« 月月火水木金金 ♪ | トップページ | 浜岡原発の重大事故 »

津波訓練

10分間で逃げられるか・・・Photo

初夏の日差しが眩しい本日、津波に特化した防災訓練が静岡で開かれました。

当地は東海地震の想定区域ということで、30年以上前から巨大地震を想定した総合防災訓練をしてきましたが、津波に特化した訓練は今回が始めてです。

今年の 3.11の東日本を襲った津波は、東海地震の想定区域でもある当地にも強いインパクトを与えました。
そして、巨大津波に対する訓練が必要だろう・・・ということで、どのような訓練が適当か話し合われました。

今までの防災訓練は、各地域ごとに指定された避難場所に集合するというものでした。
ところが、その避難所は低所で、津波に流されてしまう危険な場所であることが、今回の大震災で判明。
そんなところに集合するような訓練では、逆に、津波の被害を拡大するだろう・・・ということで、根本的な見直しに迫られました。

しかし、県のほうでも市のほうでも、住民に対して具体的な避難方法が示すことが出来ないのですね。

そこで、今回の訓練は自治会に丸投げした形で、訓練というよりも津波にたいする避難の際の問題を洗い出すことを目的とすることになりました。

とにかく、集合場所に集合するような従来の訓練ではダメですね。
津波警報が鳴ったら、取る物もとりあえず、一目散に高所に逃げる・・・。
タイムリミットは、10分。
その間にどれだけ逃げれるか・・・。

結局、たった10分の間に逃げることができるような高所がないことが判明。
ここの自治会の住民は、巨大津波に襲われたら、全滅することが判明・・・。

なんのこっちゃ ! ?

|

« 月月火水木金金 ♪ | トップページ | 浜岡原発の重大事故 »

台風・災害」カテゴリの記事

コメント

あらま様
平野というのは良いようですが、困ったこともあるのですね
うーん、一体どうしたらいいのでしょうか?
鉄骨の建築物を作って、そこにみなで逃げるとか・・
でも今回の地震では地震で建物から外に避難したら津波に襲われたところもあるし

いったいどうすれば・・???

投稿: おばQ | 2011年5月21日 (土) 17時40分

おばQ さま、ありがとうございます。
今までの 30年以上も繰り返してきた「避難訓練」・・・・
あれは一体 何だったでしょう・・・
夏の防災訓練に向けて、自治会で話し合うことになったようです。
とりあえず、高台の確保ですが・・・。。。。

投稿: あらま | 2011年5月21日 (土) 20時13分

こちらでは自治会でも学校でも避難訓練ありませんが大丈夫でしょうか・・・。
こちらは四方海に囲まれているので津波が来たらほとんどが水没するそうで
逃げるところ、ないようですsweat01
運、かな~。

投稿: しーな | 2011年5月22日 (日) 03時21分

しーな さま、ありがとうごさいます。
ネットで、沖縄の過去の津波を調べてみました。
すると、結構大きな津波に襲われたことがあるのですね。

http://www.jma-net.go.jp/ishigaki/tmanual/pdf/Chapter2.pdf#search='沖縄 津波 過去'

そういうわけで、平地に住む我々は、覚悟を決めておかなければならないのでしょうか ?coldsweats01

投稿: あらま | 2011年5月22日 (日) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51727776

この記事へのトラックバック一覧です: 津波訓練:

« 月月火水木金金 ♪ | トップページ | 浜岡原発の重大事故 »