« ほたる 舞う | トップページ | 義援金が渡らない - 3 »

義援金が渡らない - 2

批判は、本当だろうか ?

『静岡新聞』では、大震災義援金が滞っている原因が「公平・平等」思想によるものであることを指摘しています。
今回は、その第二弾で、被災者が配分に不平等だと感じている具体的な場合を記していました。

Save0002

【『静岡新聞』 2011年 6月 8日付け 夕刊 】

この記事を読んだ小生は違和感を覚えたので、家内にも読んでもらって その意見を聞いてみました。

「仮設住宅に家電品を寄贈することにたいして 不公平だと批判している罹災者なんて、そんなにいるのかしら ? 」

少なくても我々の知る日本人は、自分よりも大変な人がいるから、そちらのほうから助けてあげてくれ・・・というものです。

大和民族は、義援金の使われ方に不平を言う民族ではないと思うのですね。

どうも、この記事からは、記者の作為が伝わってきます。

日本人なら、善意を貰えるだけでも有り難い・・・と思うのが普通ではないでしょうか ?

|

« ほたる 舞う | トップページ | 義援金が渡らない - 3 »

台風・災害」カテゴリの記事

コメント

記事を読んでいて、日赤の担当者の方が気の毒になりました。
仮設住宅に電化製品を揃えてくれてたなんて、すごくいい使い道じゃないですか。
読んでいてこちらもうれしくなりましたもの。
サンタさんみたい、と思って読んでたのいたのに
何でもどこでも批判する人はいるんですよね。
だから、モンスター何とかが多くなるんじゃないでしょか。

投稿: しーな | 2011年6月 9日 (木) 02時37分

しーな さま、ありがとうございます。
もし、仮に日赤の配分に不満を覚える人がいたとしても、それは少数意見だと思います。
この記事は、どこか おかしいような気がするのですね。

投稿: あらま | 2011年6月 9日 (木) 13時51分

はじめまして。私は石巻市というところに住んでいて家は流されはしませんでしたが4日間水没したままで大規模半壊という罹災証明書をいただきました。
この記事じたいには不満はありませんが、一階が浸水したアパートの二階の方が浸水被害もなく、一階の修理も済み他の方はアパートに戻っているのに、一階の方と同じ大規模半壊の罹災証明書をもらい仮設の申し込みをしながら避難所で暮らしていたりします。理由は仮設は家賃もかからず家電が新しくなるからとのことでした。そんなかたを何人も見ている私はやはり不満に思うことが多々ありますよ。

投稿: かめこ | 2011年6月23日 (木) 21時31分

かめこ さま、いらっしゃいませ。
コメントをありがとうございます。
罹災証明書が、どのような基準で発行されているのか分りませんが、役所のほうで、このアパートの 2階の人に証明を発行したのには、それなりの理由があったと思います。
なかなか公平にはいかないものですね。
先日もテレビの情報番組で、高台に新築して、引っ越しの最中に、海沿いの古い家が罹災した人がいました。
既に、ほとんどの家財道具などは、新築の家に移されていたので、そんなに被害がなかったのに、罹災当時、転居届けをしていなかったということで、罹災証明所を発行してもらったそうです。
そうして、高速道路を無料で走行しているんだそうです。
はたして、そういった人がズルイ人なのかどうかの判断は難しいと思います。

静岡から見れば、東北の被災地は、程度の差こそあれ、皆が罹災者だと思います。
支援物資をもらえた人もいれば、もらえない人もいる・・・。
平等とは難しいものですね。
我々としては、少しでも早く復興することを祈るばかりです。

投稿: あらま | 2011年6月23日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51892088

この記事へのトラックバック一覧です: 義援金が渡らない - 2:

« ほたる 舞う | トップページ | 義援金が渡らない - 3 »