« 買って応援しよう | トップページ | 津波訓練 »

月月火水木金金 ♪

国家総動員 ?

本日の『静岡新聞』の読者投稿欄 『ひろば』に、牧之原市の男性 (64) からの投稿がありました。
その内容は・・・

「私の透析暦は 40年近いが、そのうちの 31年間は家庭透析を行ってきた。
それができるのも、原子力発電による安定供給のお陰である。
原発以前の中電は雷雨に弱くすぐ停電したが、家庭透析が安心して出来るようになってから高校教師として社会復帰できた。」
というものです。

彼が代弁しているように、浜岡原発のお陰で電力が安定し、そうした条件が静岡県の産業の基礎となっています。
県内には、大きな冷凍倉庫が沢山ありますが、そうした倉庫を建設・運営が出来るのも、浜岡原発の電力の安定供給のお陰です。

しかし、今、浜岡原発は停止しています。
自家発電などバックアップのない企業や病院、倉庫などは、いつ停電するか心配ですね。

そこで、まさたみさまのブログにもあるように、県内の自動車産業は、土日の休日を木金に移動することになりました。
そうして、平均的に電力を消費しよう・・・というのですね。

しかし、零細企業にとっては、それはたいへんなことです。
つまり、休みがなくなってしまうのです。

零細企業のなかには、土日休みの企業と、木金休みの企業と、両方の元請とお付き合いしているところがあります。
そうした場合、事実上、休みがなくなります。

さらに、サマータイムを導入している企業とそうでない企業ともお付き合いをするとなれば、営業時間を拡大しなければなりません。

零細企業は、「月月火水木金金 ♪」です。
まさに、「欲しがりません、勝つまでは ! 」です。

|

« 買って応援しよう | トップページ | 津波訓練 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど、そういうことになってしまうのですね
これは全体として調整しなければどうにもなりませんね
うーん・・・・

投稿: おばQ | 2011年5月20日 (金) 19時22分

おばQさま、ありがとうございます。
休日の移動も、サマータイムの導入も、労働者にとっては、サービス残業の体のよい口実となります。
結局は、電力の消費の減少にはつながらないでしょう。

投稿: あらま | 2011年5月20日 (金) 20時21分

こんにちは。

「月月火水木金金!」の歌の全部は今まで知らなかったですが、歌の出だしを聴いたらこれは「ドリフ大爆笑!」の初期のオープニングテーマですね。
もちろん「大爆笑!」のほうが替え歌で歌っているんですけど、これなら歌詞を見れば私も歌えます。

投稿: まさたみ | 2011年5月21日 (土) 12時24分

まさたみ さま、ありがとうございます。
そうなんですね。
当時のドリフターズは、休日がないほど忙しかった。
それならそれをテーマソングにしちゃおう・・・。
軍歌とドリフターズ・・・、けっこうマッチングしていますね。

投稿: あらま | 2011年5月21日 (土) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51720601

この記事へのトラックバック一覧です: 月月火水木金金 ♪:

« 買って応援しよう | トップページ | 津波訓練 »