« 意味のない津波訓練 | トップページ | 管理国、ニッポン・・・だったのに »

富士登山の杖

ファッショナブルに楽しもう ! !Photo_2

先日 24日に、娘と一緒に富士登山をしたことをご報告しましたが、もうひとつお伝えしたいことがありました。

それが 杖 (スティック、 トレッキング・ポール - 写真) です。

富士登山の杖といえば『金剛杖』。
山小屋でも売っていますが、登り口付近のコンビにでも 777円で売っていましたよ。

小生は、この『金剛杖』ではなくて、スポーツショップの登山コーナー売っていた 二本の杖を、まるでカマキリのように使って 4足歩行で富士登山に成功しました。
おそらく、これがなかったら小生は途中で断念していたでしょう。

ところが、大学生の長女は、何もなくても スタスタと登っていました。
逆に、スティックは邪魔なんだそうです。

(長女よ、30年後に もう一度登ってみなさい・・・)

さて、富士登山中に色々な人に会ってお話しする機会を得ました。
自称 80歳のおじいさんの 健脚ぶりには驚きました。
また、最近流行の 山ガール ファッションで登っている若い娘たちにも会いました。
拙宅の長女も、そんな感じでした。

さらに、写真のように コスプレ 姿で富士登山を楽しんでいる若者男子たちに会いました。

2011082408570000

もう、こうなると富士登山は、ファッションですね。

しかし、何よりも感動したのは 義足のグループに会えたことです。
彼らを見ていると、勇気を貰いました。

そういえば、今月の 12日付けの『静岡新聞』に、11歳の少年が車椅子で富士登山に成功したことが報道されていました。

そういうわけで、今や富士登山は、アイテムの発達によって 万人に開放された山だと思います。

|

« 意味のない津波訓練 | トップページ | 管理国、ニッポン・・・だったのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ファッションや器具の開発、多くの協力者
によって
沢山の人が富士登山ができるようになったのは
良い事ですね。


あとは  ゴミのない富士のお山 になると
世界遺産に認定されるでしょうか。

投稿: sue | 2011年8月28日 (日) 20時57分

sue さま、ありがとうございます。
近年は、毎年、 30万人の人が富士登山に挑戦するそうですね。
ところが、その中で 1/3 の 10万人が途中で断念するそうです。
でも、それは恥ではないと思います。
勇気ある撤退だと思います。
むしろ、ムリをして事故を起こすほうが‘恥’だとおもいます。
一度失敗しても、何度でも挑戦する・・・
その姿に感動しました。

投稿: あらま | 2011年8月28日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/52590310

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山の杖:

« 意味のない津波訓練 | トップページ | 管理国、ニッポン・・・だったのに »