« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

菅劇場・・・には ならない

菅ちがい

もはや、日本の国政と国民とか クッキリ と分かれてしまった今、内閣や国会について云々する気もなりませんが、それにしても 我 日本国の総理大臣はどうなってしまったのでしょうか ?

もはや権力欲の権化と化しているとしか思えません。

その権現様が、原発選挙、つまり国会の解散をちらつかせているというのですから、もう どうしようもないですね。

現実問題として、今、この時期に 国政選挙なんて出来るでしょうか ?

・・・かつて 菅さんは、小泉元首相と対峙して負けて、お遍路さんに出たことがありましたが、そのときの小泉さんの手法を真似ているつもりなんでしょうか ?

小泉さんは、「小泉劇場」とも呼ばれる郵政選挙、つまり「郵政の民営化 是か非か」という国勢選挙に打って出ましたが、同様に、菅首相も「菅劇場」よろしく原発選挙、つまり「原発、是か非か」に打って出るのでしょうか ?

でも、今、そんなことをしている場合ですか ?

ほとんどの国民は、政治屋さんたちに呆れていると思いますよ。
菅さんは、大きなカン違いをしていると思います。

非常事態の国難だというのに・・・。

こんなバカなことをしていたら、どうなるのか。
どんな罰が菅さんに降りるか、知りませんよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡県知事は、ペットボトルがお嫌い

文化のちがい

以前、フランス産新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」を管理する統制委員会の会長が、日本でペットボトル入りのヌーボーが販売されたことについて「伝統やイメージを重んじる観点から反対だ。委員会として禁止するつもりだ」と述べ、話題になったことがあります。

結局は、ペットボトル・ヌーボーは日本で売られ続けましたが、その後も本家のフランスでは「けしからん」と思っているようです。

それと同様に、日本茶についても、「ペットボトル茶は、茶の文化を破壊している」と、オカンムリな人がいるようです。

どうやら、比較文化学者でもある静岡県の川勝知事もその一人みたいですね。
昨年も、静岡空港のホールに掲げられたペットボトル茶の看板をあげつらったことが話題になりました。
しかし、いまもペットボトル茶の看板は掲げられたままです。

そんなときに・・・

Save0006

【『静岡新聞』 2011年 6月 28日 朝刊 】

県民の間では、知事は持論に拘り過ぎているのではないか・・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『仁』論争

整合性より人間愛

TBS系の日曜連続ドラマ 『JIN - 仁 』が終ってしまいましたね。

最終回だというのに、どんどん話が広がっていき、どのように収束するのか、心配までしてしまいましたが、まさか落しどころが パラレルワールド だったとは、思いもよりませんでした。

ただ、咲さんが罹患した 緑膿菌の特効薬ホスミシンが錦糸町辺りの崖に落ちていたのを 恭太郎さんが見つけた場面があったのですが、なぜ、ホスミシンがその時代のそこに落ちていたのかが、このドラマが終っても 暫く小生には納得できなかったのですね。
つまり、パラレルワールド間をスリップしたと考えても、矛盾を感じてしまうのです。

その整合性を考えていたら、家内は、そんなことよりも 咲さんが ○○先生に宛てた手紙で涙がボロボロでした。

時空を超えた愛だなんて、素晴らしいではないですか。

考えてみれば、ホスミシンの問題なんて、複数のパラレルワールドを重ね合わせて考えてみれば、どうとでも説明できますよね。

つまり、包帯で巻かれた仁先生が落とした一瓶のホスミシンが二度 タイムスリップしたとすれば、簡単に説明が出来ます。

しかし、もっと単純に、ホスミシンだけが ( 仁先生の愛のチカラで ) 他のルートでタイムスリップしたと考えたほうが、ロマンチックではないでしょうか ?

【追加】 ネットでは、このホスミシンの行方について、大論争が起こっているようですね。
そこで、録画を入念に見ましたが、包帯の仁先生は、二瓶のホスミシンを落としていました。
つまり、包帯の仁先生を手術した仁先生がタイムスリップする前と後です。
恐らく、咲さんを治したホスミシンは、手術をした仁先生の方がタイムスリップしてしまい、それを悔やんだ包帯の仁先生が 「咲さん、すみません ! 」と、言った時に落ちてしまったホスミシンだと思います。 【追加、終わり】

コミック版のほうでは、このドラマとは違った終り方をしていて、ドラマの最後はどうなるのか、ネットでも話題になっていましたが、パラレルワールドにスリップしたという設定で、江戸時代でのペニシリンの製造、坂本竜馬の命日、仁友堂の存在、消えた写真などの疑問が一気に解決したのは、スゴイと思いました。

ところが、会社の同僚たちは、「あの終わり方ではスマートではない ! 」と言うのですね。

「それでは、どんな終り方がスマートか ? 」と問うと、「そんなの、わからない ! 」と言うのです。
全く、鍛冶屋連中は無責任です。

小生は、細部までよく練られていて、きちんと整合していると思うのですが・・・。

しかし、女性軍は、パラレルワールドなんて 面倒くさいことよりも、素直に 人間愛に感動していたようです。

咲さんの一途な想いに 可憐さを感じ、仁先生の努力は無駄ではなかったわけです。
つまり、元カノ が最初から存在しない世界、仁先生が江戸時代で頑張った成果が反映している世界にスリップしたわけですから、それだけでも彼の苦労は報われましたね。

さらに、同じ時間の線上の世界に、同一人物が複数存在できないのに、咲さんの記憶の中に仁先生の面影が残っていたなんて、素晴らしい愛の力だと思いませんか ?

まぁ、もう一人の自分を手術したり、もう一人の自分と階段でもみ合いともなれば、ビリッと痺れたり 量子爆発などするはずなんでしょうが、それは大目に見ましょう。
だいたい、タイムスリップしたり、体が徐々に消えていくだなんてことは、大目に見ないと見ていられませんものね。

それにしても、このドラマでは、医療の問題を、ひとつひとつ取り上げていましたね。
前回までには「製薬」「遠心分離機」「経口輸液」「点滴」「輸血」「動物実験」・・・などを取り上げていましたが、最終回では、病気になった医師の姿勢として「献体」をとりあげ、また、救った命の問題など、考えさせられました。

他にも医療倫理とか、科学技術など、様々な角度から楽しませて貰いました。

また、俳優たちの熱演も見事でした。
この『 JIN - 仁 』は、ドラマの歴史に残る秀作だと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝令暮改

先生、大丈夫ですか ?

今朝の『静岡新聞』にこんな記事が・・・

Photo

【『静岡新聞』 2011年 6月 24日 朝刊 】

はたして、静岡県議会は、この夏を乗り越えることが出来るのでしょうか ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

逃げる、逃げる ! !

動画サイトより

女性らしい逃げ方ですね。

それにしても、お巡りさんたち、ご苦労までした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏至

猛暑日

Photo

本日は、夏至。一年中で一番 昼間が長い日と云います。
ラジオでは、梅雨の中休みということで、静岡では 35度をこえた真夏日になったと伝えていました。

でも、風があったので、そんなに暑くは感じませんでした。

でも、また明日から天気が悪くなると言います。
東日本大震災の被災者が心配になります。

【追加】 この日の夜は、暑くて寝苦しかった・・・。

雨戸を開けて、網戸で眠りました。

電力使用も、予想以上に 一気に上がったと伝えられています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本が破綻したら

金 (きん) だけが価値をもつ

先日、ドイツ人の友人が、小生に「大丈夫か ?」と、心配してきました。
小生の健康を心配しているのだと思ったら、どうやらそうでもなさそうです。
実は、日本の財政とともに、日本の放射能汚染を心配していたのです。

世界のひとたちは、日本の再生を信じてはいるものの、それでも心配しているのですね。
どうやら当事者以上に心配しているようです。

さて、日本が鎖国をやめて 世界経済とお付き合いを始めた時のレートは、1ドル = 1円 だったと言います。

しかし、軍国化した日本は、借金を重ねて、ついに 1ドル = 5円 近くまで 円の価値が下がったところで アメリカに喧嘩をふっかけてしまいました。

戦争以外に、経済を立て直す方法が見当たらなかったのでしょう。

そして、日本は負けてしまったのですが、戦争に負けた日本の‘円’の価値を どう算定してよいのか・・・・。
終戦直後の‘円’なんて、全く価値がなかったからです。

そこで、アメリカは、円の内角は 360度 にちなんで、とりあえず 1ドル = 360円 に固定して‘保護’したわけです。
まったく、ふざけたジョークで、円の価値が決められたのでした。

そして、今や 1ドル = 80円 ですね。
つまり、日本の‘円’は、借金を重ねても 逆に 4倍以上に強くなっているのです。

本来ならば、借金まみれの日本の価値なんて下がるのが当たり前なのに、下がらないどころか上がるのは、それ以上にドルやユーロが不安定なんですね。

そこで中国は、自国の通貨を世界基準にしようと働きかけていますが、中国の‘元’なんて、最初から信用できませんよね。
どんなに経済大国だと胸を張っても、その内容に信頼できないので、中国の通貨を世界基準にしたいとは誰も思わないのです。

ところが、東日本大震災が起きてしまい、日本は更なる借金を重ねることになるのですね。
そこで、石原東京都知事は、あと 3~4年で日本財政は確実に、絶対に破綻すると言いました。

でも、実際には、とっくに日本財政は破綻していて、ただ破綻宣言をしていないだけといいます。

原発事故を起こした東電も、実は、既に破綻が目に見えているので、放射能による環境汚染防止の抜本的な工事に着手できないといいます。
つまり、東電は破綻宣言すらできない状況のようです。

大きい組織になると、破綻しているのに破綻宣言をしなければ、事業が継続できるのでしょうか ?

そういうわけで、円が強いとはいえ、既にその実力はないだろうということで、カネがある人は円を‘ゴールド’に換える傾向があります。

一般家庭のタンスや引き出しの中にある‘ゴールド’を、脅迫してまで買い取ろうとするのはそのためです。

とにかく、日本には カネ があるから安心だという経済アナリストがいますが、それはウソで、それは我々国民の預貯金を当てにしているだけなんですね。

とにかく、もはや政府が国民の預貯金にまで当てにしている状況ですから、「我々国民は、もし家の中に貴金属があれば、それを手放さないように・・・」と、友達には勧めています。

とにかく、「年金」は当てに出来ないことと覚悟を決めておくべきでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

30% OFF

長生きしたい人は・・・

最近、いろいろな番組で、人間の‘長寿遺伝子’が話題になっていますね。
サーチュイン遺伝子というこの遺伝子は、誰でも持っているといいます。

でも、この遺伝子が働くように‘スイッチ’を入れるには、食べ物の摂取カロリーを 30% OFFしなければならないと言います。

つまり、単なる空腹を続けるというのではなく、飢えの状態を続けるというのですね。

ですから、小生がダイエットの目標にしている 15% OFF では、長生きの遺伝子を働かせることは出来ないようです。

しかし、最近の若者の間では 「長生き≠幸福」 という考え方が占められているんだそうですよ。

つまり、今の日本のように、老人ばかりが謳歌して、老人たちの残した借金に苦しむ日本は、必ずしも良い国だとは思えないようです。

したがって、嫌われてまでも長生きしたいとは思わないということで、飢えるような苦しい思いをしてまで長寿になりたいとは思わないようです。

そうは言っても、小生の膨らんだお腹を見ると、やはり何とかしなければならない。
腹八分目とか 15% OFF が、小生にとってはちょうど良いみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

父の日のプレゼント

いったい、どうして ?

6月の第三日曜は「父の日」ということなんだそうですが、今まで小生には関係ないと思っていました。

ところが、今年は違うのです。
家族から、プレゼントを貰いました。
どういう風の吹き回しでしょうか ?

きっと、長男の嫁が、小生にプレゼントをするということで、それが他の家族を刺激したようです。

まずは、家内から・・・
梅酒セット と クールビス・シャツです。
シャツは、シマムラの赤いラッピングに包まれていました。

2011061513120001_2 2011061513140000

長男夫婦からは、刺身の盛り合わせに、花束。

2011061916360001 2011060609200000

長女は、豚肉の角煮 と 煮たまご を作ってくれました。

2011061917010000 2011061917010001

さらに、長女は、小生の大好きなエビスビールも忘れていませんでした。

2011061916350000  Metabo

・・・ということで、ダイエット 15% OFF は、明日から励みましょう。smile

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

去勢ネコ

耳先カット

野良猫さんが増えていますね。
先日も、交通事故に遭ったネコが道端に横たわっていました。

そこで、今朝の『静岡新聞』の三面記事を見ると・・・

Save0004_2

耳先カットは可哀相な気もしますが、去勢の際に麻酔を掛けた時に同時にするので、猫には負担がないだろうということです。

それから、野生動物への餌やりは、互いに不幸な結果になるので、控えたいものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トランス ミュージック

陶酔音楽

同じフレーズを繰り返して恍惚状態に導く音楽のことを ハウス いいますね。
むか~し、ディスコスタジオで流れた音楽にもありました。
踊っているうちに陶酔状態になる・・・・

そんな トランス・ミュージックを ギターで奏でる人が 動画サイト にありました。
不思議な感じですね。

他にも、スゴイ ギタリストたち・・・ ←

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝に皆既月食

曇で見えなかった

今朝、皆既月食があったそうです。
でも、残念ながら、梅雨で観測できなかったとか。

そこで、グーグルの「ロゴ」で皆既月食を楽しみました。
(はやく見ないと、この皆既月食も終ってしまうでしょう。)

1

2

3

4

5 

Photo

天気のよかった沖縄方面では、この皆既月食を観測できたようです。

次回は 12月 10日なんだそうですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金は天下の回りモノ ?

どこかで滞っている

今回の大震災で、日本人口の 5%が被災して、日本経済の 5%が失った・・・という計算があるそうです。

もし、関東に、今回のような大震災があった場合、日本人口の 1/5が罹災して、日本経済の 1/4が壊滅するだろう・・・という試算もあるようです。

さらに、小生の住んでいる東海地方に、連動型の大地震が起きれば、太平洋ベルト地帯が罹災するということで、交通の大動脈は切断され、日本経済は壊滅するということです。

そう言う話を聞くと、怖いですね。Bne483

しかし、更に怖い話は、お金が回っていない・・・といことです。

例えば、今回の震災で沢山の義援金が集まりましたが、そのほとんどが配られていないといわれています。
さらに、政府関係の支援制度も機能していないようで、罹災者の経済的救済がなされていないというのです。

震災から 3ヶ月も経っているというのに・・・
これが、本当に先進国と呼ばれる国の姿なんでしょうか ?

そして、なぜか、中小企業を中心に、全国的に支払いが滞っているというのです。
それは、中小企業に勤める従業員たちにも影響して、震災後、給与の支払いが滞っているところが増えたというのです。

恥ずかしい話ですが、中国人やブラジル人労働者などの外国人労働者に対して、給与の支払いを拒んで平然としている経営者が多いことには驚いています。

最近では、日本人のアルバイトにも支払わないで平然としています。
震災とともに、日本人の商業道徳も崩れてしまったのでしょうか ?

以前、日本の中世の古文書の研究をしたさい、年貢の横流し、着服の実体を克明に記録したものがありました。

そして、昔も天災のドサクサに紛れて、下級役人までもが僅かな年貢米を横領していたのですね。
それが常態化していたようです。

こうした記事を読むと、日本の武士は武士道の精神で清廉潔白だったわけではないようです。
むしろ、水戸黄門に出てくるような‘悪代官’が普通だったようです。

つまり、役人は、今も昔も変わらない・・・ということみたいです。

おっと失礼、お役人様はそう言う人ばかりではないでしょう・・・

でも、残念ながら、小生は寡聞すぎて、そんな立派なお役人様に会ったことがありません。

金は天下の回りモノ・・・といいますが、どうやら、年金のようにお役人様のところで滞っているようです。
その一部が‘埋蔵金’となっているのでしょうか ? ?

そういえば、政府や官僚、その天下り先の外郭団体、農協などの‘焼け太り’が指摘されていますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホットスポット

困った‘陽だまり’

ホットスポット・・・というと、最近では、公衆無線RANサービスのことだと思っていました。

そのまえのアマチュア無線時代には、ロケのよいところ、つまり無線がつながりやすい特定な場所と言う意味で使ったことがあります。

ネットで「ホットスポット」を調べてみると、

 犯罪学・・・犯罪が多発する地区

 地学・・・・・マグマの出来やすい熱い地点

 生物学・・・生物多様性が極めて豊富なところ
       その一方、破壊の危機に直面している地域

 火薬学・・・爆発の部分で温度が高いところ

 天文学・・・光の反射率が一番高い部分あるいは角度

 環境汚染・・・汚染物質が溜まりやすい場所

・・・などなど、いろいろなところで使われていることがわかります。

つまり、簡単に言うと、よい意味では‘陽だまり’。悪く言うと‘吹き溜まり’という意味なんでしょうか。

最近では、福島第一原発が放出している放射能が溜まっている場所・・・と言う具合に使われていて、そのホットスポットになっているところは たいへん迷惑しているということです。

福島第一原発から離れた静岡県でも、茶葉に基準値を越えた箇所があるということで、せっかくのお茶を回収すると言う騒ぎになっています。

それよりも更に遠い九州の佐賀県の松葉からも、福島第一原発と思われる放射能が検出されたとか・・・。

どうやら、福島第一原発から離れているから安全・・・とは、単純には言えなくなっているようですね。

そこで、静岡県の焼津市では来月から学校のグランドとかプールの放射線の測定をすることになったそうです。
あくまでも、念のため・・・ということなんだそうです。

・・・このように、時代の流れによって、言葉の使われ方が変化していきますが、出来ればよい方向に変化してもらいたいものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15% 節約

ちと、きつい・・・

夏の電力不足が予想されるということで、15%節電が話題になっています。
しかし、家庭で 15%の節電をするには、エアコンを使わないばかりではなく、冷蔵庫も停めなければ実現できない数値目標です。

そこで、橋下大阪府知事は、「節電しない ! 」と言っているそうですね。
関西は、原発を停めても 電力が余るはずだといいます。

さて、我家でも、15% OFF が話題になっています。
何を節約するか・・・

まず、最初の節約は お父さんの小遣い ・・・
これは、当然なんだそうです。
何かあると、最初に狙われます。weep

そこで小生は、家内や長女の「間食」の 15%カットを提案しようと思いましたが、怖いので止めました。Metabo

すると、調子に乗った女性軍は、小生の胴回り散髪の長さも 15% カットしよう・・・というのです。
メタボは暑苦しいし、髪を短くすれば涼しいだろう・・・と言うのです。

それを そのままノシをつけて お返ししようかと思いましたが、怖いので止めました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コンピューター管理

常に、見張られている

今や、トラックばかりでなく タクシーやバスにも GPS とカメラがつき、どの経路をどの時間に通過しているのか 随時 記録されていると言います。
燃費も記録され、無駄に燃料が使われていないか記録され、給与に反映されていると言います。
会社側は、エコと防犯対策だと胸を張りますが、管理されるほうは たまったものではありませんよね。Photo

さて、本日、病院に行ったとき、知り合いの人が掃除をしていました。
そこで、彼と話をしようかと思ったら、今は仕事中なので会話は出来ないと言うのです。
そこで、顔馴染みの窓口のお嬢さんに訊いたところ、どうやら彼は、ビルメンテナンス会社の「アルバイト」として雇われているんだそうです。
そして、その掃除道具を積んだワゴンに、作業記録機が搭載されているというのですね。
どの場所をどのぐらいの時間で掃除したのか、カメラに記録されているのだそうです。
ですから、彼は無駄口を叩けなかったのです。

そうして記録された掃除夫のなかから 優秀者は、掃除のコンクールにも出場して、その入賞者は正規社員に登用の‘可能性’が与えられるというのです。

その情報を教えてくれた窓口の彼女も「派遣社員」で、ボールペン一本も新調するのに許可が必要になっていると言います。

今の社会はスゴイですね。
今の自分が、この社会に生きているなんて信じられないぐらいです。
どうして、こんな管理社会になってしまったのでしょうか ? ? ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは、スゴイ ! !

動画サイトより

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢の新エネルギー

『たかじんの そこまで言って委員会』

昨日 ( 6月 12日) の テレビ番組 『たかじんの そこまで言って委員会』で、夢の新エネルギーについて放送するということで、それを録画したので、本日、観てみました。

現在の原子力発電所に代る新しいエネルギーが研究されているということで、その代表的なもの 5つを紹介していました。

    1. 太陽・風力・地熱などの自然エネルギー

      * 無尽蔵で唯一の永続エネルギー

      * 海外では爆発的に普及

      * これこそ第四の革命

    2.  メタンハイドレート

      * 170倍ものガスを含んだ「燃える氷」 ! !

      * 日本はメタンハイドレート大国 ! !

      * 魚群探知機でスグ見つかる ! !

    3.  トリウム原発

      * 原子力なのに「安全」 !

      * 「核兵器にならない」 !

      * 小型トリウム溶融塩炉を作るべき !

    4.  芋エネルギー

      * 芋は万能 ! CO2削減 100% !

      * 収穫 20倍 ! 大量栽培できる芋

      * 日本を救う ! 経済効果 50兆円

    5. オーランチオキトリウム

      * 日本を産油国にします

      * 培養は 3日で終ります

      * 石油製品の全てが出来ます

各分野で活躍している壮々たる科学者がプレゼンしているのも注目しました。
いずれの研究も、電力会社を中心にした権力構造によって圧せられてきたようですが、このたびの震災で、某電力会社がコケたことで、ようやく日の目を見ることが出来たようです。

テレビの情報という要素を含めても、何か期待できそうな夢がありますね。

【追加 = 14日】

どうやら、イタリアでも国民投票で 脱原発が採択されたようですね。
既に、ドイツ・スイスが 脱原発を決めており、その輪が広がりそうです。
深刻な事故を起こしている日本は・・・、わからないですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 『福耳』

なぜか、心に響くPhoto

この映画は、本日の早朝に放送されたものです。
高齢者マンションを舞台にしたコメディー映画です。

若者の身体に、亡くなったお年寄りの霊が乗り移る・・・。
そんな設定の映画ですが、なぜか心に響くのですね。

映画の一節です。

 先が見えない、風のように見えないものを信じる勇気。

 生きていくっということは、見えないものを信じる勇気が必要になる。

 たとえ、自分のすぐ先が見えなくても、自分を信じて進む勇気が必要なんです。

もうひとつ・・・

 『福耳』

 耳を澄ませば聞こえるものがある。

 それは、生きてきた証。

 それは、生きてゆく証。

この二つの「詩」や「台詞」は、何か困難に当たって自分が分らなくなった時、そっと寄り添ってくれるような感じがします。

何か、感傷的になってしまいましたが、母と一緒に見ていたら、感じるものがありました。

それにしても、出演した面々がスゴイ・・・

2003年 日本 109分  監督 ; 瀧川治水

出演 ; 宮藤官九郎、高野志穂、司葉子、谷 啓、横山通乃、弓恵子、多々良純、坂上二郎、宝田明、田中邦衛 ・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母恵夢 と 美恵夢

同じもの ?

知人が、四国 今治の土産ということで‘母恵夢’というお菓子を持ってきてくれました。

2011061120170000_2 2011061120180000

それを見た瞬間、家内は、「これは‘美恵夢’じゃない ? 」と。
静岡でも、昔から同じようなお菓子があるのですね。

Photo_6

そういえば、外形も中身もソックリでした。

こうしたお菓子は、松山の母恵夢のほかに、福島のままどおる博多の通りもん などがあるようですね。

Photo_2 Photo_4

Photo_3

松山の‘母恵夢’と 今治の‘母恵夢’は、同じ名前でややこしいですね。

松山は、1956年 創業の株式会社 母恵夢
今治は、1946年 創業の母恵夢本舗 という別会社なんだそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

起立猫

風太に負けないぞ

かつて、レッサーパンダの風太くんが、一世風靡をしたことがありましたね。
それに負けないほど立ち続ける猫クン。

彼女の様子が気になるのかな・・・ ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デモ行進の報道

偏り過ぎ

本日、各地で 反原発のデモ行進があったそうです。

そこで、小生が仕事で浜松に行った際も、たしかに何人かの人たちがデモ行進をしていたように見えました。

その後、夕方のテレビニュースを見ていたら、沢山の人が参加しているような報道の仕方です。

さて、昨年、尖閣諸島に中国船が乱入したとき、全国各地で、政府の対応の仕方を批判するデモ行進が行われました。
静岡でも沢山の人たちが参加していました。

ところが、この時のデモ行進のもようは一切報道されなかったのですね。

そこで、なぜ報道しないか問い合わせたところ、規模が小さくて報道するほどでもなかったというのですね。

しかし、その時よりもさらに小さい規模なのに、今回の原発反対のデモ行進は大々的に報道されました。

不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新建材の分別

大量の瓦礫処理

今日で、東日本大震災から ちょうど 3ヶ月目になりますね。
こちら静岡では、午前中は嵐が吹き荒れ、近所のビニールハウスが壊れるほどでした。
拙宅の 2階で寝ていた長女も、「風で家が揺れすぎる。」と言って降りてきました。

さて、被災地では 今も瓦礫の処理に手間取っていると伝えられています。
新聞によれば、石巻市では 市の年間ごみの 106年分の 616万トンの瓦礫があると言います。

なのに政府は、首相の首の挿げ替えに乱痴気騒ぎ・・・。
日本の歴史に汚点を残しました。

さて、この大量の瓦礫なんですが、関東大震災の時、東京の瓦礫は江戸城の外堀に埋め、横浜の瓦礫は砕いてその上に新しい街を作ったそうです。

なにしろ、昔は今のような新建材がなくて、瓦礫も石と木など、埋設してもそんなに問題を起こさないものばかり・・・

ところが、今は、新建材とか化学製品が多いので、そのまま砕いて埋めてしまうわけにも行かないのですね。

アスベストとか、環境ホルモンとか、訳のわからない新物質をどうやって処理をしてよいのかわからないようです。

とにかく大規模な処理施設を作って、再生可能なものとそうでないものとを分別して処理しなければならない・・・。Photo

そこで、政府の諮問委員会などから各大学、企業の研究室に、瓦礫処理の問い合わせがあり、静岡大学の工学部でも、かねてから研究している瓦礫の燃料化に注目を集めているようです。

とにかく、民間にもさまざまなアイデアがあるのですが、肝心要の政府が「死に体」なので、どうにもなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽フレア

スゴイ活動

とりあえず、地球には、そんなに影響がないと言います。
そういえば 『ファンタスティック4(フォー)』は、この太陽風の影響で、宇宙飛行士が超人に突然変異したことになっていますね。

日本人宇宙飛行士、古川聡さんは日本時間の午前9時半すぎ、ロシアの宇宙船ソユーズからISS(国際宇宙ステーション)に入ったと伝えられています。
彼は、大丈夫でしょうか ?
もしかしたら、超人となって帰還してくるかもしれませんね。smile

Photo

古川さんの活躍と、無事に帰還することをお祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ番組 『独立時計師たちの小宇宙』

受け継がれる匠の技

ポルシェを操り、湖上でヨットを滑らせる男たち。
スイスで 独立時計師 と呼ばれるマイスターたちの休日です。

彼らが作る機械式腕時計は、9000万円で売買されることも・・・。
この番組では、そんな独立時計師が見本市に向けて新製品を作る姿を描いています。

時計というと、今ではほとんどがクオーツ時計
その日本産のクオーツ時計が世界を圧席したのが 1970年代。
スイスの時計産業は大打撃を受けたのですが、1980年代には回復したのですね。

その回復の理由は、スイスをはじめヨーロッパ各国には、機械式時計宝飾品として大切にしている文化があるのですね。

それが、職人たちの技術を維持する基礎になっているのでした。
つまり、スイスには日本のような産業の空洞化が起きていないのです。

国が技術者を支援する制度が確立しているのも、スイス人が匠の技を大切にしてからでしょう。

スイス国民が機械式時計を愛しているのですね。

なのに日本では、技術が流出し、空洞化が進んでいます。
羨ましい話です。

* 小生は、この番組を CS放送の一つ チャンネル銀河で視聴しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義援金が渡らない - 3

悪平等はやめよう

東日本大震災の義援金が滞っている問題を考えていますが、本日は その最終回。
どうしたらよいか・・・

『静岡新聞』の本日の夕刊では、その解決策を提案していました。

Save0003

【『静岡新聞』 2011年 6月 9日付け 夕刊 】

この記事で最後で示しているように、援助の目的は、公平性よりも助けることですよね。

ですから、日教組が子供たちに教えているような「公平・平等」という理想論、イデオロギーから脱却して、現実に即した実践が必要だと思います。

いままで、災害のたびに沢山の義捐金とか支援物資が集まりますが、いつも大量に余るといいます。

あの時に配っておけば・・・と思うのですが、悪平等的思想、縦割り行政が配分の壁となっているようですね。

結局は、余った物資は処分したり海外の被災地に送ったり、また、余った義援金は、その地方の災害基金として残されている筈です。
(その基金を管理する団体の天下り役員の報酬・退職金になっていないことを願うばかりです。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

義援金が渡らない - 2

批判は、本当だろうか ?

『静岡新聞』では、大震災義援金が滞っている原因が「公平・平等」思想によるものであることを指摘しています。
今回は、その第二弾で、被災者が配分に不平等だと感じている具体的な場合を記していました。

Save0002

【『静岡新聞』 2011年 6月 8日付け 夕刊 】

この記事を読んだ小生は違和感を覚えたので、家内にも読んでもらって その意見を聞いてみました。

「仮設住宅に家電品を寄贈することにたいして 不公平だと批判している罹災者なんて、そんなにいるのかしら ? 」

少なくても我々の知る日本人は、自分よりも大変な人がいるから、そちらのほうから助けてあげてくれ・・・というものです。

大和民族は、義援金の使われ方に不平を言う民族ではないと思うのですね。

どうも、この記事からは、記者の作為が伝わってきます。

日本人なら、善意を貰えるだけでも有り難い・・・と思うのが普通ではないでしょうか ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ほたる 舞う

幽玄な時間Photo_4

今年も、家内と一緒に 蛍を観てきました。
次男がボーイスカウトに加入していた時から、毎年のように訪れている秘密の場所です。

秘密・・・と言っても、最近は多くの人に知れ渡り、今晩も 10人ぐらいの人たちが集まりました。

昨年よりも、蛍の数は減ったようですが、今年も一匹 手で捕まえましたよ。
(もちろん、スグ放してあげました。)

確か、一昨年は母をこの場所に連れてきましたが、奇声を発して、周囲の迷惑になったので、昨年からは連れて来ません。
昨年同様に、今年も家内と二人きりで、暗闇で観測しました。

19時 30分から、およそ一時間ぐらい観察しましたが、時間がアッという間に過ぎてしまいました。

そういえば、昨年の今頃は、小惑星探査機 「はやぶさ」の帰還に沸いていた頃でしたね。
日本の科学技術の高さ、用意周到さに改めて感激しました。

ところが今年は、原発事故で、日本の科学技術の拙さ、不用意を思い知らされて、失意しています。
まさか、こんなに気持ちが逆転するなんて、思いもよりませんでした。

そんな気持ちを晴らしてくれた‘ほたる’。
幽玄な光が和ませてくれます。
来年も、この秘密の場所で光ってくれることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義援金が渡らない

公平、平等とは・・・ Photo_3

マスコミでは、菅首相の退陣が話題になっていますが、そんなことよりも、東日本大震災の被災地の状況のほうが深刻ですよね。
どうも、政治と国民とは完全に離れてしまった感じがします。

そんななか、被災地への義援金が じゅうぶんに渡っていない様子が伝えられています。
昨日の『静岡新聞』夕刊でも、そのことに関する 連載記事を載せていました。

Save0001_2 

さて、今回の大震災で、ソフトバンクの 孫社長は、100億円のポケットマネーを寄付したとか・・・。
北の将軍様でさえ、4,050万円を寄付したと伝えられています。

そうした人たちと比較すれば、小生の寄付なんて爪の先を灯す程度で恥ずかしいばかりですが、気持ちだけは‘貧者の一灯’でありたいと願っています。
そんな小生が言えた口ではありませんが、「公平だ、平等だ・・・なんて言ってないで、手当たり次第に困っている人に配ったらいいのに・・・」と、思ってしまいます。

例えば、転覆船の乗客を救助するに、「公平、平等」なんて言ってられないでしょう。
近くにいる人、自分が助けることが出来る人から助けようとするでしょう。
震災の発生から 3ヶ月経った今の被災地は、そんな状況が続いていると思います。

どうも、日教組が‘悪平等’を教えてから、日本国民の思想は劣化したと思うのですね。

完全に 公平・平等が把握できる頃とは、復興が終った時ではないでしょうか ?

そんな時に義援金が配られても、援助の意味なんてなくなってしまうと思います。

最初の半分は、手当たり次第に配って、残りの半分は‘調整’するような具合でいいのではないでしょうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葬式弁当に赤飯

昔は、凶事に赤飯だって ! ?

毎日、ブログを更新する予定でしたが、ちょいと用事が重なりまして、数日、中断してしまいました。

実は、お葬式が重なったのです。
ひとりは、職場の師匠。もう一人は、高校時代の恩師です。
師匠は、85歳、恩師は、96歳でした。2011060512400000
二人とも長寿でありました。

ところで、本日の話題は、その恩師の葬式の時に出された‘弁当’。
なんと、赤飯が出たのです。

小生の住んでする静岡では、葬式弁当というと、酢飯に海苔を巻いた「助六」か、白飯に黒豆を混ぜたご飯が普通です。
つまり、葬式の幕と同様に白黒ですね。

逆に、結婚式などの祝賀会などは、紅白の幕に赤飯です。
つまり、赤飯は、祝い事に出されるご飯ですね。

ですから、恩師は 96歳の大往生ですから、その葬式も「祝い事」という意味で、赤飯が出たのかと勝手に解釈しようとしました。

しかし、話を聞いていると、どうやら この地方では、葬式に‘赤飯’は当たり前みたいです。

そこで、ネットで調べてみると、葬式に赤飯を出す地域は、全国的に広がっていて、確認されただけでも 151地域あるそうです。

さらに、江戸時代では、凶事に赤飯を出すのが習慣だったそうですね。

また、当時は、白米なんて食べることが出来る人は限られた人で、農民や下級士族などは雑穀を食べていたそうです。

まして、もち米を 小豆や食紅で染めるような 今の姿の赤飯が現われたのは、ここ100年の間のことのようですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふきこぼれ防止グッズ - 2

全然ダメ ! !

先日、このブログで話題にした ふきこぼれ防止グッズ 「ふしぎくん」。

本日、実際にこれを使って 蕎麦を茹でてみました。

2011060417240000 2011060417240001 2011060417250000 2011060417270000

写真 左から・・・

  1. なべ底に「ふしぎくん」を沈めます。
  2. 蕎麦を入れます。
  3. 茹でると、大きい泡が ゴトゴト出てきました。
  4. フタをしたら、さっそく 吹きこぼれました。

・・・ということで、使った意味がありませんでした。
灰皿として使いましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私は嘘を言いません

真か偽か

昨日の内閣不信任案否決の前に、鳩山さんと菅さんが会談したそうです。
その際、菅さんが 辞めると言ったのか 言わなかったのか が 今 問題になっているそうですね。
この「言った言わない」の問題に、互いに「私は嘘を言いません。」と言っています。

この「私は嘘は言いません。」というフレーズなんですが、プログラミングの命題で必ず出題される問題のひとつですね。
いわゆる「自己言及のパラドックス」です。
私は嘘を言いません・・・という命題は、真か偽か ?
もちろん、おわかりですね。

そう言えば、昔~し、高校の授業の時、

ローヤー (Lawyer) が 弁護士
ライアー ( Liar) が 代議士

・・・と、口を滑らせた教師がいました。
小生は、その教師は正しいと思いますよ。

さらに、社会科の教師の中には、

有権者を欺くのが政治家
政治家を欺くのが真の政治家

・・・と、冗談を言っていました。
小生は、その教師も正しいと思います。

そうしてみると、菅さんは、政治家の中でも真の政治家。
さすが、総理大臣だとヘンに感心してしまいます。

もちろん、小生も嘘はつきませんよ。
ホントだってば ! ! happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

健康診断

エクセルにまとめてみた・・・

昨日、健康診断の結果が来て、特に異常なし・・・とのことでした。

しかし、クスリを常用していての結果で、本当は、高血圧高脂血症です。
小生は、他にも いろいろな病名を持っているのですが、ここに書き連ねると嫌になってしまうので止めます。

さて、すこし暇があったので、今までの検査結果をエクセルにまとめてグラフに出して、その変化を見ることにしました。
簡単に出来るかとおもいきや、それでも 2時間も費やしてしまいました。

ところで、現在 残っている健康診断の結果票は、なぜか 40歳からのものばかり。
以前の会社の健康診断は、40歳以下の場合、「身長」「体重」と「血圧」だけ。
採血しなかったのですね。Photo

そこで、小生は 28歳の時に癌の手術をしたことがあって、会社の健康診断とは別に、個人的に採血などして、マーカーの推移を見ていました。
そのときに一緒に、いろいろな血液の成分を測っていたのでした。
その記録も合わせて重ねてエクセルで表示してみると・・・

  1. 身長が縮んでいる
  2. 体重が増えている
  3. メタボの度合いが増している
  4. 血糖値が上がっている
  5. 血圧やコレステロールの値も上がっている
  6. 動脈硬化指数も上がっている

そうしたことが、グラフにすると分るのですね。
ついでに、家内の健康診断の結果もグラフにして見ました。
家内も小生と同じ傾向でした。

恐ろしや、エクセル ! !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内閣不信任案、提出

そんなことをしている時期か

お噂どおり、昨夕、内閣不信任案が衆院に提出されました。
本日、採決されるのだそうです。

確かに、菅内閣は‘話し合いの内閣’ということで、沢山の委員会を作って話し合うばかりで、マツリゴトを全くしていないように見えます。
そんなリーダーではダメだ・・・と、小生も思いますよ。

しかし、それでは 小沢首相なら、この難局を乗り越えることが出来るのでしょうか ?
それとも、谷垣首相なら、絶対に大丈夫でしょうか ?

ダメだ ! ダメだ ! と批判することなら誰でも出来ます。

「俺はこうしたい ! 」と、展望を語らないで、相手を降ろそうとするばかり。

それなら、今と同じこと。

でも、政治家諸氏が、今、することはそう言うことなんでしょうか ?

自らも震災に遭いながらも発行を続けている『河北新聞』の社説からは、罹災者の悲痛な叫びが聞こえてきます。

時事通信社も、「見捨てられた」「今は復興が先」 = 不信任案に戸惑い、あきれ顔も - 東北三県被災地・・・と題して、記事を載せています。

小生も、菅さんは不徳だと思いますよ。
でも、被災者のため‘仕事’を中断すべきではないと思います。

もし、解散総選挙になったら、小生は棄権します。
だって、2300億円も集まったという義援金でさえ配ることができていない状態で、どうやって国政選挙なんてするのでしようか ?
投票したくても 出来ない人が沢山いるでしょうに。
少なくとも、内閣不信任案を出した今回の自民党には賛成できません。

【追加】

午後の衆院本会議で、この不信任案は否決されたようですね。

どうやら、菅首相が「大震災復興の一定の目途がたったところで辞任する」という発言に応じたようです。

でも、原発の復興の目途なんて立っていませんね。
鳩山元首相は「二次補正」のあと・・・だと思っているようですが・・・
つまり、暫くは辞めないということでしょう・・・。

とんだ茶番劇でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画 『レッスン ! 』

社交ダンス と ヒップ・ホップ

この映画は、実話に基づいて構成された 落ちこぼれ高校生たちの更生の映画・・・というよりも、社交ダンスの魅力と可能性も描いている点で注目しました。

いつものように、夜になると元気を増す母を看ながらの映画鑑賞です。
この映画は、過日、NHK の BSプレミアムで放送された録画で観ました。

Photo_2

最初は、単なる更生の物語かと思いましたが、社交ダンスの魅力に惹かれてしまいました。
基本さえ体得すれば、どんな踊りにも対応できる 社交ダンスの不思議さと可能性を感じました。

2006年 アメリカ 117分 監督 ; リズ・フリードランダー 出演 ; アントニオ・バンデラス、ロブ・ブラウン 他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふきこぼれ防止グッズ

テレビで紹介

話題の少ない小生の為に、今度は家内がホットな話題を提供してくれました。

それは、ふきこぼれ防止グッズ・・・という便利なもの。

先日、テレビで紹介されてからというものダイソーに行っても‘入荷待ち’状態なほど人気があるんだそうです。

ところが、近所の 百均 に行ったところ、山のように積まれていたそうです。

2011053114550000 2011053114560000_2 2011053114560001

( 右の写真は裏側から見たもの。どうみても灰皿ですよね。)

ふきこぼれ防止の原理は、細かい泡が ふきこぼれの原因になっているので、この装置で その細かい泡を集めて大きな泡にして ふきこぼれを防ごうというもの・・・

とにかく、このふきこぼれ防止には、今までに様々な都市伝説がありました。
小生が知っているだけでも・・・

鍋の中に、ナイフやフォークなどの金属を入れる・・・
いや、セラミックスを入れる・・・
鍋でなく、フライパンで煮る・・・
底の丸い形状の鍋で煮る・・・

結局、総てがガセでした。

家内は、このふきこぼれ防止グッズを買ってきたばかりで まだ使っていないと言います。
でも、使った人のネットでの評判は・・・・
「この装置は、ふきこぼれないほど弱火で使えば、ふきこぽれないかも・・・」などなど・・・

ちなみに このグッズ、「カタカタくん」「コトコトくん」「なべぞこくん」「ふしぎくん」などと名前を変えてはテレビで紹介され、廃盤を繰り返しているようです。

・・・家内には内緒ですよ。catface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »