« 問答法 | トップページ | テレビ番組 『ブラタモリ 横浜 完全版』  »

先物取引

灯油が高い

先日もこのブログで「灯油の高騰」を嘆きましたが、さらに高騰が続いているようですね。

これは、中東や北アフリカの政局が不安定になり、産油国の供給不足が懸念されるから・・・という理由なんだそうですが、実際に原油が減産されている事実はないようです。

どうやらこれは、先物取引市場で原油が高値で売買されているのが原因で、投機マネーが入り込んでいるのだろうと観測されています。

ところで、この「先物取引」。これは、いったい何でしょうか ?

かつて、小生のところにも カニとか コーヒー豆の先物取引の勧誘の電話が頻繁にありました。
「将来、必ず値上がるから、今買っておくのがチャンスです。」と担当氏は言うのですね。

もちろん、根拠の確かめられない話には乗りませんでしたが、小生の縁戚に当たる人が、このカニの先物取引に手を出して、会社に 2億円の損害を与えて、取締役職を辞しました。

そういうこともあって、小生にとっては「先物取引」は 恐ろしいもの・・・という観念が植えついたわけですね。

しかし、本来の先物取引とは、「前金」という性格を持つものでした。
つまり、農産物を安定した価格で買い取ることを約束することで、農家の負担を軽くしようというものでした。
あるいは、高額な船や飛行機などを買うにあたって、それを製造するために必要な資金を予め提供しようというものでした。

それがいつの間にか、投機の対象となり、将来、かならずその商品に価値が附くだろうと言うことで、売り抜いて暴利を得ることを目的に、先物商品が売買されるようになったようです。

ジェームス・ディーンの遺作『エデンの東』でも、先物取引で儲けた子供の金を、汚いカネとして父親は受け取りを拒否しました。

そういうわけで、宗教的にも、売り抜けで儲けることは、他人の努力の結晶をかすめる行為として忌み嫌われていました。

しかし、時代とともに そうした道徳観念が薄くなり、いまや、他人のフンドシで相撲を取る行為を諌めることはなくなってしまったようです。

さらに、インターネットでオンタイムで商品が売買される時代になると、先物商品クリック商法の対象となり、罪悪感もなく、市井の投機マネー先物取引市場に流れるようになったわけですね。

その一つが原油取引・・・。
原油は食料と同様に、人々の生活必需品ですから、魅力的な先物商品と言うことになったわけです。

しかし、その原油の取引は買い手側だけでなく、供給側からも、先物取引としての扱いが必要みたいです。

それは、遡ること、オイルショック時代。
地球に埋蔵されている原油の量が試算され、それが有限であることが明らかになったのが、そもそものオイルショックの原因でした。

別に、原油の生産量が減ったわけでもないのに、原油が有限であるという情報が流れただけで、世界的なパニックになったのでした。
そこで、ローマクラブで、将来の石油取引について話し合われ、有限な資源を、高値で買って貰うために、先物取引制度を利用したようです。

そのために、沢山の原油を一気に使われてしまっては、すぐに底をついてしまう恐れがあるので、産油国では「エコ」を推奨することにしたわけです。

先進国だけでなく、新興国も多量の原油を使うようになり、それをけん制する必要が生じたのです。

毎年、石油生産を制限して、高値で売り続けよう・・・と。
どうせ将来的になくなるなら、安く売るよりも高く売ろうと思うのは当然ですね。

そこで、化学式を利用したのです。

石油 + 酸素 = 二酸化炭素 + 水 + 灰

左の項の「石油」の量を減らすことは、右の項の「二酸化炭素」を減らすことですね。

そういうわけで、二酸化炭素を減らすと言うことは、石油の生産量を減らすと言うことで、エコを発信するたびに、原油が高値で取引できる環境を作ったわけです。

つまり、「エコ」活動とは、石油の高値取引と、直接リンクしているわけです。

そして、原油が燃料ではなくて、化学物質の原料として高値で売られることを産油国側では期待しているようです。

そうした意味でも、「エコ」が国際標準規格になることは、産油国側では願ったり叶ったりのようですよ。

さらに今回、民主化が新たに、石油の高値取引の要素に加わり、アラブの王子様たちの笑いは止まりません。

|

« 問答法 | トップページ | テレビ番組 『ブラタモリ 横浜 完全版』  »

金融」カテゴリの記事

コメント

あらま様
今日も昨日も会社に電話がありました
誰から?
知りません
投機のお誘いです
もちろん断りましたが、浜の真砂は尽きるとも世に悪の勧誘は尽きることなし
石川五右衛門

投稿: おばQ | 2011年2月23日 (水) 18時57分

おばQさま、ありがとうございます。
今でも、先物取引とかマンション経営、FX、などなど、投資の勧誘があとを絶ちません。
小生のような低所得者にそんな話を持ってきても仕方がないのに・・・と思います。

投稿: あらま | 2011年2月23日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50948066

この記事へのトラックバック一覧です: 先物取引:

« 問答法 | トップページ | テレビ番組 『ブラタモリ 横浜 完全版』  »