« エイプリル・フール | トップページ | エイプリル・フール - 2 »

「ありがとう」は、魔法の言葉

日本が取り戻したもの

さぁ、新年度です。
新しく希望に満ちた人たちが活躍し始めます。

三週間前の東日本大震災で、日本は大切な命、大切な財産をたくさんなくしました。

「大切なものほど、失えば戻ってこない。」
・・・その言葉を実感しました。

着の身着のままで、こちら静岡に避難してきた家族があります。
その方たちも、この静岡で新年度を迎えたわけですね。

ところで、最近よく耳にする言葉があります。
それが「ありがとう。」

商業的ではなく、儀礼的ではない、心からの「ありがとう。」と言う言葉です。
こちら静岡でも、今でも募金活動、チャリティーイベントが盛んに行われています。
その場所で飛び交う言葉が、心からの「ありがとう。」です。
最近まで、マニュアル的な味気ない「ありかとう。」が蔓延していた中、久しぶりに心の籠もった「ありがとう。」が聞けて、心が洗われる感じがします。

また、普段の生活で、当たり前のことに対して、素直に「ありがとう。」という気持ちになりました。
電気、石油が、そして水が、こんなに大切なものかを実感しました。
そして、被災地の方々の生活と比べて、家があって、食事が出来て、風呂に入って、床に就くという当たり前の生活が、有り難いことなんだと感じることが出来たのです。

そういうわけで、この度の神からの試練によって、われわれ日本人は、大切なもに気付く機会が与えられたと思います。

さらに、友の有り難さも感じました。
尖閣諸島問題では‘敵’だと思っていた中国から、震災直後から救援隊が駆けつけてくれて、邦人の救助に尽力してくれました。
インターネットでも、日本を激励するコメントで溢れています。
さらに、石油や救援物資を惜しみなく提供してくれています。
中国では、石油が不足しているのに・・・

同様に、韓国や台湾をはじめ、アジア諸国、そして中東、欧州、アフリカからも支援が寄せられていると言われています。

昨日も、イギリスから、飲料水 100トンが航空機によって届けられました。

建国に苦しむアフガニスタンからも、北の将軍様からも、お金が送られて来たと伝えられています。

タイからは、ガス発電プラントが 5年間に渡って無償貸与されることになったそうですね。
タイでも深刻な電力不足なのに・・・

そのなかで、アメリカからの支援には、たいへん感謝しています。
「トモダチ作戦」と称するアメリカ軍の日本への支援は、震災直後から展開されています。

今回の作戦で、米軍は、日本国内だけでなく国外や本土からも兵員を動員して、参加した人数は 2万人に達すると言われています。
日本の自衛隊は、10万余人の隊員らが被災地などに展開していますが、米兵の数はその 1/5ということになりますね。
今も、最新鋭の原子力空母、強襲揚陸艦など 19隻の艦船、133機の航空機が東日本各地、三陸沖で‘作戦’展開しているそうです。
そして、震災直後に自衛隊の車両とか重機などを海から陸揚げし、道路や空港を使えるようにしてくれ、いままで 240トン以上の支援物資をヘリコプターなどで空輸し、孤立住民の捜索などを展開していると伝えられています。
また、新学期、入学式に備えるために、学校の体育館に溜まった土砂を生徒らと一緒に撤去するなど、人道的な活動を続けてくれています。
そのとき、学校の運動場で整列するアメリカ兵の青年たちを見て、東北の生徒らはその大きさと整然とした行動に驚いていた様子が伝えられていました。
「でっかい !」「かっこいい !」
その大きなアメリカの青年たちからは「ゴミ拾いでもよいから、やらせてもらいたい ! 」という強い意欲が感じられるというのですね。

アメリカは、こうした人道的な支援の他に、福島第一原発事故に対しても支援してくれているそうです。
高い高度から撮影できる無人偵察機による航空写真や観測データーなどを日本に提供してくれているそうですね。
さらに、大量の冷却用の真水の運搬にも携わってくれています。

しかし、更に重要な支援が、国防です。
自衛隊が災害復興活動に傾注する中、国防に穴が空かないように、米軍はシッカリと日本周辺に展開して日本を守っているというのです。
そうして、東アジアの軍事バランスを保ってくれています。

まさに、日米安全保障条約を、アメリカが遵守してくれているのですね。

アメリカの青年が、こんなに頼もしく眩しく見えたのには、一種の驚きです。
日本人は、そんなアメリカに、心から感謝していると思います。
もちろん、中国や韓国、台湾などアジア諸国をはじめ、欧州など、世界の人々に感謝しています。

日本は、こうした世界中の人々のお陰で、心からの「ありがとう。」という言葉を取り戻したと思います。
今年度から、日本は、「ありがとう。」という魔法の言葉で、再建という新たな目標、希望に向かって邁進していくでしょう。

民放の CMでも流されているように、今日から、日本人の挨拶は、「こんにちは、ありがとう。」です。

|

« エイプリル・フール | トップページ | エイプリル・フール - 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51263322

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」は、魔法の言葉:

« エイプリル・フール | トップページ | エイプリル・フール - 2 »