« 聖ワシリイ大聖堂 450周年 | トップページ | されど都 »

2015年、日本が消滅する

妄想的中国歴史教科書

2020年には、小生が生存しているかどうかは分りませんが、その時に発行される中国の歴史教科書を想像してみました。

そのころ、中国共産党は、肥大化した人民解放軍の叛乱で解党。
中国では、元首が主席から大統領へと民主化が実現している・・・でしょうか ?
それとも、中国共産党よりも過激な 軍事独裁国家になっているのでしょうか ?

それでは、はじまり、はじまりぃ~。。。
(対日本外交についての記述です。)

1964年 10月、日本で東京オリンピックを開催。
それに対して 中国は、初の核実験で‘祝砲’した。

1970年 3月、日本の大阪で万国博覧会が開催された。その時は、中華民国 (台湾)が出展した。

1971年 10月、国際連合総会で中華人民共和国を中国の唯一の正統な政府とし、「蒋介石の代表(中華民国)」を追放するとした 2758号決議が採択された。
これにより中華民国が国連と国連機関から脱退し、代わりに中華人民共和国が安全保障理事会の常任理事国をも含む代表権を獲得した。

1972年 9月、日中共同声明調印式において、田中角栄、周恩来 両首相が署名したことにより日中国交正常化が実現した。
なお、日中共同声明に基づき、日本はそれまで国交のあった中華民国に断交を通告した。

( 注 - この間に起きた、天安門事件、チベット弾圧などの記述はありません。ましてや、南京事件の捏造、歴史教科書問題、靖国神社参拝など 日本に対する戦後補償の‘ゆすり’‘たかり’行為などという、中国に不利な記述はありません。)

1992年、中国は日本に天皇陛下の来中を要請し実現。
その場で、天皇陛下に歴史について謝罪までさせた。

1995年、李鵬首相は 豪州を訪問した際、ハワード豪首相に、「日本など20年も経ったら、この地球上から消えてなくなる」との発言をした。

1997年 7月、イギリスから香港の返還を実現した中国は、自由経済制を取り入れた後は、毎年のように二桁の経済成長と軍事力増強を実現。

1998年、江沢民主席は国賓として訪日し、ホスト役の天皇陛下を初め出席者全員が礼服を着ていたにもかかわらず、江沢民主席はいわゆる中山服という平服姿で宮中晩餐会に出席。
そして晩餐会の席上で、勇敢にも「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩んだ」、 「我々は痛ましい歴史の教訓を永遠にくみ取らなければならない」などと日本を非難する演説をおこなった。
日本の報道陣の前でも、命令口調で反日的言動を展開した。

1999年、平湖ガス田(全体が日中中間線より中国側にあるガス田)で天然ガスの生産を開始させた。

2004年 6月、中国が、春暁(白樺)ガス田の本格開発に着手したことが日本にバレてしまった。
日本は、春暁(白樺)・断橋(楠)付近の海域を独自に調査。
春暁(白樺)・断橋(楠)は地下構造が中間線を挟んで日本側につながっており、天外天(樫)、龍井(翌檜)もその可能性があることを日本政府は確認した。
そして日本政府は、中国が日中間で地下構造がつながっているガス田の採掘を始めると日本側の資源まで吸い取られてしまう可能性が高いとして、外交ルートを通じて当該海域での開発作業の即時中止と、地下構造のデータ提供を求め続けていたが、中国は無視し続けている。

(2007年 12月に起きた いわゆる 毒ギョーザ事件 など、中国に不利な記述はありません。)

2008年には、国家の威信をかけた北京五輪を成功させた。

2010年 5月には、上海万博を開催。参加国・地域、国際機関は万博史上最多の246を数え、期間中の動員数も、大阪万博の 6,422万人を超える史上最高の7,000万人を超えた。
この年、中国は日本を抜き、GDP 世界第二位の経済大国となっていた。

2011年 3月、日本で東日本大震災が起こる。早速、中国は救助隊を派遣し、大量の石油などの支援物資、巨額の義援金を日本に提供。

2012年、日本の借金が 1,000兆円を超え、原発事故の補償金などで 経済破綻寸前。消費税を 10%に引き上げる。

2013年、日本経済は更に悪化。
アメリカも見放す。
中国が支援の見返りに、東シナ海のガス田の権利を獲得。

2015年、日本の経済再建は失敗し、日本は、アメリカ、ロシア、中国に分割。
1995年の李鵬首相の預言が的中した。

~なんて、書かれないように、日本は頑張りましょう。
特に、政治家の連中は、腰を入れましょう。

|

« 聖ワシリイ大聖堂 450周年 | トップページ | されど都 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

言われる通りですね。
ところで中国と仲の良い国はあるのでしょうか?

投稿: taka | 2011年7月12日 (火) 21時03分

日本の政治ヤさーーん。


これは 妄想物語 ではないかも???

投稿: sue | 2011年7月12日 (火) 21時06分

いやいや、そのとき中国が存在していないほうに1000円賭けますよ

これはあらま様からいただき間違いなし!

投稿: おばQ | 2011年7月13日 (水) 23時29分

taka さま、コメントをありがとうございました。
返事が遅れている間、中国の新幹線では予想通りのことが起きてしまいました。
これで、中国の新幹線に乗りたいと思う外国人はいないでしょう。

投稿: あらま | 2011年7月25日 (月) 14時50分

sue さま、返事が遅れてスミマセンでした。
こんなことにならないように、政治家の皆さん、官僚の皆さんは、心新たにしていただきたいものですね。

投稿: あらま | 2011年7月25日 (月) 14時51分

おばQ さま、ありがとうございます。
小生は日本の再生を信じていますから、日本が消滅するなんては思っていません。
同時に、中国も消滅するとも考えられません。

ただ、いまの状況が続くとも考えられません。

それだけに、われわれ日本人はシッカリしなければならないと思いました。

投稿: あらま | 2011年7月25日 (月) 14時54分

そんなことを議論するのであれば、事態は急転直下で2014年以前。領土分割占領などという幼稚で古典的なシナリオじゃなく、チリ化、ユーゴ化、カンボジア化でしょう。まあ、絶対ないですけどね。

投稿: 空理空論 | 2011年10月 1日 (土) 10時29分

空理空論さま、いらっしゃいませ。コメントをありがとうございました。
冗談で記したつもりが、野田政権に変わって、この預言が現実味を帯びてきたのには驚いています。
> チリ化、ユーゴ化、カンボジア化・・・
小生は、虐殺されたくはありません。

投稿: あらま | 2011年10月 1日 (土) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/52189257

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年、日本が消滅する:

« 聖ワシリイ大聖堂 450周年 | トップページ | されど都 »