« 母のテレビ | トップページ | 応募していないのに当選 ! ? »

あの人の息子

迷惑な話 ?2011050508480002

本日は、こどもの日です。
決して「子供の日」ではないのです。
なぜかというと、マスコミや公官庁が「子供」と書くと、人権団体から抗議が来るんだそうです。
たんなる「言葉狩り」なんですね。
それにしても、なんとも窮屈な時代になったものです。

さて、そんな「子供」について感じていることを記してみましょう。

ところで、今でも小生は、地元では、アラマさん・・・と呼ばれるよりも、アラマさんの息子さん・・・と呼ばれることがあります。

どうやら、この地では、小生よりも小生の父親の方が まだインパクトがあるようです。
父が亡くなって 17年にもなりますが、今でも「アラマさんにはお世話になりました。」という人がいます。
小生が知るよりも、父は偉大であったようです。

しかし、50歳を過ぎても、いつまでも「アラマさんの子」と呼ばれることには、いささか嫌な気がするのですね。

小生が社会にでて、初めて出張に行ったとき、親方から「絶対に外では‘息子’と言う言葉は使うな。」と教えられました。

先方の会社の名刺交換のとき、社長の息子を紹介されることがありますね。
そのときに、「社長の息子さんですか」・・・なんて口を滑らせでもしたら、その商談は破談すると教えられました。

日本の企業は世襲が多いのに、いつまでもそれを気にしている社会なんですね。

それに対して、西欧はそんなこと気にしていないようです。
むしろ、平気で ○○の息子と云います。

例えば、Johnson とか Jackson なども、John`s son とか Jack`s son の略 なんだそうですね。Mcdonalds

また、ファストフードの マクドナルドも、ドナルドさんちの息子さん・・・という意味なんだそうですよ。
つまり、Mc とか Mac という語は、ゲーリック(スコットランドやアイルランドの古い言語)で  son of ○○ という意味なんだそうです。
だから McDonaldson of Donald ということになり、McDonald D は大文字なんですね。

つまり、名前からして、最初から父の息子であることを示しているのです。
さらに、ルパン3世 なんてもの、初代ルパンの 三代目ということですよね。
それでは、○○の息子という名前があるのに、○○の娘という名前はないのか・・・というつまらない疑問が沸きます。

いまのイギリスの エリザベス女王は、正式には エリザベス二世なんだそうですね。

西欧では名前の由来を大切にする一方、先代は偉かったかもしれないが、俺は俺だ・・・という意識が定着しているので、○○の息子という名前でも平気なんですね。

それに比べて、日本は度量が狭い。
○○の息子といわれるのがイヤなら、最初から継がなければ良いのに・・・と思います。

なんて言う小生も、アラマさんの息子・・・と呼ばれるのがイヤです。
それがイヤなら、父よりも大きくなればよいのです。

その点、小泉進次郎さんは立派です。

(上の写真は、拙宅の五月人形。子供たちが大きくなったので、まったく手抜きの飾り付けです。)

|

« 母のテレビ | トップページ | 応募していないのに当選 ! ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51585358

この記事へのトラックバック一覧です: あの人の息子:

« 母のテレビ | トップページ | 応募していないのに当選 ! ? »