でしょう。

しかし、だからと言って、日教組の「国旗・国歌を否定する」運動に賛成しているわけではありません。

現在でも、日教組の先生たちが職務を放棄して思想活動をしています。
そのひとつが、「国旗・国歌を否定する」運動ですね。
こうした運動を通して、古い体制から新しい体制へと導いて、よりよい学校環境を作ろう・・・というのが日教組の主張です。

こうしてみると、一見、本日退職した某官僚と、日教組の先生たちは、自己犠牲を厭わず、己の主張を通した英雄・・・だと見えますが、実際は、本質的に異なるのです。

本日退職した官僚は、日本の国益のために批判活動をしたのです。
そして、日教組も国益のためですが、それは、自国の国益のためではなく、外国の国益のためです。
つまり、日教組の活動は、自由・平等を唱えながら、実際には日本を破壊する活動をしているのですね。

国旗や国歌が否定されれば、国としての統一感が希薄になり、弱い国になってしまいます。

逆に、今の日本から、今のような既得権益ばかりに固執する官僚意識がなくなれば、もっと良い日本になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利権と国益

原子力 と 原始力

昨日の山口県の上関町長選挙で、原発推進派の現職が三選されたようですね。
どうしても原発に頼らなければならない町では、大事故を起こしている原発でさえも肯定しなければならないのでしょう。

反面、静岡県では浜岡原発のある御前崎市に隣接する牧之原市の市長が本日、「原発の永久停止」を表明するそうです。
原発の利権に頼らなくても自立できる・・・という要素もあるのでしょう。

原発肯定派の根拠としては、交通事故がなくならなくても、自動車は生産され、実際に運用されているではないか・・・というもの。

かたや、原発否定派の根拠としては、原発事故によって惹き起こされる放射能の拡散は、多数の人に及び、次世代以降にも影響を与える。したがって、交通事故との比較にはならない・・・。

そういうわけで、原子力の利権に係っていない人は原子力を否定し、文明生活が不便になっても原始力で頑張る・・・と、意欲をにじませているのですね。

ところが、政府は、原子力の活用を継続する意向みたいですね。
野田首相は先日、国連の場で世界に向けて、日本が原子力を継続することを明言していました。

これは、政府が原子力利権に、いまだに拘っていることも勿論ですが、国防という観点からも、原子力を止められない事情があるようです。

それは、原子力容器の中で生産されるプルトニウムに原因があります。
つまり、もともと原子力発電は、発電目的で発明されたものではなくて、原子力爆弾をつくるために発明されたものです。

その原子力爆弾に必要なプルトニウムを生産する際に、莫大な熱が発生するので、その熱が勿体ないのでその熱でお湯を沸かして発電でもしようか・・・ということになったわけです。

そこで、北朝鮮を含めた核保有国は、原子力発電所を建設したわけです。
ところが、日本やドイツは、核不拡散条約を批准していて、原爆は持たないということを国是にしていますから、原発によってプルトニウムが生成されても、それを爆弾に利用しないのです。

ところが、今年、日本で甚大な原子力事故が起きてしまいました。
それを見たドイツは、原子力を近い将来に放棄する宣言をしました。

ところが、事故が未だに続いている日本なのに、ドイツのように原子力を放棄できないのは、国防の問題があるのですね。

実は、日本は原子力発電を 30年も続けているうちに膨大なプルトニウムを蓄積することになります。

世界の感覚で行けば、これだけの量のプルトニウムがあれば、当然、原発を作るだろう・・・と考えます。

実際に、イギリスの有名紙は、毎年、日本は既に核を保有している と報じています。

実は、中国やアメリカ人の中でさえも、実際に日本は核を保有している と考えている人が多いようです。

いつのまにか、日本は核保有国としてブラックリスト ? に記されてしまったみたいですね。

これが、近隣国には脅威なんですね。
「日本は、核を放棄と言いながら、原爆の燃料を生産し続けている。たとえ、今、原爆を持っていないにしても、日本の技術力でもってすれば、明日にも原爆を保有してしまうだろう・・・」と思われているそうです。

実際に、あの北朝鮮が僅かなプルトニウムを持っただけでも、近隣諸国は大騒ぎになりました。

そういうわけで、今回の原発の事故を契機に、日本が原子力から手を引くことは、近隣国にとっては安心なんですね。
少なくとも、日本に対する核脅威は減ったことになります。

ところで、菅前首相が一時「脱原発」を唱えました。
その理由は、原子力発電の技術は、未だ確立したものではなく危険だ・・・というものですが、それはウソで、実際は、近隣国に諂(へつら) った政策だったと思われます。

だから、菅前首相のウソの政策は、次の首相にアッサリと否定されてしまったわけです。
原子力は、未だに日本では、利権と国益に適ったものなんですね。
それが、良いかどうかは別問題ですが・・・。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辻井伸行さんと N饗との共演

奇跡のピアニスト2

本日の NHK Eテレ、N饗アワーは、2年前にアメリカのヴァン・クライバーン国際 ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さんが NHK交響楽団と初共演した様子を伝えていました。

これは、今月、つまり 2011年 9月 4日、NHKホールで録画されたものです。

曲目は難関といわれる、チャイコフスキーの ピアノ協奏曲 第一番です。

彼は完璧にオーケストラをリードし、難関な曲を弾ききりました。

彼の指先を捉えていたカメラは、彼の奇跡の指先を追っていました。

彼の指先は終始 小刻みに震え、ピアノと一体になっていました。

小生にとっては驚きでした。

彼がこの難関な曲を完璧に暗譜していたからではありません。
彼は、曲を‘消化’していたのですね。

つまり、ピアノとともに、曲までもが彼の体の一部なんですね。

彼の弾く曲は体の一部ですから、彼は自由自在でした。

彼は、「マイスターやオーケストラが合わせてくれたので、自由に弾けました・・・」と感謝の意を、終了後のインタビューで言っておりました。

アンコール曲は、チャイコフスキーの「四季から」 11月 トロイカ
これもまた、楽しそうに弾いていました。

この曲を録画しましたが、残念ながら 放送ノイズが入ってしまいました。

ところで、来月の 10月 4日 (火) に 伸行さんのお母様、辻井いつ子さんが、静岡の焼津(旧 大井川町)の大井川文化会館に、講演に来てくれるそうです。
時間は 午後 1時 30分 から 4時まで。
入場は無料、定員は 800人。
問い合わせは、焼津市社会福祉協議会 TEL 054-621-2941 。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラタモリ 第3シリーズ

11月 10日 ( 木 ) から

Photo

東京やその近辺を散歩して、その歴史・成り立ちを語る番組、『ブラタモリ』 第3シリーズが、11月 10日から始まるそうです。

今までの第1、第2 シリーズが好評で、再放送・再編集も高視聴率だったそうですね。
小生も、シッカリ 録画して、何度も繰り返して鑑賞しました。
そういうわけで、視聴者から第3シリーズを望む声が高かったので、踏み切ったようですね。

どんな番組になるのか、今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑さ寒さも彼岸まで

墓参りPhoto_2

昨日は秋分の日でしたが、休日返上でした。
ですから、本日、墓参りに行って来ました。

台風の風が強かったので、わが家の墓の花が総て飛んでしまっているのかと思いましたが、誰かが綺麗に花を飾ってくれたようです。

さらに、墓石の掃除までしてありました。

誰なんでしょうか・・・

でも、有り難いですね。

父が亡くなって 17年ですが、今だ、こうして父の所に訪ねてくれる人がいるのですね。

一昨年、父の酒飲み友達が亡くなって以来、お墓に ワンカップ を供えてくれる人がいなくなり寂しく思ってましたが・・・。

それにしても、彼岸になり、急に涼しくなりました。
朝晩は、寒いくらいです。

季節の変わり目、体調を崩す人を多く見ます。

もう夏ではないのですから、衣装 も 布団の厚みも 変えていかなければならないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車が転落した ! ?

迷惑な電話

タイトルが「車が転落した・・・」といっても、今朝の新聞に記されていたように、災害復旧の車両が谷底に転落した・・・ということではありません。

拙宅の近所の側溝に、誰かの軽自動車の片輪が落ちた (脱輪) だけの話です。Photo

なにしろ休日なので、たくさんの 近所の暇な連中が集まりました。
集まった‘人種’をみると、小生のように 頭がハゲた者とか、白い者とか・・・。
威勢の良い若者はいないのですね。

腰が痛くない若い人が 2~ 3人集まれば、軽自動車の片輪ぐらいは持ち上げることが出来ます。

しかし、現実は、口は動いても体が動かない人が集まってしまいました。

見ると、その中の一人が消防署のレスキュー隊に電話しているのです。

「車が転落したから、引き上げに来てくれやぁ・・・」

そんなことで電話をされてしまっては、消防署も困ってしまったことでしょう。
どうやら、体よく断られてしまったようです。
当然ですよね。

そこで、小生が車のジャッキを取り出して、落ちた車を持ち上げました。
そこへ、隣の奥さんが持って来た木の板を敷いて、その上に落ちた片輪を降ろして、道路に戻してあげました。

その様子を見ていた‘ギャラリー’たちは、「それでよい。」と肯 (うなず) いていました。

どうやら、この街も、‘監督’ばかりで‘選手’が少ないようです。

「ゴキブリが出た ! ! 」と、110番に電話する人もいるとか・・・
緊急電話は、ほどぼとに。

( イラストは、グーグルの画像より )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休日出勤

台風被害の整理

先日、日本列島を襲った台風 15号。typhoon
各地で甚大な被害をもたらしたようですが、弊社でも建屋や資材に影響がありました。

まず、建屋ですが、屋根の一部が吹き飛び、鉄骨の看板も大きく曲がってしまいました。
昨日は、操業の合間にその修理をしました。

さらに、本日は、資材置き場に置いてあった、資材や製品の洗浄作業をしています。

強い風圧で、飛来してきたゴミが、資材や製品の隙間の奥まで入り込んでいたからです。

今回の台風で汚れた自家用車などを洗車した人は分ると思いますが、塩分を含んだゴミが車体に付着していました。car
それが、車の隙間から、車体の奥まで入り込んでいました。
ですから、ガソリンスタンドの自動洗車機を通した後も、暫くの間、汚れが車の中か出てきます。
つまり、ボデーの表面だけではなく、ドアの内側も塩分を含んだゴミが入り込んでいましたから、それを洗い流さなくてはなりません。

また、暴風で固定してあったはずの資材が散乱してしまったので、それを整理しています。

そういうわけで、本日は休日返上です。weep

もしかしたら、明日も休日が返上になるかもしれません。
台風で吹き飛ばされた拙宅の雨どいを直したいのですが・・・。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建屋がフッ飛ぶかと思いました。

台風 15号、猛威

スゴカッタですね。台風 15号・・・。

静岡県の浜松付近を、午後 2時頃に上陸したそうですが、当地では、午前 10時頃から雨が強くなり、そのうちに暴風が吹き荒れ、会社の建屋がそれに煽られて大きく揺れました。

これって竜巻 ?

そんな感じでした。
突然停電になり、操業がストップ。
自宅に連絡すると、自宅のほうは電気が通っているので、大学が休校になった長女は、ビデオ鑑賞をしていたようです。

でも、帰宅すると、家のトイが、風で外れていました。
庭の木は、荒れてしまい、鉢物は散乱していました。

隣の家のカーボートの屋根は吹き飛び、裏の家の金魚槽のフタも吹き飛び、拙宅の庭に散乱していました。

長女に聞くと、この 築 30年の木造住宅は、まるで小船のように揺れていたそうで、二階でテレビを観ていても船酔いをした気分になり、生きた心地がしなかったようでした。

川を見れば水位が上がり、溢れそうでした。
店の看板は、ところどころ飛ばされ、それらが道路に散乱していました。

国道では街路樹が道路側に倒れて、警察官らがそれを片付けていました。

午後 5時ごろには急に雨が止み、残った強い風で、一気に道路が乾いてしまいました。

そして、午後 6時ごろには風も止み、あの暴風雨がウソのようでした。

現在、その台風 15号は東北地方を襲っているようですね。

153

さらに、午後 10時 30分ごろには、茨城県日立市で震度 5弱の地震が発生したとか・・・

台風と地震とで、大変ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台風 15号、甚大な被害に

大雨、そして強風

今朝の 7時に、長女のところに学校からメールが。
どうやら、台風の接近で 休校になったようです。

「バンザイ、眠れる ! 」と、長女は布団に逆戻り・・・。

しかし、テレビのニュースを見てみると、各地で甚大な被害が出でいるようですね。
とくに、前回の 台風 12号の傷跡が癒えないときだけに、前回で罹災したところでは、たいへん不安に感じているようですね。

その台風が、小生が住んでいる静岡にも向かっているようですね。
さっそく、早朝に、自治会から、「水門を動かすから出動するように。」という連絡が入りました。

当地では、河川 (管轄 - 国交省)にしても 用水 (管轄 - 農水省) にしても、既に水路が整備されているので、最近は水災害はなかったのですが、今度の台風は、想定外な雨量ということで、一気に山から水が流れてくるだろうと予想されるからです。

現在 (21日 午前 8時) のところ、台風 15号は紀伊半島に接近していて、静岡では、風も雨も止んでいますが、暴風雨警報が出ています。
低いところでは、土嚢を積んで、台風の接近に備えています。

15

【追加】 当地では、8時 30分に洪水警報が出ました。
今のところ、当地では台風による風雨が小康状態ですが、当社では、増水に備えて資材などを固定する作業をします。

152

(画像は、ヤフー・ニュースより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/3200 は、安全か 危険か

アメリカの人工衛星が落下する

まずは、マスコミの報道から・・・Uars

20年前に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の大気観測衛星「UARS」(重さ約5・6トン - 写真)が23日前後に大気圏に再突入し、その破片が地球上に落下する見通しであることがわかった。
破片の落下場所は特定できていないが、今のところ日本を含む北緯57度から南緯57度の広い範囲が対象となっている。NASAは、人口密度などをもとに計算し、破片が誰かにぶつかる確率は3200分の1と推計した。
NASAの発表によると、UARSは1991年にスペースシャトルで宇宙へと運ばれ、高度約580キロの軌道を周回していた。2005年に運用を停止後、徐々に高度が下がり、現在は、高度225~250キロ。
NASAの試算によれば、機体の大部分は大気圏突入時に燃え尽きるものの、最大158キロ・グラムの構造物を含め、部品26個(計532キロ・グラム)が燃え残り、地球上へと落下する。 【2011年9月20日10時17分  読売新聞】

いまや地球上の人類は 約70億人といわれ、そのなかの誰かに当たる確率が 1/3200 ということで、その人類の中で自分に当たる確率は、23兆分の 1 なんだそうです。
さらに、自動車や建物など、人工物に当たる確率は更に高くなるだろうということで、この人工衛星落下が物議をかもし出しています。

宇宙研究センター「エアロスペース・コーポレーション」によれば、宇宙開発が始まってから今までの 50年間に およそ 6000トンの人工物が大気圏で燃え尽きずに地球へ到達している。
そして、毎年、約 400ヶの宇宙ゴミが燃え尽きずに、地上に落下しているんだそうです。
さらに、実際に、人に当たったことがあるという記録もあるそうです。

さて、実際に、この衛星が落下して損害を被った場合、どうなるのでしょうか ?

そこで、1972年に宇宙損害条約というものが国連で発効されたようです。
その内容を要約すると・・・・

衛星などの宇宙物体によって地表や飛行中の航空機に与えた損害については、その物体の打ち上げ国が無過失責任を負う

・・・ということになっているようです。
つまり、今回の衛星の落下で怪我などをした場合は、アメリカに損害賠償を請求することになっているようですね。

ところで、宇宙からの落下物に関しては、こんな記事も
お寒いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

敬老の日

独りの方が清々する ?Photo

本日は、敬老の日。各地でこの日にまつわるイベントが開かれているかと思いきや、何もないのですね。

既に、自治会の敬老会は 先週までに すべて終っていたのです。

どうやら、この日は、家庭でゆっくりと老人と一緒に暮らして、敬い感謝しようという趣旨のようです。

しかし、実際には、ほとんどの老人は、若い家族と一緒に暮らしていないのが実情で、若い世帯とは別の世帯で暮らしていたり、施設に入って暮らしているのがほとんどのようです。

そのほうが、互いに暮らしやすいというのですね。

独居老人・・・なんて言葉が珍しくなくなった今、敢えてこの言葉を使う人も減ったような気がします。

しかし、それは自立しているからこそ出切ることだと思います。

今は、なんとか年金制度が保たれていますが、今後、こうした制度が成り立たなくなることは誰もが感じていること・・・

経済的に自立できない老人が増えることが予想され、そのときは、家庭内で若い世代のお世話にならざるを得なくなるでしょう。

でも、こうした異世代との同居生活は、世界的に見れは当たり前のことで、老人が独立して生活できているのは、先進国の中でも、限られた国でしょう。

少子高齢化が進めば、老人の経済的な独立が難しくなることは当たり前で、そうした未来を持つ我々日本人は、家庭生活について考え直さなければならない時期に来ているのかもしれませんね。

また、今は、身体的に健康な老人が多いのですが、今後は、身体は健康でも精神的に自立できない人が増えるだろうと予想されます。

つまり、認知症の割合が増えてくるでしょう。

介護の世界では、身体的な介護はカネになりますが、精神的な介護は、面倒なだけでカネにならないので、敬遠されがちです。
そうなると、家庭内介護の問題が起きるのでしょう。

つまり、カネもないのに認知症になるかもしれない小生は、いったい、どうなるのでしょうか ? ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

しばらく貸してくれ・・・

占領されてしまったかも

どうやら、娘の大学の研究では、どうしても複数のパソコンが必要らしいのです。
そこで、ブログのときにしか使わない小生のパソコンに目をつけられてしまったようです。

娘によると、パソコンを持ち歩くのが面倒のようで、学校には学校専用。家には家専用のパソコンがあったほうが便利なんだそうです。

そういうわけで、暫くの間、小生のパソコンは、占領されてしまいそうです。

仕方がないので、モバイルからの投稿です。

モバイルからでは、どこからでも投稿できますが、写真の貼り付けや他のサイトとのリンクの仕方が面倒です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

火災報知器の電池切れ

どこかで虫が鳴いている・・・Photo_3

夜になると元気な母ですが、最近、家の中に大きな虫がいる・・・と騒いでいました。

母は、部屋から、ときどき「キッ ! 」「キッ ! 」と虫の鳴き声がすると言います。
その鳴き声をたてる 大きな虫も見た・・・とも言います。

母は、昔から,外のコオロギの音に対しても神経質でしたから、その音が気になって仕方がない様子でした。

確かに、ときどき、あちらこちらから 「キッ ! 」「キッ ! 」と虫の鳴き声のような音がします。

そこで、耳を澄ましてよく調べてみると、どうやら一昨年に設置した 家庭用の火災報知器から断続的に音が出でているようです。

2011091513530000 2011091513360000 2011091513320002

そこで、その火災報知器から電池を外してみると、一連の‘虫の音’は啼き止みました。

「たしか、この装置の電池の寿命は 10年だったかな」と思いながら、電池の残量を調べてみたら、まだ、十分に電圧がありました。

ところが、その警報機の内側に、電池の交換時期の目安が記されていて、どうやら 1年毎に電池交換しなければならないようです。この貼り紙によれば、交換期限 10年というのは、電池ではなくて本体のことなんですね。

2011091513370000

ところで、その乾電池は 9V用でして、拙宅に在庫がありません。

2011091513390000

仕方がないので、近所の電器屋からその電池を買ってきました。

そこで、他の部屋の火災報知器も点検したところ、そちらのほうは、また違う種類の乾電池でした。どうやら 3V用の太い電池です。

2011091513420000 2011091513310000

2011091513320000 

家庭用火災報知器には、特殊な電池を使わなければならない設計になっているのでしょうか ?

こうして、母の部屋からは虫がいなくなったのですが、母は なにか寂しそうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手締め

一本締め と 一丁締めPhoto_2

昼間のカーラジオを聞いていたら・・・・

総会やパーティー、忘年会の閉め・・・ということで、「お手を拝借 ! ! 」ということがありますね。

今では 三・三・七拍子なんては、運動会の応援ぐらいに使うぐらいで、部屋の中では一本締めが主流です。

シャシャシャン・シャシャシャン・シャシャシャン・シャン ♪

この拍手を 3+3+3+1 という具合に、9+1 回する理由は、
漢数字の『 九 』に チョン と付けることによって、「丸く納める」という意味があるそうです。

しかし、最近は、「シャン」だけの、一本締めが多いですね。

これは、「一発で合意 ! ! 」 という互いの心意気を確かめ合うための締めなんだそうです。

これを小生の地方では 「関東一本締め」なんて言いますが、本当は「一丁締め」というのだそうです。

いずれも、由来は東京浅草の三社祭りから来たものとか・・・

そこで、ネットで「一本締め」「一丁締め」とを調べてみますと、小生と同じような誤解をしていた人いました。

何か、安心しましたが、これからは、間違えないように気オつけたいと思います。

ついでに、締めの掛け声に「いょーお ! 」と、言いますが、それは「祝おう」という言葉が変じたものなんだそうです。
ですから「せーの ! 」で締めを始めるのは、本来の趣旨とは違うようですよ。

目からうろこのラジオ情報でした。

( 写真は、境川部屋の初日前日の手締めの様子 )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベトナムの竹食器

食べにくい

もうすぐ彼岸だというのに、暑い日が続きますね。

先月行った ベトナム よりも蒸し暑く感じます。

さて、ベトナム土産についてですが、こんな食器がありました。

2011091410490000

箸置きの代わりでしょうか、食器に穴が開いているのです。

2011091410490001 2011091410500000

実際に食べ物を入れると、気オつけて食べないと 穴から汁がこぼれるのですね。
また、ヘリの段差からも汁が洩れる・・・。

ということで、実に食べにくい。
これは、竹の寄木細工として工芸品として鑑賞するものなんでしょう。

2011091410510000 2011091410500001

また、四角の皿も竹で出来ていますが、どうやって加工するのでしょうか。

非常に軽いのですが、独特の匂いが強いのですね。

【追加】

Photo
本来は、ベトナム漆の椀物になるみたいですね。

(写真は、ベトナム漆器 より)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

咳が止まらない・・・

貼り薬をもらう Photo

先日、先輩の趣味である焼窯づくりの手伝いをしたのですが、それ以来、咳が止まりません。

うがい薬で ガラガラ やっても効果なし。

汗をかいで身体を冷やしすぎたのか、塵や埃を吸ったのが原因なのか・・・
はたまた、稲アレルギーなのか・・・
とにかく昼夜を問わず、咳が出るのですね。
咳が続くと息もできず、死ぬかと思うぐらいでした。
これでは夜も眠れないということで、いつもお世話になっている内科医を受診しまた。

以前、風邪の咳で受診した時 処方された 去痰薬や 咳止め薬が余っていたので、それを服用しても咳が止まらない旨を申し出ました。

すると、その医師は、あらたな咳止め薬ということで「貼り薬」 ( 貼付薬 - チョウフヤク ) を処方してくれました。

こんなペラペラの紙を皮膚に貼っただけで効果があるのか疑問に思いましたが、貼ってみると確かに気管が広がって咳が収まった感じがしました。

・・・でも、暫くして、ふたたび咳が出始めました。

そこで、子供の咳に使ったことがある「ディプス・デポラップ」という塗り薬が家の中にあることを思い出したので、それを探し出して、胸や首に塗ってみました。
すると、なにか、効果があるような気がしました。

・・・でも、またまた、咳が出始めてしまいました。

そういえば、小さい頃、咳が止まらなかったときに蜂蜜をお湯に溶かして飲んだことがあることを思い出して、それを飲んでみました。
すると、なにか、効果があるような気がします。

でも、再々度、咳が復活します。

この強情な咳。なんとかならないものでしょうか ?

【追加】

そんな せっかちな小生を見た家内は、「薬なんてそんなに早く効くもんじゃないわよ。貼り薬なんて時間をかけてジワジワ効くものだから、ゆっくり構えなさいよ。」

小生は、家内から見れば、子供よりも子供のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガソリンスタンドの地下タンク

廃業を加速 ?

昨日、臨時休業していたと思っていたガソリンスタンドですが、どうやら廃業するみたいです。

原因は、この法令

東北地方では、震災もあいまって、ガソリンスタンド業から手を引く人も多いようですね。

でも、過疎地でスタンドが無くなってしまうのも困ります。

わざわざ給油のためだけに隣の隣町に行かなければならないという事態にもなりそうです。

安全のための法令遵守。
仕方ないと言えば、仕方ない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カードのポイント

バカにならない

カードと言っても、クレジットカードのことではありません。

そもそも、小生はクレジットカードを持たない主義です。
あんな便利なものを持ったら、小生の性格上、カード地獄に陥ると思ったからです。

しかし、海外や国内のホテルの中には、カード決済のみで現金は受け付けないところがある・・・なんて、某銀行に脅かされ、渋々カードを作ったことがありました。

ところが、実際に海外に行くと、全てのところで現金 OK で、カードを使わなくても良かったのでした。

そういう訳で、帰国するとスグにカードを破棄しました。Photo

また、小生は各種ポイントカードも持たない主義でした。
なにしろ、ポイントのために余分なモノを買わなければならないなんてバカらしいと思ったわけです。

ところが、家内はポイントカードが大好きで、貯めたポイントを見てはニンマリしています。

さて、本日、いつも行っているガソリンスタンドに行ったところ、臨時休業でした。
そうしたら家内が、「私の行っているガソリンスタンドに行こう・・・」というので行ってみました。

そして、家内のプリペイドカードでガソリンを入れたところ、小生が行っているところでは 146円/L なのが、141円/Lで入れることが出来ました。
さらに、今回の給油で 1500円の商品券と交換できるというのですね。

つまり、それで 軽自動車のエンジンオイルの交換が出来るというのです。

スゴイですね。

家内は、今度、そのポイントでオイル交換が出来る・・・と、ニコニコでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

登り窯づくり

ゲイジュツの秋

12日は、中秋の名月なんだそうですね。
なのに、昼間は炎暑。
体調を崩してしまいます。

さて、そんな秋の休日なんですが、小生を休ませてくれない人がいます。
それが、昔、お世話になった 職長。今風に言えば「工場長」ですね。

御歳、78歳ですが、今も元気です。
彼の趣味は「焼き物」ということで、退職して15年前に自分の窯 (かま) を持ちました。

・・・というと聞こえは良いのですが、実際には知り合いの山に勝手に入り込み、勝手に窯を作ってしまったのです。
しかも、自分は指図するだけで、実際に作ったのは、われわれ若手 (昔は若かったのでした) です。
一口に窯を作ると言っても、大変な作業。
山を切り開いて、土を盛って、レンガを重ねるのですね。coldsweats01

さらに、炭をつくり、その炭で焼き物を焼くのです。
それを、会社の休みの日にするのです。

もちろん、我々はタダ働きです。weep

そうして出来た焼き物を文化祭に出展するのが彼の夢ですが、どうしてもうまく行かないのですね。

鉄の焼入れと違って、土の焼き物は、高い温度で長時間焼かなければならないので、その温度の管理が大変なんでしょう。

そのうちに、職長は床に伏すようになり、出展も諦めたかのように見えました。

ところが、今春、電話が鳴り、焼き物作りを再開するというのです。

小生は、会社が変わって忙しい・・・という理由をつけて難を逃れたつもりでしたが、小さい村ですから、小生が暇であることがスグにバレてしまいました。

そうして、本日の‘強制参加’となったわけです。weep

久しぶりに窯を訪れてみますと、以前よりも更に立派です。
職長は、他の地方から来た人と友達になって、共同で窯を運用しているようです。

相変わらず、小生を小僧のように使います。
もたもたしている小生を見て、職長は「お前も歳を取ったな・・・」だって。
慣れない仕事は疲れるのです。

しかし、そんな職長を見ていると、いつまでも夢を持つことは素晴らしいと思いました。
と、同時に、迷惑とも思いました。
まぁ、ある意味、いつまでも頼って声を掛けてくれるので、有り難いですね。

以前は、社会の風習として、先輩には「絶対服従」でした。
そんな習慣は、今でも我々の間に残っているのですね。

そういうわけで、明日は、どんな理由でサボろうかと必死で考えています。bleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国民の犠牲は仕方がない ?

自国は特別

明日で、9.11 が 10年目を迎えます。
アメリカのグランド・ゼロでは慰霊祭が行われるそうですね。

「これは戦争だ ! 」と、当時のブッシュ大統領が叫び、今年になってようやく テロの首謀者の殺害に成功しました。

しかし、報復が報復を呼び、アメリカの戦争は永遠に続きそうです。

さて、9.11は、アメリカにとっては、日本のヒロシマ・ナガサキみたいなものなんだそうです。
つまり、アメリカの中枢への同時攻撃は、それほどアメリカ人にショックを与えたことになります。

ところで、ヒロシマに原爆を投下した爆撃機の搭乗員が、「多数の民間人の犠牲が出たことについてどう思うか。」という質問に、「戦争をしている国民だから、犠牲を負うことは仕方がない。」と答えていました。

・・・ということは、世界各地の紛争に介入しているアメリカの国民は、テロの報復に遭うことは仕方がないと言うことになりませんか ?

それとも、自国だけは特別なんでしょうか ?911

多くのアメリカ人は、ヒロシマへの原爆投下は、戦争を終結させるために必要な行為だったと思っているようです。

・・・ということは、アメリカへのテロ攻撃は、アメリカの世界各地の紛争への介入を阻止するために必要な行為だったということになるのでしょうか ?

小生が、10年前に世界貿易センタービルに、旅客機が突入している映像をみて、「アメリカはそれほどまでに憎まれているのか・・・」と思いました。

戦争をしなければ、自国の経済が成り立たない・・・。
それが、世界経済の史実です。

そこで、民主党の前原政調会長は、アメリカで日本の武器輸出三原則の見直しを唱えました。日本の防衛産業の国際競争力を高めることなどが理由のようです。

日本は共産圏をはじめ武器輸出を全面的に禁じてきました。
しかし、冷戦が終わり、実際には「なし崩し」が出始めていました。
自公連立政権は04年、米国と共同開発したミサイルの第三国輸出を認めています。

それに対して、テロリストらは 日本をテロの対象としています。
それが、現実なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正直に、真面目に

被災者が野田新首相に

朝のテレビニュースを見ていたら、民主党の野田新首相が福島県の被災地を訪れていた様子を映し出していました。

そのなかで、被災者が野田首相に 「正直に、真面目にお願いします。」と言っていました。

・・・ということは、これまでの政府の対応は、正直でもなく真面目でもなかったと言うことでしょうか。

このように、被災者をはじめ国民は、民主党政権に対して厳しい目を向けているということですね。

本日、野田首相は 台風 12号で甚大な被害を受けた紀伊半島を訪れるそうです。
ところが、本日の天気予報では、紀伊半島地方に 再び雨が襲うということです。
紀伊半島には、家族を亡くしても陣頭指揮を執り続ける首長もいます。
そんな紀伊半島の人たちの復興の邪魔にならないように願うばかりです。

・・・ところで、なぜ、今頃、行くのでしょうか ? ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川下りに天下り ?

安全対策 ?

帰宅時のカーラジオを聴いていたら、こんなニュースが・・・

先月、水難事故を起こしてしまった「天竜川くだり」。

その安全対策として、常勤の取締役を増やすそうです。

そもそも、あの事故は、取締役が少なかったから起きたのでしょうか ?
取締役を増やせば、防げた事故だったのでしょうか ?

ところで、その新しい取締役はどこから来るのでしょうか ?

同社の会長を務めている 川勝静岡県知事の静岡県庁から来るのでしょうか。
それとも、管轄省の国土交通省から来るのでょうか。
それとも、外郭団体から来るのでしょうか。

それとも、その OB から来るのでしょうか ?

誰がなるのか、注目したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金色の彼岸花

季節は、秋に

日中は 30℃を超えても、明け方は 20℃を下回るほど寒暖の差が開いてきました。
こんな具合ですから、会社でも鼻をムズムズしている人が多いようです。Photo_4

また、台風の強風で飛ばされた稲の花粉で、花粉症を発した人も多かったとか。
アレルギー体質の人には、ちと、苦しかったですね。

さて、この季節の拙宅の庭を見ると、朝顔も終ってしまい、花らしい花といえば、季節外れのシクラメンが一輪咲いているぐらいです。

そこで、隣の家に目を移すと、なんと、金色に輝く彼岸花が咲いています。
その立派な様子に、思わず写メしてしまいました。

Photo_3 2

そろそろ、近所の土手にも赤い彼岸花が咲く頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ、半年

北海道 六花亭

あの悪夢のような大震災、大津波。そして今も続く原発の暴走、放射能汚染。
3.11から半年が経とうとしているのに、政府は相変わらず権力闘争に明け暮れています。
そうしているうちに、台風 12号による大雨災害が日本を襲いました。
新しい首相は、そろそろと被害地に行くそうですが、今になって何をしに行くのでしょうか。

だいだい、災害復興で、政府は何をしたのでしょうか。

頑張ったのは、被災者自身です。
そして、自衛隊、警察、消防。そして民間のボランティア。

いったい、ボランティアと政府との連携を取るために就任した辻本清美氏は何をしたのでしょうか ?

そんななか、静岡県のボランティアたちも組織を形成して、今も尚、波状的に被災地に人やモノを送り出しています。
是非、そんな様子を、今の国会議員にも‘窓越し’ではなく、じっくりと観てもらいたいと思います。

さて、北海道からの航海から帰ってきた次男の土産にこんなのがありました。

それは、北海道の銘菓、六花亭雪やこんこ。(左)
そのなかに、特別バージョンがありました。(右)

Photo Photo_2

日の丸をあしらった袋には「今 ここから 復興の一助になりたい。」と記されていました。

ハートが可愛らしいですね。
六花亭の優しさが伝わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強盗が正当防衛 ?

他人の家に侵入したのに・・・Photo

カーラジオを聞いていたら、こんなニュースが・・・

今年 4月、静岡県の某市で、中国人の強盗が民家に侵入したそうです。
そうしたら、その家の人に見つかってしまったので、その家人をハサミで刺して逃走したそうです。

その裁判が、本日あったそうですが、犯人は犯行を否認したというのです。

なんでも、酒に酔って、自分の家だと思って間違って他人の家に入ってしまった。
そこで、他人がいたのて、正当防衛で刺してしまった・・・というのです。

中国人の‘いいわけ’には、いつも驚かされます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝、悠仁さま 5歳のお誕生日

お健やかにご成長Photo_2

秋篠宮家のご長男、悠仁さまが、本日、5歳のお誕生日を迎えられました。

マスコミでは、悠仁さまの お健やかなご成長の様子を報道していました。

動物や車に ご関心の様子。
聡明なお顔立ちを拝見すると、日本の明るい未来がうかがわれます。
宮内庁は、悠仁さまの健やかな成長を願う皇室の儀式「着袴の儀」を、今年 11月に行う方向で調整 を進めているそうです。
今後の更なるご成長を祈念いたします。

(お写真は宮内庁提供)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党「臨時国会が楽しみ」

絶滅寸前、永田町の‘どじょう’?

日本に棲む ドジョウの中には、絶滅危惧種もあるとか・・・

さて、最近、出没した永田町の汚泥に棲む‘ドジヨウ’が、はやくも絶滅しそうです。bleah

早速、野田首相に外国人献金問題が浮上。
外国人からも献金を戴き、外国人に融通を効かす・・・というのが民主党の体質ですから、誰が首相になっても同じことでしょう。
民主党は、まったく主権国家の意識のない体質ですね。

さらに、小沢グループから入閣した一川保夫防衛相
彼の5日の就任記者会見が、はやくも追求の的になりそうです。

彼は、就任早々 2日に、「安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と発言してしまった。
それについて「あらゆる分野で国民的感覚、一種の素人的な感覚でしっかり対応したいというのが自らの政治姿勢だ。そういったことが、そういう発言になったかもしれない」と釈明してしまった。
そして、彼は文民統制の意義については「民主主義国家においては、最終的に政治の責任でしっかり政策を判断していくということだ」との認識を強調してしまったのです。

軍隊を統括制御するのは軍人ではダメ。文民がそれをすることによって、軍部の暴走を防ぐことが出来る・・・というのが、シビリアン・コントロールの意義です。
だから、アメリカ軍の最高司令官は、文民である大統領。
日本の場合は、首相。
そうして、軍事政権独裁化を防いでいるということです。

そもそも、その日本のシビリアン・コントロール自体に欠陥があるのですから、一川保夫 新防衛大臣が間違っても不思議ではありません。
日本の場合は、文民統制というよりも、文官統制というように官僚によって統制されているのが実情。( 制服組 と 背広組 )
つまり、自分に係る利権にのみ興味があるだけで、軍事にはまったくの素人の官僚が自衛隊をコントロールしているのですね。
これで本当に日本を守れるのかという議論があります。
いずれにしても、国家の主権を守る防衛大臣に ド素人がなるポストではないでしょう。
恐らく、これで、一気に自衛隊の指揮は下がったと思います。

これを見ていた中韓は大喜びではないでしょうか。
さすが、小沢一統の子分です。確信犯ですね。

おそらく、自身の献金問題と相俟って 野田新首相の防衛大臣の任命責任も問われるでしょうね。

また、拉致担当相も、小沢派の番頭の山岡氏。
最初からやる気なんて覗えません。
これで、北の将軍様も ニヤリでょう。

ツッコミどころ満載の新内閣。
もう、自民党は、今度の臨時国会が楽しみで仕方がない様子です ♪

いずれにしても、自民党にも民主党にも、「震災」「原発事故」というフレーズは頭にない様子ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台風の爪あと

緩んだ地盤

牛歩台風がようやく去りました。
この台風のお陰で、観光茶屋の賄婦のアルバイトをしている家内は、観光バスが来ない・・・と、嘆いていました。

しかし、今までの荒れた天気がウソのように晴れ上がり、無風で波も穏やかです。

ところが、内陸部を見ると、信じられない光景が続いています。
紀伊半島では、土砂崩れ、決壊した川などで、水害が拡大しています。

当地静岡でも、山間部に目を向けると、各所で土砂崩れがあります。Photo
大井川に架かる世界最長の木造橋という「蓬莱橋」の橋脚も、数箇所 流されてしまったようです。

台風が去り 晴れたとはいえ、まだまだ山間部などでは水を含んでいて崩れる可能性があります。

ですから、通行する人は要注意ですね。
特に、夜間は見えにくいですから、危険な箇所は避けたいものです。

・・・そうは言っても、仕事だから避けては通れぬ・・・といった人が多いと思います。
そう言う人は、運を天に任せて通行するしかないですね。
小生も、その一人です。

そういうわけで、皆さまの安全を祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しらけ世代

日本を支えられるのか ?

本日の『静岡新聞』のコラム「大自在」には、こんな記事が・・・。
この記事を読めば、だいたい誰がこれを記したか大凡の見当が付きます。
さて、これを要約しながら解説すると・・・

団塊の世代の下、1950年後半世代は「しらけ世代」と呼ばれ、無気力・無感動・無関心の「三無主義」と揶揄された。

そうです。「 ♪ しーらけ鳥、飛んで行け、南の空へ、みじめ、みじめ・・・♪ 」の時代は、まさに小生の時代です。新人類ともよばれ、何を考えているのか分らないとも言われました。

この世代の特技は「団塊の世代の後片付け」だとか。

そうです、団塊の世代の食べ散らかした残飯の片付けから、介護施設に入所する団塊の世代の下の世話もする世代です。

57年生まれの野田佳彦首相は、まさにしらけ世代。団塊の世代菅直人前首相が時折見せた妙にはしゃいだようなパフォーマンスとは無縁だ。「年齢の割には老成している」と評されるのもうなずける。

ただ、呆れていて、それに反応するのも面倒なだけです。

だが、「野田丸」の船出に最も しらけていたのは被災地の人だろう。

別に、しらけ世代が「野田丸」の船長になってしまったから 被災地はもとより国民全体が しらけているというよりも、むしろ、今度も民主党だから しらけている・・・と言ったほうが正確ではないでしょうか。
たから、だれも野田内閣に期待をしていないと思っていたら・・・

きのうの朝刊に載った全国世論調査の内閣支持率は 62.8%。国民は3度目の仏の顔を見せた。

仏の顔も三度まで、次は許さないよ・・・と言いたいのでしょうか。
小生は、内閣支持率の数値の高さに驚きました。
恐らく、この調査は捏造でしょう。
だって、小生の周囲を見渡しても、内閣が代った・・・ということを話題にする人なんて一人もいませんものね。

それよりも、台風 12号、放射能汚染のほうが心配です。

ところで、泥の中に棲息する「どじょう」のなかには、絶滅危惧種もあるとか・・・
永田町に棲息する「どじょう」は、はたして絶滅危惧種なんでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛歩台風

長い雨で地盤が緩むPhoto

巨大な台風が、日本に居座ったままです。
そのために、各地で大雨が降り、積算雨量も記録的なものです。

当地、静岡でも がけ崩れなどか頻発し、鉄道をはじめ道路が寸断。
交通渋滞を惹き起こしています。

拙宅の近くでも道路が冠水。自動車が埋まってしまいました。
また、山の下に住む友人宅も、近くの公民館に避難しています。

ニュースを聞いていると、全国各地で大雨による被害が報告されているようですね。
この大雨をコントロールして、事故を起こして暴走している原子炉を冷やすという具合には行かないものでしょうか ?

そういうわけで、本日予定されていた地区の自治会の体育祭も 11日に延期。
でも、11日は、小生は他の予定が入っていて、今年の体育祭には出れそうにもありません。
この地域の体育祭の景品は、良いものが多いだけにザンネンです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蒸し暑い・・・- 2

午前 3時て゜、気温 27.2℃

12

台風 12号が牛歩で日本に接近しています。
どうやら、高知県に上陸するということで、各地に甚大な被害をもたらしているようですね。

こちら静岡では、雨はそんなでもありませんが、気温が高いのですね。
なんと、午前 3時 時点で、摂氏 27.2℃ と、テレビでは伝えていました。

拙宅の寒暖計を見ても、30℃を超えています。

台風から送られた、太平洋の湿った高温の空気が静岡を襲っているようです。

家内は眠れないということで、遂に眠剤を服用しました。
小生も眠れないので、家の周りを点検しつつ、散歩しました。

そうすると、なんと、静岡では雨も止み、晴れ間も覗いているのです。
不思議な天気ですね。
天気予報では、雨 100% という予報だったのに・・・。
さらに、5時頃になると、セミも鳴き出した・・・。

でも、これから台風が上陸するのですから気オつけなければなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸し暑い・・・

9月になったけど・・・

時計を見ると、9月になって 1時間が過ぎました。

実は、蒸し暑くて眠れないのですね。

普段なら、窓を全開にして冷たい夜風を入れるところですが、台風 12号が接近しているということで、家中を締め切っています。
空気が乾燥していれば、ピンと張った障子ですが、今見ると、小生のお腹のようにダラーと弛んでいます。

・・・・そういうわけで、夜になると元気な母は、暑くて眠れないので、いよいよ元気です。

母の部屋にはエアコンがあるので、それを点けて寝ればよい・・・と思うのですが、そうすると風邪をひいてしまうのですね。

なかなか年寄りの身体は デリケイトです。

さて、スポーツニュースを見ていたら、昨夜、ボクシングの亀田興毅選手がバンタム級の防衛に成功したとか・・・。

彼は、二度目の防衛なのに「申し訳ない」と、コメントしていたそうです。
また、謝らなければならないような ショボイ試合をしたのでしょうか ?

亀田興毅選手は三階級制覇しているんだそうですが、その割りに世間は沸かないですね。Photo

それよりも、最近、タレント活動している具志堅用高さんの時代の方が沸きました。
だって、本当に強かったですからね。

具志堅さんは、小生と同世代なんですが、神様のような存在でした。
なのに、タレント活動で軽くなってしまった感じで、ちと、ザンネンな気もします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »