« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

アルバイト 再開

不安な地方の雇用

最近は、震災とか構造的デフレの影響で、地方の企業は青色吐息が続いていますね。
仕方がないので、海外に活路を見出したり、中国企業に買われたり、廃業したり・・・。

そういうわけか、本年度も弊社ではボーナスの支給がありませんでした。
つまり、本年度から従業員全員を役員にしてしまったのですね。
ボーナスや手当ての代りに、「肩書き」を‘支給’したのでした。

しかし「肩書き」だけでは食っていけません。
そこで、やむなく小生もアルバイトを登録しました。

なにしろ地方では産業が脆弱ですから、以前から、都市に出稼ぎに行ったり、アルバイトをして生計を立ているのが大勢です。

小生も入職以来、何度も会社が傾き、その休業の間は、トラックやバスの運転手をしたり、飲食店でアルバイトをしました。
お陰で、鍛冶屋に必要な溶接やクレーンなどの資格の他に、調理師や大型二種の自動車免許を持っています。
危険物の免許もありますから、タンクローリーにも乗ったことがありますし、危険物の免許が要らないコンクリート・ミキサー車や保冷車にも乗ったことがあります。
逆に言えば、小さな街ですから、そこで生きていくためには 何でも乗れなければ生活できないのですね。
そうして、会社が再開されると、再び鍛冶屋として鉄を叩いたり削ったりするわけです。

小生の同僚の中には、建設関係のアルバイトをして、鳶から配管、電気工事までをこなしてしまう人がいます。

そうした意味では、地方の人は都会の人よりも たくましいのかも知れません。
でも、随分とムリをしてきたのも事実です。
そういうわけか、この街の男衆の寿命は短いですね。

さて、大学生の長女が、パソコンを買い換えろと言い出してきました。
専門大学に通う長女は、オモチャみたいなパソコンではなくて、本格的なパソコンが必要みたいですね。

仕方がないので、来月から、土日の運転手のアルバイトに登録しました。
そうしたら、さっそく某バス会社から話がありました。
時給 1,000円で、仕出し屋さんの送迎ということです。
小生の年齢ですと、もう、そのぐらいの仕事しかないのですね。

ちなみに、長女がやっている家庭教師の時給は 1,500円なんだそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

原子炉停止後も残る危険性

停めても安心ではない

いわゆる 原子力安全・保安院の「やらせ」問題が発覚して以来、同院への信頼は「どん底」に落ちたばかりではなく、国民の原発不信を増加させた形になりました。
これで、今もなお 故郷を破壊され続けている福島県民のみならず、静岡県民の心は「脱・原発」で固まったと思います。

さて、一昨日から核燃料の危険性について、『静岡新聞』の記事を引用していますが、今朝の『静岡新聞』第一面も、この記事でした。

小生は、『静岡新聞』の回し者でも何でもありませんが、こうした記事に接すると、県民の皆さまには、是非『静岡新聞』を購読して、一連の記事を熟読していただきたい気持ちが沸きます。
未来の子供たちに この世を伝えるためにも、原子力の問題を考えることは不可避だと思います。それでは、引用を開始します。

原子炉停止後も熱放出

続 浜岡原発の選択 6

核燃料 ③

「廃止措置中の 1、2号機に使用済み核燃料が 1,165体 残っている。(東京電力) 福島第一原発の事故を見れば、止めたからと言って安心は出来ない」。会場は静まり返っていた。パイプイスに座った市民 約 100人を前に、牧之原市の西原茂樹市長 (57) は強い口調で説明を始めた。そして続けた。「停止した 3、4、5号機には使用中の燃料が入っている。使用済み燃料は全部で 6,600体ある」
 浜岡原発が立地する御前崎市佐倉に隣接する牧之原市地頭方地区で 7月中旬、市長と市民らの意見交換会が開かれた。原口喜作さん (80) = 牧之原市新庄 = は質疑応答が始まると真っ先に手を挙げた。「原発内には燃料が残っている」「(東海地震が起きたら)配管はとても持たない」。舌鋒鋭く指摘すると、畳み掛けるように訴えた。「子供たちのために浜岡原発をこれから先も止めておいてほしい」
 浜岡原発で関連会社の社員として 10年ほど働いた経験がある。1、2号機の補修工事や燃料の移動などに関わった。毛細血管のように張り巡らされた内部の配管も間近に見てきた。「あれほど大量の配管が東海地震で損傷しないとは思えない」と主張する。「燃料が原子炉の中にある以上は原子炉を止めてもリスクは変わらない」として「早急な対応」を求めている。
 核燃料は長さ 4メートルほどの燃料棒を 60~ 74本束ねた集合体。運転を停止しても、燃料棒中の放射性物質の「崩壊熱」によって高い熱が出続けている。核燃料が水から露出して冷却できない状態になれば、燃料棒が熔け、大量の放射性物質が漏れ出す。炉心溶融 ( メルトダウン ) につながる可能性もある。
 中電によると、3~ 5号機の原子炉内には 計 2,400体の核燃料が装荷されたまま。担当者は「当面は原子炉の中で冷却する方針」と説明する。
 東日本大震災が発生した際、福島第一原発 1~3号機には 計 1,496体の燃料が装荷されていた。いずれの原子炉も地震と津波で冷却機能を失い、炉心溶融に至ったとみられる。
 ウラン濃縮研究などに詳しい中部大の武田邦彦教授 ( 資源材料工学 ) は「(福島第一原発の事故が起きる前まで ) 自分を含めた原子力の研究者は、崩壊熱を非常に甘く見ていた」と自戒の念を込めて話した。その上で、「崩壊熱は臨海運転中の発熱量の数%とはいえ、冷却水の循環が止まってしまえば たちまち蒸発してしまうほどの熱が出る」と付け加えた。
「国民の安心と安全のため」-。東海地震の切迫性を理由にした政府の停止要請を受けて、中電が浜岡原発の全炉を停止してから 2ヶ月余り。政府が考えている安全は本当に確保されたのか。停止後も原子炉に核燃料が装荷されたままの浜岡原発に、地元住民は不安げな視線を送っている。 ( 浜岡原発問題取材班 )

Photo

崩壊熱
原子炉の運転中に核燃料棒内にたまった セシウム 137 などの核分裂生成物質などが、原子炉が停止した後も自ら崩壊を続けることで生まれる熱。運転を止めた直後は、運転時の発熱量の数%程度の熱を発するとされる。その後、徐々に冷えながらも熱を出し続けるため、原子炉内にある使用中の燃料や使用済み燃料は、常に継続的な冷却が必要になる。

【『静岡新聞』 2011年 7月 30日 朝刊 】

・・・・このように、東海地震発生予想エリアの中心に位置する浜岡原発の原子炉が全停止したからといって、ただちに「安全」になったわけではないようです。
完全に封じ込めるためには、さらに長い年月がかかるようです。
それまでの「安全」をどするのか・・・

・・・なんて記していたら、ラジオ放送で、菅首相が「脱原発」から「減原発」にトーンダウンしたと伝えていました。
政・財・官 の利権団の勢力は強く、それに押し切られたのでしょうか ?
地位に留まるためには、舌が乾かないうちに方針を転換してしまう菅総理の姿勢には、唖然とするばかりです。
小沢さんではないですが、菅さんは当分の間、辞めないでしょう。

こんな具合に、原子力政策も、相変わらず政争の具にされているようで、日本の未来は明るくないですね・・・。。。。weep
 

 

| | コメント (6)

プールの中の使用済み核燃料

浜岡原発が全停止しても

菅首相の要請で全停止した浜岡原発。
これで一安心・・・と思っている静岡県民は多いと思います。

ところが、昨日の『静岡新聞』の記事を読むと、安心なんてしていられないのですね。

つまり、使用済み核燃料の脅威は福島第一原発だけでなく、全停止した浜岡原発にも潜んでいるという事実が公表されました。
この昨日の記事は、唐突な感じがしましたが、今朝の『静岡新聞』の記事は、使用済み核燃料が冷却保管されているプールの現況について、さらに詳しく解説していました。

この記事は、是非、静岡県民だけではなく、全国の人にも読んでいただきたいと思います。
できれば、『静岡新聞』を購読してもらいたいところですが、それが出来ない人も多いと思いますので、今回も、本日の朝刊の記事を引用したいと思います。

続 浜岡原発の選択 5

核燃料 ②

プール埋める「使用済み」

 街中が師走の慌しさに包まれていた。1994年 12月 3日の午後 11時半。旧浜岡町 ( 現 御前崎市 ) 佐倉の中部電力浜岡原発 1号機の中央制御室の空気は張り詰めていた。排ガスの放射能を監視しているモニターの指示値が徐々に上昇していた。四つのモニターはいずれも異常値を示す。監視装置の故障でないことは明らかだった。
 排気筒から放出されている希ガスの放射能の値は翌 4日には、平常時の 2倍に達した。許容される値の数万分の 1とはいえ、平常運転を上回る放射性物質が発電所の外部に漏れたことは事実だった。
 中電は 4日午前 7時 25分、県と浜岡町など地元 5町に異常事態を通報した。当時、浜岡町長だった本間義明さん (83) = 御前崎市池新田 = は「放射能が建屋の外に漏れるのは許しがたいことだった」と振り返る。
 自他共に認める原発推進派。それでも、時として中電の幹部を厳しく叱責することがあった。「放射能がちっとでも外に漏れたら、風評被害につながってしまう。いくら微量でもお茶や魚が売れなくなる」
 放射能洩れの原因は、原子炉内で使用中だった 1体の燃料。被覆管の表面に、髪の毛の直径ほどの小さな穴 ( ピンホール ) が開いていた。核分裂て発生し、被覆管内にたまつていた強い放射能を持つ放射性物質が漏れ出した。燃料に開いた開いたほんのわずかな穴が、取り返しの付かない風評被害を招きかねなかった。
 損傷燃料は原子炉から引き抜かれ、建屋内の燃料プールに運ばれた。再び原子炉で使用されることはなかった。
 17年経った今も燃料プールの中に 1体だけ残されている。事実を知った本間元町長は「そりゃあ知らんけんな・・・」と絶句した。
 原子炉だけでなく、燃料プールが冷やせなくなっても重大事故が起きる。東京電力の福島第一原発の事故は、見過ごされがちだった脅威をさらけ出した。
 運転は止まっていても、浜岡原発 3~5号機の燃料プールには 計 5,460体の燃料がある。 1、2号機は、千ガルの地振動に耐えられるようにする「耐震裕度向上工事」を中電が断念。2009年 1月に 約 30年にわたる運転を終了した。
 3~5号機と比べて、耐震性に劣るといえるが、2号機の燃料プールにも 1164体の燃料が残っている。1~5豪気を合わせると、プールで保管している使用済み燃料の数は 6,625体。「住民の安心のためにも まずは一刻も早く 1、2号機の燃料プールを空にすべきだ」。本間元町長の語気に力がこもる。「受け入れ当時から原発は『トイレのないマンション』といわれてきた。30年以上たってもそれが解決していないのは、国の責任。( 使用済み燃料に含まれる ) プルトニウムを地元の発電所にためないようにしてくれなきゃ」
 現役時代、原発推進の矢面に立つ代わりに、国や中電に厳しい注文を付けてきた。福島第一原発事故と浜岡原発の燃料プールの現状を目の当たりにして、国や中電を監視する目が一層厳しさを増している。( 浜岡原発問題取材班 )

使用済み燃料プール
原子炉で使い終わった高い放射能を帯びた使用済み燃料を、冷やしながら一時的に保管しておくための水槽。一般に原子炉建屋内にある。大きさは縦横 10メートル前後、深さ 12メートル程度。水が放射線を遮蔽する性質も利用している。あくまで一時的保管のための水槽で、数年たって発熱量が下がった使用済み燃料は速やかに再処理工場など敷地外に運び出されることが望ましいとされる。使用済み燃料だけでなく、原子炉に入れる前の新燃料も保管している。

Photo

【『静岡新聞』 2011年 7月 29日 朝刊 】

こうしてみると、菅総理が浜岡原発に全停止を要請したことは英断だ・・・と評価した川勝静岡県知事や、スズキの鈴木 修会長の意見は正しかったと思います。

小生は産業人の一人ですから、政府の原子力推進政策には賛成する立場でした。
しかし、今回の福島第一原発の事故や浜岡原発の事故を受けて、原子力は産業エネルギーの選択肢から外すべきだと思っています。
それでもなお、原子力を諦めきれない人は、エネルギー権益を特段に享受している人だと思います。
でも、普段の仕事中にそんなことを言ったら、仕事に影響が起きて、生活ができなくなるでしょう。
それほど日本の産業界は、エネルギー権益団と密接な関係があると思います。
しかし、こうした匿名のブログでは‘ホンネ’を書くことが出来ます。

中部電力は、浜岡原発を津波災害から守るために、莫大なお金をかけて防波堤などを築くといいますが、それは、原発の再稼動のためではなく、危険な状態に陥る可能性がある使用済み核燃料プールを守るためのものである・・・と認識するものです。
福島県民と同様に、多くの静岡県民のホンネは「脱原発」であることは、間違いないと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

損傷した使用済み核燃料

浜岡原発、17年間未搬出

福島第一原発事故が深刻な状況を続けている中、いわゆる原子力報道の‘緘口令’が解かれているような感じであることを、前回、お伝えしました。

今回は、その続きともいえる驚くべき記事です。

その情報元は、今回も『静岡新聞』です。
本日の『静岡新聞』朝刊のヘッドラインは、連載記事でした。
まず、その連載記事から 引用してみたいと思います。

損傷の1体 17年未搬出
運転終了の1号機
急がれる処理ルール

続 浜岡原発の選択 4
核燃料 ①Photo

 2009年に運転を終了した中部電力浜岡原発1号機 ( 御前崎市佐倉 ) の燃料プール内に現在も 1体だけ残っている使用済み核燃料が、17年前に放射能漏れ事故を起こした損傷燃料であることか 27日、分った。
 原子力行政関係者は「浜岡原発だけでなく全国の原発が損傷燃料を運び出せない問題を抱えている」と指摘する。
 再処理を目指して健全な使用済み核燃料の搬出が優先されてきたために、損傷燃料の処理方法を定めたルールはなく、国の見通しの甘さも浮き彫りになった。

 中電によると、1号機に残る 1体は 1994年 12月、原子炉運転中に金属製の被覆管に髪の毛の直径ほどの微小な穴 ( ピンホール ) が開いた燃料集合体。当時、排ガスの放射線量を監視しているモニターが異常値を示したため、原子炉を手動停止した。年間に許される放射線量の数万分の 1以下ながら、平常時には検出されない量の放射性物質が外部に放出された。
 1号機は 90年 10月にも 5体の燃料の被覆管が剥がれる燃料損傷事故を起こしていた。その際は、燃料損傷に関する研究データーを得るために、民間試験研究機関の日本核燃料開発 ( 核燃、茨城県大洗町 ) が 1体、英国核燃料会社が 4体の損傷燃料を受け入れた。
 94年に損傷した燃料についても中電が両者に受け入れを打診したが、「ピンホールの開いた損傷燃料は ( 既に研究が進んでいて ) 研究性が見出しにくい」 ( 核燃 ) 、「契約期間が終了した」 ( 英国核燃料会社 ) などを理由に断られたという。
 中電の担当者は「損傷燃料 1体を含めて 1、2号機に残る燃料は 2013年度末までに全て 4、5号機の燃料プールなどに移す計画になっている」と説明する。ただ、損傷燃料を運ぶ際には輸送容器 ( キャスク ) が高いレベルで放射能に汚染される可能性があり、「損傷燃料の移動に伴ってどのような影響が出るのか、どんな対策が必要かなどを慎重に検討している」という。敷地外に いつ搬送できるかの見通しは立っていない。
 経済産業省原子力安全・保安院の担当者は「健全な使用済み核燃料は青森の六ヶ所村の再処理工場などに搬出されるが、損傷燃料をどうするかは現状では決まっていない」と話す。
 東京電力福島第一原発 ( 福島県 ) では東日本大震災に伴い、1~3号機でメルトダウン ( 炉心溶融 ) が起きた。著しく損傷した燃料や溶融した燃料が生じているとされるが、その処分方法はほとんど白紙だ。
 東京大大学院の長崎晋也教授 ( 放射性廃棄物処分学 ) は「メルトダウンした燃料の処分には新しい法律が必要になる」と、指摘する。各地の原発に残る損傷燃料については「メルトダウンした燃料とは損傷の意味合いが全く違うので同列には語れないが、今後、浜岡のように廃炉になる原発が増えてくるとルール作りが必要になってくる可能性がある」とみる。
 メルトダウンした燃料を前に、対応が後手に回る国の原子力政策。各地の損傷燃料と真摯に向き合わずにきた つけが回ってきた。その象徴が浜岡原発 1号機の燃料プールに眠る 1対の燃料集合体だった。

核燃料は、効率的なエネルギー源であると同時に放射能汚染を生み出す‘張本人’でもある。ひとたび取り扱いを誤れば途端に人間に牙をむき、運転中に溜め込んだ大量の放射性物質を撒き散らす。にもかかわらず、住民にとっては秘密のベールに包まれがちだ。浜岡原発の核燃料めぐる課題や地域住民との関係を探る。
( 浜岡原発問題取材班 )

損傷燃料
燃料棒を覆う被覆管などが損傷した燃料集合体。冷却水に混入した異物が水流の振動でこすれて被覆管を傷つけたり、製造過程に起因する微小孔 ( ピンホール ) が開いたりして生じる。被覆管内部にたまった強い放射能を持つ核分裂生成物などが漏れ出すため、通常の使用済み核燃料よりも慎重な取り扱いが必要となる。
福島第一原発の炉心溶融で生じた著しい損傷燃料や溶融燃料の取り扱いには技術開発が必要とされる。国の原子力委員会は「福島第一原発における長中期措置検討専門部会」を設置して、燃料の処分を含めた廃炉までの工程づくりに着手する。

【『静岡新聞』 2011年 7月 28日 朝刊 】

政・財・官で構成する原子力エネルギー 利権団 からの‘しがらみ’から離れたマスコミの‘ホンネ’が伝わってくるような記事でした。

この記事で落としているのは原子力発電で生成される「プルトニウム」。

実は、このプルトニウムが、すべての‘狂い’の始まり・・・と言っても過言ではないと思います。
『静岡新聞』には、是非、このプルトニウムについての記事を期待したいと思います。

( イラストは、中部電力のホームページより )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットの支え

癒し

小生は、動物が苦手です。
幼い頃から、近所の犬に噛まれたり、猫にかじられたり・・・散々でした。
ですから、何を考えているのか分らない動物と一緒に生活することは、小生にとっては考えられないことでした。

そうは言っても、噛みついたりしない メダカ とか の飼育は好きでした。
メダカを眺めていると癒されるのですね。

最近は、テレビやネットの画像で、犬や猫の姿が紹介されるので、それを見ては可愛いと思ったり癒されたりしますが、しかし、それでも進んでペットを飼いたいとは思いません。

さて、そうしたペットを題材にした 映画『ロック』が公開されました。Photo_2
この映画は、2000年 8月、三宅島・雄山が大噴火したさい、罹災した家族とペット犬との絆を描いたものだといわれてます。

同様に、『マリと子犬の物語』という映画がありましたね。
この映画も、2004年 10月の新潟県中越地震で、山古志村 (現・長岡市)で起きた実際のエピソードを元に映画化したものでした。

今回の東日本大震災でも、ペットが置き去りにされてしまいました。
そうしたペットたちを救おうと、ボランティアが立ち上がり、ペットの救助や保護に献身的な活動をしているようです。
おそらく、その様子は新しい‘映画’となって、後世の人たちに感動を与えるでしょう。

置き去りといえば『南極物語』の タロ と ジロー が有名ですね。

このように犬たちは、人間に忠誠を尽くすのですが、結局、人間の都合で置き去りにされてしまうという理不尽な運命にあるのでしょうか ?
映画のように、ハッピーエンドになるペットたちは、ごく僅かなようですね。

渋谷駅前に立つ、忠犬ハチ公は、銅像になっても主人を待ち続けています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エネルギー庁が原発記事監視

ツイッター・ブログも対象

先日の中国の高速鉄道の事故に対して、中国当局は報道規制を敷いていると伝えられていますね。

同様に、日本でも原発事故に対して‘当局’が、原発記事を監視していて、そのための予算として 本年度 8,300万円 計上しているというのが本日の お話です。

この お話の引用元は、本日の『静岡新聞』夕刊の第一面からです。

【引用開始】

経済産業省 エネルギー庁が 2008年度から、報道機関の原発関連の記事を監視する事業を行っていたことが 26日までにわかった。本年度は 東京電力福島第一原発事故を受け、短文投稿サイト「ツイッター」やブログなどのインターネット情報を監視するための補正予算を計上している。
08~10年度に実施されたのは「原子力施設立地推進調整事業 ( 即応型情報提供事業 ) 」。計 約 4,000万円で外部委託し、電力会社幹部が理事などを務める団体が受注してきた。10年度の事業仕様書は、全国紙や原発立地地域の地方紙のうち「不正確または不適切な報道を行った」メディアに訂正情報を送るとしていた。
5月に成立した 11年度第一次補正予算では、事業名を変えて 約 8,300万円を計上。今回の事故を受けたツイッターやブログ上での原子力や放射線に関する記述について「不正確な情報を随時監視」し、「風評被害を招く恐れのある」情報があれば、エネ庁のホームページなどに Q&A形式で「正確な情報」を載せるとしている
受注団体のうち、日本科学技術振興財団は東電の勝俣恒久会長が理事。エネルギー総合工学研究所は白土良一東電元副社長が理事長で、経産省や同省原子力安全・保安委員出身が役員を務める。
エネ庁の担当者は、メディア対象の事業については結果的に直接、訂正情報は伝えていないとし「自分たち ( の事業など ) がとう思われているいるかを知るためのクリッピング ( 記事の切り抜き ) はどこでもやっている」と説明。ツイッターなどの監視についても「 ( 執筆者に直接 ) 間違いを指摘するものではなく、自由な発言を制約するものではない」としている。

【引用終わり】 (『静岡新聞』 2011年 7月 26日付け 夕刊 )

この記事を読むと、色々と思うところがありますね。

とにかく、エネルギー政策というものが、政・財・官 の癒着の構造の上に成り立っていて、利権が渦巻いているということが、この記事からも覗えます。

それが、情報の隠蔽、操作になっていることが分ります。

さらに、こうしたエネルギー利権が、東シナ海のガス田開発の足かせになっていて、日本の国防や国益保持の妨げになっていることも、最近、ようやく伝えられるようになってきました。

今回の、福島第一原発事故をきっかけに、原発報道の緘口令が緩んだことは確実でしょう。

そうは言っても、外国からの情報と比べれば、日本国内のメディアが発する情報は、エネルギー利権団に まだまだ遠慮していると思います。

中国の報道規制を笑う前に、日本の国家的な報道規制の実態を知るうえで、今回の『静岡新聞』の記事は意義があったと思います。

ところで、小生のこのちっぽけなブログも、エネ庁の監視の対象になっていたのでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安全神話

絶対なんてないPhoto

先日、中国版新幹線が大事故を起こしましたね。
当局は、その事故の証拠となる車両を土に埋め、翌日、開通していました。

立ち直りの早さに胸を張る中国ですが、日本人の感覚とは離れたものです。

ところで、この重大事故を受けて、日本人技術者たちは口をそろえて「日本ではありえない事故だ・・・」と云います。

はたして、そうでしょうか ?

小生は、東海道新幹線の沿線近くに住んでいて、毎日、新幹線が通行する音を聞いています。

確かに、振動も騒音も、開通当初とは比べ物にならないほど静かになりました。
しかし、通勤の時にくぐる 新幹線ガード のコンクリート壁の劣化を見ては不安になっています。
小生が新幹線に乗りたがらない理由はそれなんですね。

確かに、日本の新幹線は安全で、それが神話になっています。
大地震が直撃しても、安全に停止した・・・と誇っています。

それは つまり、今まで新幹線は、多くの人たちの陰の力によって 微妙なバランスを保って運行しているからなんでしょう。
その努力たるや、国民栄誉賞に値するほどだと思います。

でも、だから今後も安全なんでしょうか ?
慢心の次には大事故が控えていることは、原子力発電所の事故でも経験しました。

中国の事故を対岸の火事だなんて思わないで、謙虚に見直す姿勢が大切ではないでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

されど都

郷土愛

ながらく このブログの更新をしていませんでした。

実は、今回の東日本大震災の某被災地に行ってまいりました。
「百聞は一見にしかす・・・」と申しますが、実地に赴いて、いろいろと感じてきました。

小生は、津波の被害の「」を肉眼で見るのは初めてでした。
こんなことを記せば叱られるかもしれませんが、直接の被害者ではない小生にとっては、これはひとつの「観光」でした。
つまり、自然の猛威を感じたのでしたが、自分が罹災者ではないので、帰宅する場所がある小生にとっては あくまでも「他人事」でした。

おそらく、政治家たちもそんな気分なんでしょうね。

さらに、この震災をビジネスチャンスにしよう・・・と、野心に燃える人たちにも会ってきました。
政治が停滞している間に、新たな利権を獲得しようというものでしょう。

しかし、罹災者の人たちにとって、被災地は やはり「郷土」でしょう。
つまり、愛しているから そこから逃げないのですね。

海からこんなに ヒドイ仕打ちを受けたのに、それでも海の恵みを求めていたのです。

なんとか、以前のような経済圏に戻そう・・・
いや、以前よりも格段に素晴らしい郷土を築こう・・・

そんな気持ちが伝わってきました。

どこかの電力会社では、事故が起きたら、スグに自分たちの財産の保全に走った役員がいたり、日本から脱出した技術者がいたことも伝えられましたが、郷土を愛する心のある人は「再建」を信じて逃げません。

ただ、長期の避難生活や、遅々として進まない復興、そして自然の「雨」「暑さ」に、罹災者の皆さんのストレスは計り知れないと思います。

ですから、当然、復興ボランティアの目的も、罹災者のケアが主になっているようでした。

小生は、こうした状況を被災者でない人たちが実地で見ることは意義があると思いました。

観光でもよいですから、皆が「共有」すべきだと思いました。

できれば、学生・生徒の修学旅行も、この東北を訪れることになれば、意義があると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年、日本が消滅する

妄想的中国歴史教科書

2020年には、小生が生存しているかどうかは分りませんが、その時に発行される中国の歴史教科書を想像してみました。

そのころ、中国共産党は、肥大化した人民解放軍の叛乱で解党。
中国では、元首が主席から大統領へと民主化が実現している・・・でしょうか ?
それとも、中国共産党よりも過激な 軍事独裁国家になっているのでしょうか ?

それでは、はじまり、はじまりぃ~。。。
(対日本外交についての記述です。)

1964年 10月、日本で東京オリンピックを開催。
それに対して 中国は、初の核実験で‘祝砲’した。

1970年 3月、日本の大阪で万国博覧会が開催された。その時は、中華民国 (台湾)が出展した。

1971年 10月、国際連合総会で中華人民共和国を中国の唯一の正統な政府とし、「蒋介石の代表(中華民国)」を追放するとした 2758号決議が採択された。
これにより中華民国が国連と国連機関から脱退し、代わりに中華人民共和国が安全保障理事会の常任理事国をも含む代表権を獲得した。

1972年 9月、日中共同声明調印式において、田中角栄、周恩来 両首相が署名したことにより日中国交正常化が実現した。
なお、日中共同声明に基づき、日本はそれまで国交のあった中華民国に断交を通告した。

( 注 - この間に起きた、天安門事件、チベット弾圧などの記述はありません。ましてや、南京事件の捏造、歴史教科書問題、靖国神社参拝など 日本に対する戦後補償の‘ゆすり’‘たかり’行為などという、中国に不利な記述はありません。)

1992年、中国は日本に天皇陛下の来中を要請し実現。
その場で、天皇陛下に歴史について謝罪までさせた。

1995年、李鵬首相は 豪州を訪問した際、ハワード豪首相に、「日本など20年も経ったら、この地球上から消えてなくなる」との発言をした。

1997年 7月、イギリスから香港の返還を実現した中国は、自由経済制を取り入れた後は、毎年のように二桁の経済成長と軍事力増強を実現。

1998年、江沢民主席は国賓として訪日し、ホスト役の天皇陛下を初め出席者全員が礼服を着ていたにもかかわらず、江沢民主席はいわゆる中山服という平服姿で宮中晩餐会に出席。
そして晩餐会の席上で、勇敢にも「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩んだ」、 「我々は痛ましい歴史の教訓を永遠にくみ取らなければならない」などと日本を非難する演説をおこなった。
日本の報道陣の前でも、命令口調で反日的言動を展開した。

1999年、平湖ガス田(全体が日中中間線より中国側にあるガス田)で天然ガスの生産を開始させた。

2004年 6月、中国が、春暁(白樺)ガス田の本格開発に着手したことが日本にバレてしまった。
日本は、春暁(白樺)・断橋(楠)付近の海域を独自に調査。
春暁(白樺)・断橋(楠)は地下構造が中間線を挟んで日本側につながっており、天外天(樫)、龍井(翌檜)もその可能性があることを日本政府は確認した。
そして日本政府は、中国が日中間で地下構造がつながっているガス田の採掘を始めると日本側の資源まで吸い取られてしまう可能性が高いとして、外交ルートを通じて当該海域での開発作業の即時中止と、地下構造のデータ提供を求め続けていたが、中国は無視し続けている。

(2007年 12月に起きた いわゆる 毒ギョーザ事件 など、中国に不利な記述はありません。)

2008年には、国家の威信をかけた北京五輪を成功させた。

2010年 5月には、上海万博を開催。参加国・地域、国際機関は万博史上最多の246を数え、期間中の動員数も、大阪万博の 6,422万人を超える史上最高の7,000万人を超えた。
この年、中国は日本を抜き、GDP 世界第二位の経済大国となっていた。

2011年 3月、日本で東日本大震災が起こる。早速、中国は救助隊を派遣し、大量の石油などの支援物資、巨額の義援金を日本に提供。

2012年、日本の借金が 1,000兆円を超え、原発事故の補償金などで 経済破綻寸前。消費税を 10%に引き上げる。

2013年、日本経済は更に悪化。
アメリカも見放す。
中国が支援の見返りに、東シナ海のガス田の権利を獲得。

2015年、日本の経済再建は失敗し、日本は、アメリカ、ロシア、中国に分割。
1995年の李鵬首相の預言が的中した。

~なんて、書かれないように、日本は頑張りましょう。
特に、政治家の連中は、腰を入れましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

聖ワシリイ大聖堂 450周年

ロシアの赤の広場の正教会

Photo

本日の グーグルを開くと、上のような画像が出ました。
どうやら、ロシア正教会の大聖堂のようですね。

この美しい建物は、1990年に世界遺産に指定されたもので、ソ連やロシアのニュースの際にはお馴染みの建物です。

この歴史的な建造物は、ロシアの歴史を見てきた「証人」とも言えるでしょう。

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯物が燃えている~

炎暑、再来Aug01_a22_2

昨年も暑かった。
でも、今年も暑そうですよ。
昨夜は、今年初めて エアコンのスイッチを一時間ほど入れました。

そして、今朝。
会社で洗濯した、ウエス、軍手、手拭などは、外に出した瞬間、パリッと乾いてしまうほどの暑さです。
風は、ヘヤー・ドライアーみたいですね。

さて、小生が所属している団体では、東日本大震災の被災地支援に乗り出しているのですが、現地での大型車の運転手が足りないということで、小生に打診がきました。
なんでもこの猛暑では、罹災者ばかりではなく、ボランティアたちも 熱中症や埃、悪臭でダウン者が続出。深刻な人手不足なんだそうです。

覚悟していた長期戦の復興活動ですが、予想以上に困難を極めているようです。
政府のボランティア担当の あの人 は何をしているのでしょうか ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

突然、地デジが映らなくなる ! !

コネクターが外れていませんか ?

工場の隣のオヤジが、大声で騒いでいます。
「突然、テレビが映らなくなった ! ! 」Photo

最近のデジタルテレビは、パソコンの専用器みたいなものですから、何か故障があったとき、自己診断できるのですね。
そのオヤジが言うのには、「アンテナがおかしい ! !」と、表示されているというのです。

そこで、そのオヤジさんは知らない人ではなかったので、具合を見てあげたら、テレビの裏の アンテナ線が外れていただけでした。

つまり、Fコネクタ がシッカリ差し込まれていなかっのでした。

オヤジは「何も触っていないのに、突然、消えた ! ! 」と云います。

何も触っていなくても、ストレスの掛かるような刺し方をすれば、いずれは外れてしまうものだと説明してあげました。

それにしても、こうした‘事故’が多いのですね。
良心的な電気屋さんは、シッカリとコネクターを刺しなおしてくれるだけですから、2千円の出張費だけで済みますが、悪徳の電気屋さんは、お客が知らないことをよいことに、アンテナの方向を確かめたりして、結局、アンテナを交換して、5万円を請求するとか・・・。

もちろん、隣のオヤジさんですから、何も請求しませんでしたが、お礼に缶ビール 1本を貰いましたよ。

今まで映っていたのに、突然映らなくなった方・・・
まずは、こちらのサイトでご確認を

ペットたちが足をひっかけで、配線が外れた・・・というケースも多いようです。

さらに、マンションなどのアンテナ共用タイプの場合、他の部屋で新たに配線を加えた時、一時、配線を外すことがありますが、誤って、配線を外したまま・・・ということが、よくあるそうです。
そのときは、もう一度、屋根裏などに上がらなくてはなりませんね。

また、以外に多いのですが、B-CASカードを抜き差ししたら直ちゃうことがありますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

復興に必要なカリスマ的リーダー

占領されなければダメなのか ?

以下に記すことは、小生の‘妄想’です。
くだらない内容なので、お忙しい人は、飛ばしてください。

さて、遅々として進まない、東日本大震災の復興。
この期に及んでも、永田町や霞ヶ関の住人らが、くだらない利権争いに終始しているから復興が進まないのでしょう。

ところで、戦後の日本が奇跡の復興を遂げたのは、日本人が素晴らしかった・・・というよりも、占領軍の代表である マッカーサーカリスマ的なリーダーシップを発揮したからでしょう。Macarthur
日本人にはない発想で、新しい憲法を制定させ、農地改革を断行させ、財閥を解体したり、宮家を廃止したのでした。
しかし、そのマッカーサーでも、日本の官僚制度までは改革できませんでした。
憲法を変えたので、自ずから公務員の認識も変わると思っていたのでしょうか ?

まぁ、いろいろと問題はありますが、とにかく 日本の奇跡の復興の陰には マッカーサーの存在は否定できませんね。
もちろん、吉田 茂元首相も素晴らしかった。
でも、やはり、日本の復興の立役者は、マッカーサー元帥だったでしょう。

さて、太平洋戦争のときは、日本の全土が焼け野原になったようですが、今回の東日本は、日本の 1/20 が、破壊されたと言います。
いぇ、今現在も進んでいる原子力災害を考えれば、日本の 1/10 が失われつつあると考えて良いと思います。

そうなると、今までの災害というよりも、戦争級のショックが日本を襲っていると考えても良いと思います。

こうした大きなショックから立ち直るためには、そうとうな覚悟が必要なはずですが、今の国や政府の様子を見ていると、その覚悟は 全くないようですね。

戦争の時はイクサに負けたので、官軍と化した占領軍の意向に従わざるを得ませんでした。

そうすると、今回の大震災の場合は、日本国は誰に負けたのでしょうか ?

小生は、今度の‘日本の負け’は、に負けた・・・と思います。
つまり、かつて石原都知事が言っていたように、日本人の慢心に天罰が下った と思うのですから、われわれは謙虚になって反省して、神の意向に従わなければ、復興は無理だと思うのですね。

もちろん神に従う・・・なんて言っても、インチキ臭い宗教団体や教化団体が祀る神に従うということではありません。

日本古来からある、天皇が祀っている神のことです。

では、その天皇が祭っている神とは何かというと、端的に言えば、伊勢神宮の「天照大神」なんですね。

つまり、日本の女神様です。
その女神様の意向とは何でしょうか ?

そこで、天照大神の事跡をみると、彼女は「自己反省」して、国を統合したのでした。
つまり、国難に際して、大反省した天照大神の姿を見た周囲の人たちも大反省して、発奮したのでした。

そこで、現代の我々が謙虚になって反省すれば、今まで長年にわたって野放ししてやりたい放題をさせていた官僚制度が、日本の発展や災害復興などを阻害していることに気が付くはずです。
つまり、古代の国難の象徴がスサノオだったように、今の国難の象徴は「官僚制度」ではないでしょうか ?

今の日本の官僚制度では、なんでも彼らの食い物にされてしまいます。
東日本大震災でも、官僚たちは「焼け太り」しているではありませんか ?

そういうわけで、どんなに有為な人物を中央に送り出しても、官僚に飼い馴らされてしまうのです。

エリート意識の強い官僚たちは、自分たちが神から選ばれたものだ・・・と、カン違いしているのです。
そんな彼らが日本を牛耳っているのですね。

よく、国民のレベルが 代議士のレベル・・・と云いますね。
つまり、代議士がだらしがないのは、それを選ぶ国民がだらしがないから・・・とか。

小生は、そうは思いません。
日本国民のポテンシャルは高いと思いますよ。
でも、国民が何をしても、日本の伝統である官僚制度に呑まれてしまうのです。

それを打破させるには、自国民ではムリなんでしょうか ?
神にお仕置きされても動じない国民では、自立復興はできないのでしょうか ?

どこかの国に占領してもらって、その国のリーダーに頼らなければ日本の明日はないのでしょうか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水晶玉 パフォーマンス

玉が自由自在

まるで、浮いているみたいですね。
動画サイトからでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本が幸せになりますように

星に願いをPhoto

織姫と彦星が 待ちに待った この日、やっと会えるというのに、雨です。

ニュースを見ますと、九州地方では大雨なんだそうですね。
その地方の人たちには失礼かもしれませんが、当地にとっては恵みの雨です。

なにしろ、先月の夏至以来、好天が続き、歴史的な猛暑が続いていましたから。
2011070709130001 静岡の道路の中央分離帯の植木を見ると、枯れ落ちている木が目につきます。
ですから、樹木にとっては恵みの雨だと思いますが、しかし、街路樹がこれだけ枯れてしまうと、今更 水やりをしても戻らないでしょう。

さらに、東日本の被災地にとっては、大雨も猛暑も、大きなストレスになっていることでしょう。
少しでも、被災者が楽になりますよう、祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

受診相談 4時 5分

かしい曲

さて、いよいよアナログ放送が終了しますね。
最近のアナログ放送の画面では、左下に、あと何日でアナログ放送が終了するのか、大きく表示されています。

2011070609330000

アナログで録画した画面にも、ずーと、そのテロップが映し出されていて、見づらいことったらありゃしない・・・そうです。

そこで、地デジ放送の受診相談を受け付けているようですが、小生の年代の人たちは、「受信相談」というと、下記のような歌を思い出します。
http://bgm.maxs.jp/100/07/O-7-246.htm

歌詞は、

♪ 4時 5分  4時 5分
    楽しくテレビを観るために
   楽しくラヂオを聴くために
   覚えておくと便利です
      いつでも、どこでも、?? なんとか ?? なんとか ??
     受診そぉおだん - ・・・

みたいな感じだったと思います。
( 正確に覚えている人がいたら、教えてください )

NHK のホームページで検索しても分りませんでした。

1960年代ということですから、40年以上も前のものですね。

当時は、テレビも 白黒の真空管テレビ。
真空管が、しっかりソケットに刺さっていないと、映りが悪くなります。
チャンネルも、ロータリー式の、ガチャガチャ 回すタイプです。
そこで、映りが悪くなると、テレビを バンバン と叩くと、電気の接触がよくなったのか、映りが良くなることがあります。

Photo_2

そういうこともあって、我々の年代は、機械の調子が悪くなると、力いっぱい バンバン 叩く人が多いわけです。
もちろん、NHK の『受信相談』でも「テレビを叩けば直ります・・・」なんてコトは言っていませんでした。

さらに、電力会社の提供する電気も不安定で、暗くなったり明るくなったり、停まったり・・・。

さらに、さらに、放送局でもトラブルが多く、テレビを観ていると、突然、「しばらくお待ちください」という固定されたテロップが映し出されます。

月光仮面が悪者をやっつけている最中に、中断するのですね。
そして、番組が終った頃に、テレビ局が回復するのですから、呆れてしまいます。
もちろん、再放送なんてありません。

いまでは、テレビ受像機が薄型になり、より精密ですね。
巨大地震が起きても、放送は中断しなかったと言います。
そんなテレビを叩く人なんて、いませんよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡県でも放射線の測定

不安を払拭するため

『静岡新聞』の三面記事欄には、静岡県内で測定された 昨日の放射線値が載っています。
それによると、福島第一原発の事故以来、静岡県の放射線値は平常通りということになっています。

Save0007

【 『静岡新聞』 2011年 7月 6日 朝刊 】
( 静岡新聞では、毎日、測定された放射線値を掲載して、県民に安心を与えようとしています。)

ところが、フランスをはじめ EUでは、静岡県産の農産物から放射線が検出されたということで規制がかかったようです。

なぜ、日本の中で静岡県が・・・と、思うところですが、どうやら茶葉の風評被害が発端のようですね。

しかし、それにしても暫定基準値を超える放射能が検出されたということで、静岡県民は不安に思っているようです。

実際に、千葉から来た友人が、ちょうど放射線カウンターを持ってきたので、拙宅の庭をそれで計測したら、千葉の友人宅よりも、高い値が出てしまいました。

このように、静岡県の中でも、実際に市販のカウンターで放射線を計測してみると、以外にも高い値を示すことがあるみたいです。

そこで、あわてて市の役場や保健所など、関係機関に問い合わせをしようとするわけですが、あまり気にしないほうがよいみたいですよ。Photo_2

なぜなら、彼の話によれば、市販の放射線カウンターは、誤差が大きいということです。
つまり、安価なものは 比較的大きい値の放射線を計測するためもので、日常の放射線値は そんなに正確には測れないということです。

つまり、0.2マイクロ・シーベルトなんて値が出ても、それは誤差の範囲内で、本当は 0.01マイクロ・シーベルトかもしれないというのです。

そういうわけで、日常の放射線を正確に測定する場合は、訓練された人が、正確な機器で、正しい方法で計測することが大切だということです。2

市販や通販で購入した安価の放射線計測器の出した測定値で一喜一憂することは無用ということのようですね。

しかし、政府の息の掛かった団体が計測した値では信用ならん・・・と言うこともあって、静岡県内の自治体でも、市民の要求に応えようということになったようですよ。

そこで、静岡県内の各自治体や民間団体などでは、独自に放射線の測定に乗り出しています。Photo

例えば、今月から解禁になった富士山。
その山頂でも、NPO団体らが、独自に放射線を測定して、富士登山が安全であることをアピールする予定だと伝えられています。

また、今月から 静岡県内の学校でも、校庭やプールの放射線量を計測して、安全を確認しているようです。

海水浴場でも、放射線量を測定していますが、問題はないようです。

あれから、静岡茶から暫定基準値を超えた放射能は検出されておらず、水道水からも検出されていません。

そういうわけで、静岡県の茶葉から暫定基準値を越えた放射能が検出されたという報道のお陰で、静岡県内の各産業は、大きな迷惑を被っています。

生葉を濃縮した感じの‘荒茶’を、同列に測定したら 高い値が出るのは当然ですから、暫定基準値の策定には慎重であって欲しかったですね。

でも、静岡県は、安全ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松本復興相、病院に行きなさい

彼は人間ではない

松本龍復興対策担当大臣が 昨日 ( 3日) に暴言を吐いたことが問題になっていますね。

東日本大震災の被災地、岩手、宮城両県を訪問した際、「知恵を出さないやつは助けない・・・」などと、吐いた件です。

彼は、何様のつもりなんでしょう。
本日になっても、彼は 恫喝、暴言したという認識がないみたいですね。
こんな釈明の仕方では、九州の人たち、全国の B型の人たちが怒りますよ。
さらに、枝野官房長官も、「敢えて確認するほどのものではない・・・」なんて言っていました。

菅内閣は総辞職して、みんなで病院で診て貰いましょう。

よい病院を紹介してあげますよ。

【追加 - 5日】
こんなことを書いていたら、松本大臣が辞任したようですね。
当然です。

しかし、こんなことでは復興なんて進みませんよね。
もう、菅さんは退陣するしかないですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

これぞ、職人芸

動画サイトより

すごいですね。

以前の日本でも、このぐらいのことは平気でしていましたが、安全作業基準が厳しくなってからは、出来なくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 『アンダルシア - 女神の報復』

美しい街並みPhoto

家内の希望で、昨晩、オールナイトの映画館に行って来ました。

その映画の題名は『アンダルシア - 女神の報復』。
前回の『アマルフィー女神の報酬』がとてもよかったので、期待を込めて鑑賞しました。

この映画を観て、美女からお酒を誘われたら注意しなければならないと思いました。
( そういうことは、小生には 永遠になさそうですが・・・・。)

この映画でも西欧の街並みが綺麗に映し出されていましたが、家内はスペインよりも 前作の イタリアの方がよかったようです。
そこで、「今度、イタリアに行こう。」と、家内に提案したら、「あなたは、イタリアの風景とマッチしない。イタリアが汚れる・・・」と言いましたよ。

夫婦といえども、それは失礼ですよね。pout

「いいよ、それなら他の女と行く ! ! 」・・・と、言ったものの、他の女性の‘あて’がありません。gawk

2011年 日本 125分 監督 ; 西谷 弘  出演 ; 織田裕二 、伊藤英明、福山雅治、黒木メイサ、・・・

2

メイサちゃんは、イタリア スペインの街並みにマッチしていますね。

【追加 7月 3日】

3

小生は、アンダルシア を イタリア と フランス の国境 あたりだろうと カン違いしていました。
つまり、スペイン北部に隣接する小国アンドラに対して、イタリアとフランスの国境あたりがアンダルシアだろうと勝手に思い込んでいたのでした。
ところが、OFF で taka さんから指摘されたので、訂正します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »