« 階段落とし ? | トップページ | がんばるワン ! »

船員しんぶん

活躍する船舶

この震災から ちょうど一ヶ月なのに、恐ろしいほど何もしない政府・民主党。
いったい我国の首相はどこに行ってしまったのでしようか ?

それを反映したのでしょうか、昨日の統一地方選挙では、民主党が大敗。
多くの地方議会では、自民党が第一党に返り咲いていますね。

【追記】 静岡県では自民党の議席数が増えましたが、全国的に見ると、自民党も減らしたようですね。

ところで、自粛ムードの蔓延で、近所の満開の桜の木には提灯が下がっていません。
桜祭りが中止されているのですね。
確かに、罹災された人のことを思うと、花見遊山だなんて気分にはなれません。

しかし、そんな沈滞したムードでは復興が遠のくばかりだと思います。
自粛を自粛して、活気に満ちた社会にしなければならないと思います。
なのに、役所の主催するイベントが全て自粛・・・。
自粛しても、公務員の給料は下がりませんが、民間の給料は確実に下がります。
こういった状況なのに、まず第一に‘保身’を考える公務員にはウンザリです。

とにかく民間人らは、復興に向けて、一生懸命にがんばっています。
その一つを紹介してみましょう。Photo

次男がフェリーの船員と言うことで、拙宅にも海員組合の機関紙が届きます。
それが「船員しんぶん」です。
それを読むと、船舶が今回の震災回復に、各種船舶が活躍している様子が伺えます。

捕鯨船や調査船、帆船から漁船まで、震災からの復興の為に働いています。
陸上の交通や通信が遮断されても、船舶の無線とか機動力は、本当に頼もしいですね。

次男らが乗っているフェリーは、震災直後から防災船として、人員や車両、物資の運搬に活躍しています。
昨日も、休みもそこそこ、次男は出発していきました。

船乗りとしてようやく一年を過ぎたばかりの次男ですが、この仕事に誇りを持っている様子です。
現場では大変な状況のようですが、頑張っている様子を伝えてくれています。

|

« 階段落とし ? | トップページ | がんばるワン ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51356651

この記事へのトラックバック一覧です: 船員しんぶん:

« 階段落とし ? | トップページ | がんばるワン ! »