« 市内一斉清掃 | トップページ | 東海地震はいつ来るんですか ? - 2 »

東海地震はいつ来るんですか ?

浜岡の温度差Takeuchi

黄色の大きなメガネをかけていた 東大の地球物理学者の 故 竹内 均 教授 (写真) が、いわゆるプレート理論で東海地震の発生を指摘してから、40年余が過ぎました。

その科学的根拠によって、小生が住んでいる静岡は、地震強化地域に指定され、毎年、何回も東海地震を想定した防災訓練をしています。Photo

お陰で、静岡県は、巨大地震に見舞われる可能性が高いということで、地震保険も高く設定しています。

なのに、阪神や北海道、東北、九州、中越、北陸・・・と、地震保険の安いところで大きな地震が発生しました。
(右の地図で、赤く塗られたところが地震保険が高く設定された地域。緑は低く設定された地域。)

ところが、一番危険とされている東海地方では、一向に巨大地震が起こりません。
そこで、静岡県では、こんな CM が流れました。

かつて、寺田寅彦が「天災は忘れた頃にやってくる」・・・と言ったそうな。
その論理に従えば、静岡県民は常に地震を気にかけているのだから、東海地方には地震なんて来ない・・・と、屁理屈を言う人もいたほどです。

ところが、今回の東日本大震災の発生で、東海地震が現実味を帯びてきました。
学者様たちの予想では、今後 30年以内に 東海地震が起きる確率が 87% というのです。

その学者さまたちは、東日本大震災を 99%の確率で予想していたのですから、地震予知の信憑性は高いですね。

・・・でも、同じようなことを 40年前にも聞いたことがあります。
静岡では、40年前から「次の瞬間に大地震が来るかもしれない・・・」なんて言われ続けています。
しかし、いつまでたっても来ないとなると、まるで狼少年のように その信憑性を疑ってしまうのです。
でも、学者様たちが、こうして 99%の確率で東日本大震災を予想して当てているのを見ると、東海地震についても信じないわけには行きません。

そこで、困ってしまったのが浜岡原発。
浜岡原発は、東海地震が予想される前に計画され作られたもので、さらに近年になってからは、原発の下に活断層が発見された・・・とも言われてしまいました。

決して安全な場所に原発がたっているわけではないのですね。

そこで、浜岡周辺の静岡県民はもとより、全国的に 浜岡 STOP の運動が起きました。

そうして、福島第一原発の事故を契機に、ようやく政府が浜岡原発を運転している中部電力に「全ての原子炉の運転中止」を要請するにいたったのですね。
その要請に対して、今夕、中部電力は不本意ながら受諾することを表明しました。

しかし、地元の御前崎市では、市の財政の 4割が浜岡原発関連の交付金で賄われているそうです。
国では、そうした地元の事情を考慮して、原発が止まっても交付金を交付する方向で検討すると言います。
それでも、原発関係の仕事に従事している人が多いので、雇用に対しても十分な保証を要求しています。

ところが、そうした御前崎市民の要求に対して、周辺の住民は、御前崎市は要求が過ぎるのではないかと考える人が多いようです。

原発の停止で困るのは、御前崎市民ばかりではないのですね。
こうした事態よって、県内の産業の沈没が予想されます。
そうした痛みを皆で分かち合おうと思っているのに、独り要求を重ねる御前崎市に対して、他の静岡県民は温度差を感じているようですよ。

|

« 市内一斉清掃 | トップページ | 東海地震はいつ来るんですか ? - 2 »

台風・災害」カテゴリの記事

コメント

あらま様
静岡も原発がないと成り立たないのでしょうか?
我が福島は田舎のビンボーな僻地ですが、静岡は都会で産業があると言うイメージがあるのですが・・・

投稿: おばQ | 2011年5月 9日 (月) 23時39分

こんにちは。

危ない施設のおかげで市の財政が潤うというのもおかしいし、その施設に頼りすぎている地域もおかしいと思いますね。
“地元住民がおかしい”の意味ではなくて“市の行政がおかしい”という意味です、念のため。
もっと言えば、原爆でやられた国に原発がいくつもあるというのもおかしな話だと思います。

写真の竹内教授の顔は良く覚えてますよ。
NHKテレビでよく見た記憶があります。


投稿: まさたみ | 2011年5月10日 (火) 01時34分

おばQ さま、ありがとうございます。
静岡が、浜岡原発に依存する‘量’は、数字よりも遥かに多いと思います。
静岡が大企業を誘致している条件は、豊富な良質な水、豊富な安定した電力があるからです。
中部電力圏内で、浜岡原発に依存しているのは 15%という数字もあるそうですが、そのなかで、静岡が浜岡原発に依存しているのは 60% を超えているようです。
そういう背景もあって、電力を多量に使うアルミの精錬工場とか、メッキ工場が多いのですね。
浜岡ができてから、停電なんて経験したことがありません。
そういうわけで、原発停止の影響がどうでるのか、未知数なところがあると思います。

投稿: あらま | 2011年5月10日 (火) 08時43分

まさたみ さま、ありがとうございます。
僻地の財政は苦しいものですね。
しかし、大企業が来てくれると、その僻地が潤うのも事実です。
そうして、大企業に依存した財政体系ができあがるのは、独り浜岡だけではないと思います。
その大企業がコケると、どうなるか・・・
今のアメリカのデトロイトがよい例ですね。

投稿: あらま | 2011年5月10日 (火) 08時47分

まさたみ様へ。原爆を受けたから原発は要らないと言うのは、火事が起きるからガスはいらないと言うのと同じだと思います。

一度は原発の放射能漏れなど比較にならない威力の原爆により消滅した広島と長崎が、再び街として復興しているのを見れば、福島の事故が生体にどれ程の影響を及ぼすのかは、不謹慎かもしれませんが疑問かと思います。

皆さま、一度落ちついて冷静になるべきでは?マスコミの反応も含めて今回の動きは全く私の理解の範疇を超えます。これがアレルギーと言うものなのでしょうか?

もっと実証的に、厳密に、将来を見据えて動かなければ、道を間違えます。

一時停止ならまだしも計画白紙化やパラダイムシフトなどと、やっている余裕と展望が今の日本にあるのでしょうか?

何だか日本の社会に出るのがさらに不安になって来ました。
この夏から冬にかけてイギリスに留学して来ます。その結果によっては一年留年したいと思っています。

投稿: ある大学生 | 2011年5月10日 (火) 19時12分

ある大学生様、ありがとうございます。
横から失礼しますが、時間がありましたら、以下の動画をご覧下さい。
この人は、原発反対を唱えたばかりに、出世街道から外れてしまった学者です。
(既にご覧になっていたら、失礼しました)

http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk&feature=youtu.be

さて、イギリスへの留学の由、よいことだと思います。
MBAを取得して外資系の会社に入った同級生がいますが、日本の企業は‘殻’から脱皮することができない・・・と嘆いていました。
そこで、企業のリーダーをトレーニングする会社を設立して頑張っています。
そうした生き方は、小生には出来ませんでしたか、チャレンジすることは素晴らしいと思います。

投稿: あらま | 2011年5月10日 (火) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51625498

この記事へのトラックバック一覧です: 東海地震はいつ来るんですか ?:

« 市内一斉清掃 | トップページ | 東海地震はいつ来るんですか ? - 2 »