« 防災ボランティアのお作法 | トップページ | 出来るところから、ボランティア »

信号機停電時の原付のマナー

一旦停止を

計画停電が実施されていると、その地区の交通信号機も止まります。
そこで、警察では、警察官を動員して、主交差点で手信号による交通整理を実施すると言われています。

しかし、ほとんどの交差点には警察官や交通指導員らが配備されていない状態で、市民の交通マナーに頼らざるを得ない状況です。

とりあえず、信号機が作動していない交差点は、赤信号が点滅している状況と同じということで、一旦停止をして、譲り合って交差することになっています。

幸いにして、自動車の運転手は、そのマナーを守って安全に通行しているようです。Bike_a08

ところが、原付の二輪車が、そのままのスピードで、交差点を横切る姿が見受けられています。

信号が止まっているから フリー だと、勘違いしているのでしょうか ?

原付自転車も、自動車と同様に、信号機が作動していない交差点では、必ず一旦停止し、確認をして、互いに譲り合って交差しましょう。

|

« 防災ボランティアのお作法 | トップページ | 出来るところから、ボランティア »

台風・災害」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

夜勤後に帰る時の「黄点滅信号」も当てにならないですね。
私の進む道は赤点滅なので一旦停止しますが、「黄点滅」側の車はスピードを出したまますごい勢いで横切っていきます。
本当はすぐ停まれるくらいの速度(徐行)で通過しなきゃいけないはずなんですけどね。
どうしてこういう場所で警察が見ていないんだろう?と思います。

投稿: まさたみ | 2011年3月15日 (火) 15時24分

まさたみ さま、ありがとうございます。
こうした交差点は恐いですね。
お互いに、気オ付けましょう。

投稿: あらま | 2011年3月15日 (火) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/51124323

この記事へのトラックバック一覧です: 信号機停電時の原付のマナー:

« 防災ボランティアのお作法 | トップページ | 出来るところから、ボランティア »