« 観天望気 | トップページ | 無料招待旅行 »

テレビドラマ 『JIN -仁 完結編 第一話』

助かれば助かる

Jin_final

これは、1864年の江戸時代にタイムスリップした外科医の物語です。
ビデオリサーチの調査によれば、今回の 17日の番組の平均視聴率が関東地区で23・7%を記録し、今年放送されたドラマで最高の人気だったようですね。

今晩、ようやく その録画を見ることが出来ました。

前回のシリーズで作り出した ペニシリンにつぎ、今回は、通風に効く食餌療法として 餡ドーナツ (道名津) を作るなど見応えがある内容ですね。

他にも 佐久間象山が少年時代にタイムスリップした経験があったり、西郷隆盛が虫垂炎の手術を受けるなど、ありえない内容なんですが、そこにこの物語のポイントがあり、面白いのですね。

このドラマのポイントのひとつが、患者が助かることによって医師が助かる・・・と言うことだと思います。
そこで小生が感じたことは、今回の震災で、東北の人が助かると言うことは、東北の人たちを救援しようとした人も助かる・・・と言うことにもつながるのではないかと思いました。

そのことに関して、海上保安庁の「救えなくても感謝される…つらい」と言う記事を思い出したのですね。

助けたかったのに、助けることが出来なかった・・・・
大自然の前では、人間の力の限界を感じてしまいますね。
しかし、その努力は決して無駄ではないと思います。
どうか、みんなが助かるように、今後も日本国民全員が がんばって行きたいですね。

|

« 観天望気 | トップページ | 無料招待旅行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51429072

この記事へのトラックバック一覧です: テレビドラマ 『JIN -仁 完結編 第一話』:

« 観天望気 | トップページ | 無料招待旅行 »