« 銀行よ、税金を払え ! ! | トップページ | 瀬戸際のチカラ »

つかむ物がないと

飛んでいくPhoto

学校が夏休みの今、NHKラジオでは『こども科学電話相談』という番組を放送しています。
子供たちのさまざまな疑問を、その道の専門家の先生たちが丁寧に答えるという趣旨です。

この番組は、子供だけでなく、大人も楽しめます。
知っているようで知っていないことが たくさんあることに気付かされます。

さて、本日の質問の中に「てんとう虫は、どんな時に飛ぶのか ?」みたいなものがありました。

その質問に対して、昆虫専門の先生は「虫は、つかむ物がないと羽を広げて飛ぶ性質がある」というのですね。

つまり、枝を登って行って、先端まで行って、もうこれ以上つかむところがなくなると、羽を広げて飛ぶというのです。

また、何かのひょうしで、ひっくり返ってしまったとき、足をバタバタさせるのですが、もう足で何もつかめないとなると、羽を広げて、ドッコイショと直るわけですね。

そんな性質が、昆虫にはあるんだそうです。

そういう話を聞いた小生は、なにもそれは昆虫だけではない・・・と思いました。

人間だって、つかむところがないと飛んでいくと思います。

熟年離婚だって、男性につかみ所がなくなると、女性は離れていきます。

仕事だって、会社が満足な給料を払わないようでは、従業員は離れていきますよね。

ですから、つかむ物がないと飛んでいくのは、なにも昆虫に限った性質ではないと思いました。

カネの切れ目が、縁の切れ目ともいいます・・・。
ちと、寂しい話でした。

|

« 銀行よ、税金を払え ! ! | トップページ | 瀬戸際のチカラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/52396356

この記事へのトラックバック一覧です: つかむ物がないと:

« 銀行よ、税金を払え ! ! | トップページ | 瀬戸際のチカラ »