« 祈りと呪い | トップページ | 歴女 »

テレビ番組 『ブラタモリ 羽田空港編』

漁師町だった羽田

今晩も、認知症の母は元気です。その母と付き合いながら、先日録画したテレビ番組『ブラタモリ 羽田空港編』を観ています。

今回の「ブラタモリ」では、国際空港として再開された羽田空港を歩いていました。

まず、新しく出来たD滑走路を紹介していました。

その滑走路には無数のがありました。そのは、タイヤのグリップを増すため、そして排水のために掘られたんだそうです。Photo_4

次に、滑走路を歩き続けると、途中に 切れ目がありました。何かの境目のようです。

そこは、1165本の鉄の柱が支える桟橋構造部分と 土砂で埋め立てられた構造の部分との境目なんですね。

滑走路の一部を桟橋構造にした理由は、新しい D滑走路が多摩川の河口にあり、その川の流れを妨げないためなんだそうです。

桟橋構造 埋め立て構造。その二つの異なった構造では、日常の温度変化などによる伸縮の度合いが違うそうです。Photo_5

二つの違った構造をそのまま結着してしまうと、その部分の滑走路が盛り上がったり、ヒビが入ってしまうなど、飛行機の離着陸に深刻な影響が出てくるそうです。

そこで、その違いを吸収させるための装置が、その滑走路の境目にあるのだそうです。

また、滑走路の下には巨大なエアコンのある部屋がたくさんありました。

それは、構造物が錆びないように 湿度が 50%以下に保つように 除湿しているそうです。

こうした構造物が錆びないようにエアコンの風を送る仕組みは、四国と本土とを結ぶ瀬戸大橋にもありましたね。

次に、夜の D滑走路。小船で探索してみました。

すると、そこは豊かな漁場でした。ボラが飛び、ワタリガ二の漁が行われていたのです。Photo_6

つまり、羽田の町は豊かな漁師町だったんですね。その路地には およそ 2kmにわたる赤レンガの壁が残っていました・・・。

これは、どうやら堤防の跡みたいです。

この赤レンガ堤防は 昭和 8年に完成して、多摩川の氾濫から街を守っていたそうです。

その堤防に守られた路地には 2つの区域が・・・

ひとつは鎌倉時代に作られた路地、そして もうひとつは江戸時代に作られた路地。それぞれ道の方向の角度が違うのですね。Photo_7

今回の番組の案内役のひとり、法政大学研究員 都市史家 の 岡本哲志 (おかもと・さとし)さんは、その道の方向の角度の違いは、鎌倉時代江戸時代の港の位置の違いによるもの・・・という説を唱えていました。

それを端的に示しているのが、鎌倉時代の路地と江戸時代との路地が交差している かもめ稲荷の参道。

そこには、微妙な角度の屈折がありました。

さて、ブラブラと漁師町を歩いていると、五代も続いている 手焼きせんべい屋さん。

そして、渡っても対岸で行き止まりの稲荷橋がありました。

その昔、稲荷橋の先には 穴守稲荷があり、その周辺には 海水浴場とか競馬場、温泉、潮干狩り場などがあり、歓楽街として賑わっていたんだそうです。2011012618080000_2

ところが、戦争直後の 1945年 9月 21日に、空港建設をするということで、GHQから 突然の強制退去命令が出たんだそうです。

48時間以内に立ち退かなければならないということで、漁師町歓楽街は一瞬に消えてしまいました。

つまり、羽田空港は、元はと言えば 一大歓楽街だったのでした。

今回の ブラタモリ も、東京の情緒豊かな街の歴史を紹介してくれていました。

タモリさんと散歩すると、本当に楽しいですね。

|

« 祈りと呪い | トップページ | 歴女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

羽田編は録画しようと思って忘れてしまったので、今日のブラタモリは帰宅後すぐに録画予約しました。
これぞNHKで見るべき番組ですね。
民放のふざけた番組が余計に低俗に見えてきます。

投稿: まさたみ | 2011年1月27日 (木) 20時14分

まさたみ さま、ありがとうございます。
「ブラタモリ」は、楽しい番組ですね。
気楽に観れるのですが、その内容を改めてみると、奥が深いですね。

投稿: あらま | 2011年1月27日 (木) 21時06分

はじめまして、
羽田にすんでおりますK2ともうします。
先日放送されました 『ブラタモリ 羽田空港編』ですが、
うちには、DVD録画できる環境が無く、録画できませんでした
私の祖父がとても見たがっているのですが、録画データを焼いていただく事は
可能でしょうか?

ご連絡いただければと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿: K2hiro | 2011年1月28日 (金) 12時50分

K2hiro さま、いらっしゃいませ。
お尋ねのテレビ番組ですが、既に消去してしまいました。
ご期待に添えなくて、申し訳ありませんでした。

投稿: あらま | 2011年1月28日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50692924

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組 『ブラタモリ 羽田空港編』:

« 祈りと呪い | トップページ | 歴女 »