« 放射能汚染と生存権 | トップページ | あの人の息子 »

母のテレビ

驚いた様子

母のテレビの調子が悪くなったので、買い換えました。

今までのテレビは、8年前に買った韓国製のブラウン管テレビ。
どうせスグに壊してしまうだろう・・・と思ったのでの 一番安いものを選びました。
ところが、想定外にも 8年間も働いてくれました。

とにかく、母は機械の操作がまったく出来ないのですね。
ラジオのチューニングさえもできないのです。
当然、テレビやエアコンのリモコンを使うことが出来ないのです。
チャンルを変えるときは、直接、テレビ本体のスイッチを押すことになります。
本体の電源スイッチも強く押すので、スグに壊れてしまい、コンセントを入れたり抜いたりしています。
音量の調整も出来ないので、そのままです。

そういうわけで、地デジ化で、テレビを替えたかったのでしたが、薄型テレビはリモコン操作が主なので、母にはムリだと思っていたのです。
そのときは、地デシチューナーなどで対応しようと思っていたのでした。

ところが、先日来から急にテレビの映りが悪くなったので、昨日、買い換えたのです。
今までの韓国製のブラウン管テレビは 18インチだったので、今度は19インチぐらいの液晶テレビにでもしようかと思いましたが、今は 32インチの国産液晶テレビが 3万円前半の価格で買えるのですね。
つまり、19インチのものとそんなに変わらない価格なのです。
しかも、19インチだと小さく感じるのですね。
そこで、32インチのシャープの亀山モデルを買いました。Photo

ところで、問題はリモコン。
電器店の店員に聞くと、老人用の使いやすいリモコンがあるというのですね。
地デシテレビにも対応しています。
価格も安かったので、それも併せて購入。
持ち帰りなので、さらに値引きをしてもらいました。

新しいテレビに、80歳の母は、戸惑った様子でした。
リモコンの使い方を教えても、覚えようとはせず、相変わらず電源の投入はコンセントでやっています。
チャンネルの操作も、最初は本体のボタンを捜していましたが、探し出すことが出来ない様子で 結局 諦めて、大きなボタンのリモコンを眺めていました。

それにしても、今までのテレビと違って、美しく繊細な映像に、母は驚いた様子です。
それが分るようですね。

母は、白内障の手術をしていたので、目には曇りが全くないので、そのテレビの美しさが分るようです。

|

« 放射能汚染と生存権 | トップページ | あの人の息子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あらま様
私もリモコン操作ができません
覚えようとする気もないのですが
あまりにも高度に電子化されて使いこなせません
携帯電話はラクラクホンで十分です
まあ、キーボードが使いこなせれば私の生きている間は大丈夫でしょう・・・と思っています

投稿: おばQ | 2011年5月 4日 (水) 08時53分

何を仰いますか、おばQさま。
パソコンを使いこなして止まない おばQさまには、リモコンなんてお茶の子サイサイでしょう。
お金を出せば、音声でチャンネルを変えることが出来るリモコンもあるそうですね。
そろそろ小生には、それが必要です。

投稿: あらま | 2011年5月 4日 (水) 18時24分

最近はテレビはほとんど見なくなってしまいました。

アニメや音楽は動画投稿サイトなどが1本105円とかで運営している配信チャネルがありますし、報道は検索サイトや掲示板、ブログの方が速いです。教養モノはゆっくり読める図書がありますし・・・。ドロドロのドラマとかバラエティとかお笑いとかに興味が無ければテレビは必要ありません。

周りもテレビで昨日出てた芸人より、昨日どの音楽をIpodに落としたかの話題の方が興味があります。PVごとDLして変換し、PSPなどに入れている猛者もいます。

父は地デジ対応のテレビを買って喜んでいましたが、私はもう7月からテレビとサヨナラしてしまうかもしれません。

投稿: ある大学生 | 2011年5月 5日 (木) 11時47分

ある大学生様、ありがとうございます。
拙宅の 3人の子供たちも、テレビは観ませんね。
「くだらない」「ウソばかり」といいます。
今の若者の方が、キチンとしたモノの見方をしているようですね。
ただ、認知症の母にはテレビは必需品です。
テレビを観ている間だけは大人しくしてくれるので、他のことが出来ます。
・・・かと言って、ず~と観させている訳にも行きません。

投稿: あらま | 2011年5月 5日 (木) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51572688

この記事へのトラックバック一覧です: 母のテレビ:

« 放射能汚染と生存権 | トップページ | あの人の息子 »