« 危険な親水公園 | トップページ | 祝 建国記念日 »

テレビ番組 『ブラタモリ 江戸城 外堀 編』

お城・鉄道マニア、必見3

今晩も、先週録画した NHK テレビ番組 『ブラタモリ』を観ています。

小生は、テレビはニュースと天気予報、それと映画放送以外は観ないのですが、この『ブラタモリ』だけは、毎回 見ています。
今回は、『江戸城 外堀』ということで、お宝情報が満載でした。(上の写真、赤い部分が、江戸城の外堀だった)Photo_4

さて、皇居、つまり江戸城には マラソンコースとなっている 内堀 (上の写真の青い部分)と、さらにその周りを囲む 外堀があります。その外堀の中の区域を 惣構 (そらがまえ - 上から二番目の写真) と言い、城の大きさを表していたそうです。
その江戸城の 惣構 の広さは東西 5キロメートル 南北 4キロメートルということで日本一なんだそうですよ。

まず最初に、江戸城外堀のエキスパートである 千代田区立四番町 歴史民族資料館の 後藤宏樹 さんの案内で、その外堀を一望できる場所に案内してもらいました。Photo_5

その展望場所が、靖国神社の横 法政大学 ボアソナードタワーの 25階。

外堀は、全国のお城にありましたが、これだけたくさん残っているのは 江戸城だけ。
その江戸城の外堀が掘られたのは、徳川 三代将軍 家光 のころだったそうです。Photo_6

その外堀を掘ると言うプロジェクトでは、全国の大名から お手伝い普請 あるいは 天下普請として 人工(ニンク)が集められ、わずか 3ヶ月で人の手のみで掘られたそうです。
諸国の大名に掘らせることで、その勢力を削ぐという意図もあったようです。Photo_7

この工事は、外堀を掘った土砂を谷筋に埋めて平地を作るなど、埋めたり 掘ったりの大プロジェクトだったようですね。

その地形が体感できるのが 市谷亀岡八幡宮。江戸城の裏鬼門を護る社として作られたそうです。鎌倉の鶴岡八幡さまから分けてもらったので「亀岡」・・・なかなか洒落ていますね。Photo_18

次に、外堀工事の難所とされた 真田濠 (サナダボリ - 上智大学 グランド)。ここでは、60万立米、つまりダンプカー 10万台分の土砂が掘られ、土手が作られたそうです。こうして江戸城の堅固な要塞が完成したそうです。

その真田濠にある ナゾの建物。タモリさんが気になるということで訪れたところ、それは昔の変電所の建物を利用した防災倉庫だったようです。

次に、真田濠のスグ横にある料亭のご主人 福田 彰 さん (92) から、当時の思い出話を聞きました。
そのお話によれば、当時のには水が豊かで白い花が咲いていたそうです。ところが、戦後には 瓦礫の処理場となり 埋め立てられてしまったそうです。

さて、次に向かったのは 四ッ谷駅周辺。これからは、外堀と鉄道との関係を探ろうと言うことで、鉄道総合技術研究所の 小野田 滋 さんに案内してもらいました。外堀を走る鉄道の歴史を辿りました。

まず 明治 27年に中央線 の前身 甲武鉄道 (私鉄) が新宿から牛込の方に入ってきました。これは、初めて東京の市街地に乗り入れた鉄道ということになります。

この外堀を利用した中央線は、その区間 (新宿 ~ 東京) には踏切が一つもないということで、当初から立体交差を意識した鉄道敷設計画だったようです。なんと、先進的な都市計画だったでしょう ! !

その外堀に乗り入れるために最初に作られたトンネルが 御所トンネル。レンガで造られた構造の上に笠石が載せられているという具合に 装飾性豊かで、今でも総武線の下りのトンネルとして現役です。

2 Photo_9

さて、外堀には見張り場として「見附」があり、その構造が鉄道の駅に適していると言うことで、外堀の「見附」が「」として利用されることになりました。特に、そこには堀を渡る橋があったので、駅を渡るには適していたのですね。Photo_10

さて、次にタモリさんたちかやってきたところは、甲武鉄道 (中央線)が 牛込から東京駅まで延ばした千代田区飯田橋三丁目。外堀の土手を利用して作られた高架の上に鉄道が敷かれています。
そのときに作られた石垣が、今もそのまま残っているのですね。

その石垣を観察すると・・・・Photo_11
最初、石を平らに加工してから積み上げた 布積(ぬのづ)み という西洋風な工法で石垣が積まれたようですが、ヤッパリ日本風の谷積み のほうが簡単で頑丈と言うことで、途中から工法が切り替わったようです。
ナレーションが言うように、こうした石垣を見ると、時代も一緒に積まれていた感じがしますね。

Photo_12 Photo_13

長い石垣の次には、高架の鉄橋が・・・。Photo_14
銘板を見ると 1904年 ドイツ製と記されています。

次に、日本橋川に架かる 小石川橋通り 架道橋
この鉄橋も、明治 37年に架けられ、今も現役として利用されています。

このように甲武鉄道時代に作られた建造物が、今も現役として利用されているのは驚きですね。Photo_19

さて、最後にタモリさんたちが訪れたのが 地下鉄 飯田橋駅。
そこから入ったところに、地下鉄の留置線、つまり地下鉄車両の駐車施設がありました。
映画『交渉人 真下正義』を思い出しました。

Photo_20 Photo_17

このように、外堀の地形は、地上や地下の鉄道に効率よく利用されているのですね。

今回も、タモリさんと一緒に東京を散策しましたが、本当に楽しかったです。

(以上の写真は、拙宅のテレビ画像を写メしたものです。クリックすると拡大しますょ)

【参考地図 NHK ホームページより】

Photo_21

|

« 危険な親水公園 | トップページ | 祝 建国記念日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50829232

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組 『ブラタモリ 江戸城 外堀 編』:

« 危険な親水公園 | トップページ | 祝 建国記念日 »