« フラフープ・ガール | トップページ | 観天望気 »

「ありがとう」は、魔法の言葉 - 2

米軍に感謝

Arigatou

仙台の海岸にARIGATO、読んだ米軍感激

東日本大震災で水没した仙台空港の復旧を支援した米空軍第353特殊部隊のロバート・トス司令が15日、沖縄県嘉手納基地とワシントンを結んだ電話記者会見で、被災者が海岸に「ARIGATO」の文字を作って米軍に感謝を表してくれたと明らかにした。

トス司令が上空から見た文字は、長さ6~9メートルのマツの木を並べて作ったものだったという。同部隊は自衛隊と共に滑走路のがれき撤去や臨時の航空管制などにあたり、輸送機で水や食料も運搬した。

トス司令は支援を振り返って、「驚いたのは自分たちも被災しながら日夜、復旧に努める日本人の姿だった。ありがとうは日本の人々に送りたい」と話した。
【読売新聞  4月16日(土) 17時45分配信 ワシントン=山田哲朗】


震災直後に「TOMODACHI 作戦」を展開してくれたアメリカ軍。
彼らのお陰で、たくさんの日本人が助けられました。

そして、今も。

アメリカには、感謝の言葉以外はありません。

|

« フラフープ・ガール | トップページ | 観天望気 »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

厚木基地近く。

いつもは、、多分訓練なのでしょう。
上空を旋回して飛ぶ色々な飛行機。
偵察機のような戦闘機のような救援機のような。

ここ1ケ月は 
旋回ではなく、飛んで行いきます。

ここからも東北救援に
飛び立っているのでしょうか。

それともリビア制圧に
飛んでいってるのでしょうか。。

複雑な思いで見上げる空です。

投稿: sue | 2011年4月17日 (日) 00時33分

日本だって中国の地震の時も、インド洋津波も、ニュージーランド地震も救助隊を出しているのですからお互い様です
お互い様でも受けた援助には感謝を忘れない
それでいいじゃないですか

援助を受けて感謝を忘れる国もありますから
某隣国は経済危機に日本から援助を受けて何年も経たないのに日本を恨むことしか頭にありません

投稿: おばQ | 2011年4月17日 (日) 09時05分

sue さま、ありがとうございます。
以前、横須賀に寄港したアメリカ軍の戦艦に対して、日本の平和団体が「国に帰れ ! 」と叫びました。
その様子を見たアメリカの青年兵士が「日本を守ろうと来たのに、なぜそんなことを言うのか・・・。」と、悔し涙を流しました。
その新聞写真を今でも忘れません。

ところで、アメリカと言う国は世界平和を目的に各地に軍を展開させ、今でも多くのアメリカの青年の血が流れ続けています。
そのアメリカの‘献身’に対して、世界はなかなか感謝してくれません。
逆に、「大きなおせっかい」ということで、テロで報復する始末です。
ただ、唯一、感謝を表明したのが日本です。
昭和天皇が、戦後初めてアメリカを訪問した時に発した言葉が「ありがとう」でした。
かつての敵のトップから 戦後の復興に感謝の意を表明されたアメリカは驚き、日本の天皇に対する感情が 180度転換しました。
今回、二度目の「ありがとう」に、ふたたびアメリカ軍は驚いたようですね。
仙台の砂浜に並べられた流木は、一人では持てないほどの大きさです。
どうしてもアメリカに感謝の意を届けたい人の心が伝わりました。

投稿: あらま | 2011年4月17日 (日) 14時48分

おばQさま、ありがとうございます。
恩を施した側は忘れませんが、恩を受けた側は忘れてしまう・・・。
そんに特徴が人間にはありますね。
受けた恩は忘れないように心に留めておきたいと思います。

投稿: あらま | 2011年4月17日 (日) 14時50分

世界は一つ。みんなで助け合って生きていきたいものです。
ここは素直に記事を受けとめたいところですね。

投稿: にこりん | 2011年4月18日 (月) 02時06分

にこりんさま、ありがとうございます。
震災直後、韓国も中国も、救助隊を派遣してくれました。
そして、今も尚、義援金を送り続けてくれています。
一方、韓国は竹島問題を取り上げ、中国は日本近海の活動を活発化させています。
さらに、アメリカは、昨日、クリントン長官を派遣して普天間基地問題を迫りました。
さらに、さらに、6ケ国協議は、北朝鮮の核問題と言うよりも、日本の核汚染が主題となりつつあります。
外交と言うものはそんなものなんでしょう。
しかし、本当に困っていた時に直に駆けつけてくれたことは事実です。
その恩は忘れてはならないと思います。

投稿: あらま | 2011年4月18日 (月) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51406008

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」は、魔法の言葉 - 2:

« フラフープ・ガール | トップページ | 観天望気 »