« 離島奪還訓練に韓国軍が参加 | トップページ | 底のない船 »

テレビ番組 『白熱教室を語る』

「正義」を議論する

昨夜から雨が続いています。
乾燥した空気から喉を守ってくれる恵みの雨です。
しかし、母にとっては外に出られないので、恨みの雨であったでしょう。

さて、相変わらず夜が元気な母を横に、NHKの BS テレビ番組を見ました。
昨夜は『マイケル・サンデル 白熱教室を語る』。
会場は、アメリカのハーバード大学と 日本の東京大学

鍛冶屋の小生には全く無縁な環境です。Photo
そこで行われた「道徳の授業」。
テーマは「正義」。
面白かったです。
ハーバード大学のマイケル・サンデル教授 ( 写真 ) の講義の進め方も上手でしたが、「正義」と言うテーマに対して学生たちの反応が面白かったです。

番組の最後に差し掛かったときのテーマ、「オバマは広島原爆投下に謝罪すべきか ?
これについて、東京大学の学生たちの意見は割れました。

あなたは、どう思いますか ?

鍛冶屋の小生には、頭がオーバーヒートしてしまいましたよ。

しかし、「正義」、つまり正しいことがどんなものなのか、分らないでいる50歳を過ぎた鍛冶屋にとって、俊才の揃った東京大学の学生たちが、真剣に「正義」という課題に取り組んでいた姿を見て、まぶしく感じました。

|

« 離島奪還訓練に韓国軍が参加 | トップページ | 底のない船 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この番組 観た事あります。
その時の議題が何だったかは
覚えていませんが、、、、

  キミはどう思うかい?
と教授に問われた学生が
  自分は
  ○〇という考えに基づき
  △△と考える
と意見をいう。

と、、教授が
  なるほどキミはこれこれこういう考え
  なんだね?
  ではキミは
  こういった場面(何か違う例を出し)でも
  同じ意見でいられるかい?

同じ学生が出された質問に答える。

別の学生が教授に使命され
最初の議題について答える。。

教授も凄いし 芯のブレない学生さん達も
凄い。


話合い?論争?になると
  アナタの言ってる事最初と違うと思うよ
  訳わかんない・・・
と言われる身です。。。happy02。。。。。。

投稿: sue | 2010年12月 3日 (金) 18時55分

sue さま、ありがとうございます。
この方式は、ソクラテスの「問答法」を模したものですね。
ある人は「詰問法」と言って、方向が拡散するのを防ぐために、逆に相手を拘束してしまうことを危惧する人もいるようです。
つまり、議論をコントロールして、自分の思い通りにしやすいと言うことでしょうか。
いずれにしても、この「問答法」で、ソクラテスはギリシャの青年たちを道徳的に導こうとしましたが、ソクラテスに論破されて恨みを持つ詭弁者たちに貶められて、結局、毒杯を仰ぐ結果になりました。
このように、「問答法」は、一つ間違えれば「敵」を作ってしまうのですね。
ディベートの負の面です。

小生は、言い争いが下手です。
家庭では、妻や子供にやり込められていて敵いません。

投稿: あらま | 2010年12月 3日 (金) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/50195398

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組 『白熱教室を語る』:

« 離島奪還訓練に韓国軍が参加 | トップページ | 底のない船 »